2018/08/18 12:08

先日、実家で飼っていた愛猫ねねが他界しました。

18-08-16-23-57-52-443_deco-47227.jpg

その日の約1週間前から水しか飲まなくなり、ほとんど横になってばかりだったそうです。

容態が悪くなってから数日後、たまたま用事があって実家に帰ったので、何とかねねに会うことができました。

18-08-16-23-50-48-676_deco.jpg

涼しさを求めてお風呂場に寝ていたのですが、私が来た時にはもうだいぶ弱っていました。

なでてあげてもいつものように喉を鳴らすこともなく、代わりに鼻息を漏らすだけ。

上の写真は、別れ際風呂場の前の脱衣所に寝ているところを撮ったものです。

体がつらいのか薄目を開いたり閉じたりしながらウトウトしているそばに近寄って、「そろそろ帰るね。もう会えなくなるかもしれないね」などと話しましたがはっきりとした反応はありませんでした。

その翌々日、父から「今しがた、ねねちゃん永眠」とラインが。

享年21歳、猫としてはよく頑張って生きてくれたと思います。

猫を亡くしたのは、これが初めてではありません。

18-08-16-23-54-47-895_deco.jpg

小学生の頃から私達が飼っていた、ねねの先住猫、メリー。

心臓病により11歳で死んでしまいました。

病の兆候は特になく、ある朝急に下半身を引きずりながら動くようになったのです。

脱臼でもしたかと思いその日のうちに病院に連れて行きましたが、「病気により太ももの大動脈が詰まってしまい下半身に血液がいっていない」と聞いてただごとではないと悟りました。

その後詳しい検査のため病院に預けたところ、数時間後に電話がかかってきて「この病気は助からない。同じことなら自宅で面倒を見てやっては」と言われ血の気が引いたのを思い出します。

その夜、母と2人で時折しくしくと泣きながらメリーの世話をしました。

メリーはひどく苦しむような様子は見せず、薄目を開けて私達を見ながらゆったりとうつぶせになっておりました。

次の日の朝、メリーは旅立ちました。

第一発見者は弟。

私は朝早くから部活、両親は仕事があり、何も知らずに朝帰りした浪人生の弟がリビングの扉の前で倒れているメリーを見つけたのです。

部活を終えて帰宅途中だった私の携帯に、弟から電話がかかってきました。

小さな嗚咽の後に、「メリーちゃんが…死んでる…。」とか細い声。

「うん」と私が答えると「可哀想だよ〜〜えぐえぐ…」と後はひたすら泣く声が響いてきます。

弟の取り乱しように若干驚きつつも、「分かりました。もうすぐ帰るから」とだけ言い残して電話を切る私。

家に着いてすぐ、死後硬直が始まり冷たくなったメリーを発見しました。

1匹で寂しく死んでいったメリーのことを思うと、無理にでも部活を休んで看病してやれば良かったとひどく悔やんだものです。

今回、ねねは私の両親に見守られて天寿を全うできたのだから、満足だったでしょう。

私も死ぬ前に会うことができたので、後悔はありません。

それでもあの家に戻った時、ねねはもういないと思うと心にぽっかり穴が開いたような気分になります。

俗に言う、ペットロスというものでしょうか。

夫は、「生き物は世話が大変だしいつか死んでしまうから飼うべきではない」という考えの持ち主です。

それでも、私はいつかまた猫を飼いたいと思います。

確かに死んでしまった時の悲しみは大きいけれど、猫はそれ以上の喜びを日々私達に与えてくれますから。

そして、その想いを子ども達にも伝えていきたいものです。

私の猫好き遺伝子をしっかり受け継ぎ、通学路でたまに姿を見せる窓際猫にも夢中の子ども達ですからね。

そんな子ども達にもねねの死は伝えねばと感じ、「ねねちゃんは病気になって遠いところに行っちゃったんだよ。だからもう会えないよ」とだけ言っておきました。

娘は、「でもいいよ!瑠璃ちゃん(メリーの死後に飼い始めた、もう1匹の実家猫)がいるもん」と平気な顔。

この切り替えの早さ、私も見習いたいものです。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/07/04 05:00

時は少しさかのぼりますが、息子が幼稚園からカイコの幼虫を預かってきました。

「繭になるまで世話してください」とのこと。

お菓子や野菜の空き箱に入れられた幼虫を手に手に持っている園児達を見て、「私は平気だけれど、虫嫌いのお母さんとか発狂するんじゃないかしらん」とふと思いました。

「桑の葉しか食べないですが桑の木はそこらへんにたくさんあるので、適当に摘んでくださいね」などと言われたので近所を散策したところ、すぐ近所の竹林の隣に生えているのを発見。

これで、とりあえずエサの供給には困りません。


【いきなり脱皮】

その日の夜。

17-07-03-19-28-41-201_deco.jpg

何だかあまり動かないし食べないし大丈夫かなと思っていたら、いつの間にか脱皮していました。

体長を測ってみると、3センチ程度。

窮屈な皮を脱いだからには、どんどん大きくなるだろうなと思いました。


【ジャイアンとのび太】

カイコを預かってから、1週間が経ちました。

17-07-03-19-27-52-412_deco.jpg

体長を計測すると、5センチほどになっていました。

毎日無心に桑の葉を食べ続けたおかげで、人間ではありえない成長を見せてくれます。

しかしながら、左側の方は大きくなるのが早くてよく食べるけれど、右側の方は小さめで動きが遅く小食です。

そこで、左のにジャイアン、右のにはのび太と名前をつけることにいたしました。


【のび太との別れ】

名前をつけた翌日の金曜日の夜、のび太の様子が明らかにおかしいことに気がつきました。

桑の葉を全く食べなくなり、動きも少なくなっています。

新しい桑の葉を与えてみても、やはりダメです。

脱皮するのかもと思いましたが、その気配もなし。

月曜日の朝、幼稚園に連れて行こうと思いながら見守っておりました。

そしてその月曜日の朝、ふと見るとのび太の体が黒ずんでいるのに気が付きました。

触っても、全く動きません。

日曜日の夜までは、ちゃんと反応があったのに…。

死んでしまったのだと思いました。

幼稚園に連れて行くと、「こういうこともあります。病気ですかねえ」と言いながら引き取ってくださいました。

後で園児達とお墓を作ったそうです。


【ジャイアン繭になる】

カイコを預かってから2週間近くたったある朝、箱の隅でジャイアンが糸を出しながら頭をしきりに振っているのを見つけました。

今までずっとクモのようにお尻から糸を出すものだと思っていましたが、どうやら口から出しているようです。

うまいこと糸を張れずに往生している様子だったので、段ボールで仕切りを作ってやりました。

17-07-03-19-25-48-888_deco.jpg

すると、何となく繭の形ができてきた模様。

ジャイアンはなおも頭をしきりに動かして頑張っています。

こんな、あるかなきかの心地がする細い糸が着物とかに使われる絹糸になるのか、と感慨深く眺めておりました。

翌朝確認すると、もう中の幼虫は糸に隠れて見えなくなり、しっかりとした繭となっておりました。

17-07-03-19-27-09-491_deco.jpg

というわけで、ジャイアンは再び幼稚園に戻って暮らしています。

いつか羽化したら、残った繭玉を園児の工作に使う予定なんだとか。

2週間限定の共同生活でしたが、命を預かることの大切さを教えてもらった気がします。

いつか犬や猫を飼いたいと思っていた私ですけれど、こんな小さなカイコにも十分癒してもらえることに気付いたのでありました。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/11/11 23:35
金曜日の夕方から、世田谷にある実家に来ております。

実家を訪れる楽しみの1つとなっているのが、学生時代から飼っている2匹の愛猫。

小さい頃から筋金入りの猫好きだった私にとっては、最近の猫ブームが今更のように感じられてしまうのですが。

メス猫ばかり飼っているため、本当の兄弟は弟のみの私にとって、可愛い妹のような存在となっております。

IMG_20161111_195724.jpg

この子の名前は瑠璃(るり)、ノルウェージャンフォレストキャットという品種で13歳。

IMG_20161111_222308.jpg

こちらはねねという名前、雑種猫で19歳。

どちらも立派なシニア猫です。

妹だと思っていたのに、いつの間にか向こうの方がおばあちゃんになってしまい複雑な気分。

たまにしか顔を出さない私のことが気に食わないのか、カメラを向けてもそっぽを向かれてしまいます。

それでも可愛い我が妹達。

少しでも気を許してもらえるよう、家にいる間は機嫌をとり続けます。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ