2018/02/08 06:00

水曜日は息子の行く小学校の説明会があり、帰って来たら体調不良で不機嫌度MAXの娘にまとわりつかれてバタバタの1日でした。

左手で娘を抱いて右手で野菜をちぎるという特殊技能を発動したの、久しぶりです。

というわけでこの日の記憶は半分飛んでいるため、少し前にあったことを書こうと思います。

18-02-07-14-57-57-477_deco.jpg

我が家で夫の独身時代から10年以上酷使されてきたフライパンが毎度焦げ付くようになり限界を感じたため、新しいものを購入。

ケヴンハウンというブランドのグリルパン、楽天で5,940円でした。

こちら、取っ手が外れる仕様になっております。

18-02-07-14-57-26-245_deco.jpg

収納に悩む我が家では大助かりでございます。

こちら、手巻き寿司パーティーの日に初おろしとあいなりました。

ミントグリーンの四角いフライパンなんて随分稀有なものを買ったなと思われそうですが、使っているうちに少しずつ良さが分かってきたので以下に書いておこうと思います。

「一番最初はソーセージを焼いてほしい」と夫がしつこかったので、2本だけ焼いて昼食に。

18-02-07-15-00-52-649_deco.jpg

溝がついているので余分な脂が下に落ちていいなと思いましたが、それ以上にありがたいと思ったこと。

「これなら、7,8本は同時に焼けるな」

四角いので細長いものをたくさん並べることができるのです。

普通のフライパンですと…。

18-02-07-22-24-43-255_deco.jpg
(古いフライパンを使用した画像なので汚くてすみません)

赤い丸で囲った部分が無駄なスペースになり、細長いものを並べようとするとこの部分に押しやられた食材だけうにゅっと曲がってしまい見苦しくなるという事態が発生。

というわけで、まず感じた長所。

1.食材を無駄なく並べられる

さて、夕食準備の時間になりました。

この日は手巻き寿司に使う具材を用意する必要があったため、まずは厚焼き卵を。

18-02-07-14-58-51-475_deco.jpg

四角いので、スムーズに丸められ綺麗に仕上がりました。

これこそが、買う以前の段階からこのフライパンに期待していたことだったのです。

2.厚焼き卵が作りやすい

子どもが大きくなるにつれてお弁当を作る機会が増えそうなのですが、普通のフライパンでは厚焼き卵が作りにくくて困っていたのです。

これなら、別に卵焼き専用のフライパンを買わずに済みそうです。

さらに牛肉のしぐれ煮も作成。

18-02-07-15-00-16-927_deco.jpg

肉も焦げ付かず綺麗に焼けて気持ち良いことこの上なし。

箸で牛肉を混ぜながら気付いたことがありました。

3.混ぜ方に困らない

丸いフライパンでは縦横斜めとあらゆる方向に混ぜくり返さないとどこかが焦げてしまうのですが、四角いフライパンならひたすら左右に箸を動かせば均一に混ざるので楽なのです。

これで具材焦がしの常習犯である私に、救いの手が差し伸べられました。

使用後、そのフライパンの洗いやすさに感激し「もっと早く買い換えれば良かった」とありがちなことを思い、いつもの場所にフライパンを置きました。

そこで見つけた長所。

18-02-07-22-25-24-792_deco.jpg

4.収納しやすい

丸みがあるフライパンは立てて収納すると安定せず、引き出しを開けるたびにゴロンと転がって閉める際にどこかが引っかかるというのがずっとストレスでした。

こちらは、どんなに急いで引き出しを開け閉めしてもほとんど動かず、嬉しくて泣きそうです。

最後に、綺麗に収まったフライパンをしみじみと眺めて思ったこと。

5.スタイリッシュで心がときめく

基本、調理用具は実用性重視でデザイン性は求めていなかったのですが、こちらは実用性はもちろんのことすっきりした見た目も優秀。

そんなわけで、現在のところこのフライパンを買って大正解だと思っております。

まだまだ見つかるかもしれないこのフライパンの魅力、これからも長く付き合って発見したいという所存です。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ