2019/02/04 06:00
やりくりを長く続けるためには、とにかく無理をしないことが大切だと思っております。
 
私にも、聞きかじった節約法をできそうなものなら片っ端から試した時期がありました。
 
光熱費節約のために日が出ている間は電気をつけない、冬でも床暖房は使わない、など。
 
結局1か月あたりの電気代が2,000円減ったのですが、その分が全く自分に還元されないことには後で気付きました。
 
当たり前です、光熱費は夫の口座から自動引き落としされるため毎月渡される生活費には無関係なのですから。

そんなこんなで紆余曲折の末、やりくりに関しては「手を広げ過ぎない」ことが大事だと学んだ私。

自分には合わないと思ったことをそぎ落とした結果、いくつかのマイルールができました。

主なものを紹介しましょう。


1.電卓は叩かない

19-02-03-21-41-10-066_deco.jpg

一時期はレシートを全部保管して月末に集計、ということをまめにしておりましたが、月末にまとめて計算するとその時までいくら使ったのかが謎のままなのです。

しかも私は機械操作が苦手で、うっかり違うキーを押してしまい最初からやり直しでイライラ…というケースが非常に多くて。

ならばと計算機はしまい込み、ちょっとした計算が必要な場合は手計算で行うことに。

そして家計簿アプリを導入しました。

これなら、買い物をした後その場でレシートの金額を入力することが可能で、入力するたびに支出合計額を確認できるためフィードバックも簡単です。

2.毎回違う店舗に行かない

いくつもの店舗の情報を見比べてその日最も割安の店に行き買い物をするという方法、やりくり初期にはやりがちです。

確かにお目当ての物を安く買うことはできますが、本当にお得なのでしょうか。

そもそも調べる手間が面倒ですし、毎日行く店が変わると店の売り場の状況をなかなか覚えられません。

その結果何となく予定外の物を買ってしまったり、買い物に時間がかかり過ぎて夕食を作る時間がなくなったりして、安く買い物しても無意味に。

同じ店に通い続けたほうがポイントを貯めやすいですし、何がいつ安くなるかも把握しやすいのです。

なので、私は家から買い物に出かけるなら最寄りのスーパー、電車でお出かけした日の帰りには駅前のスーパーで買うと決めてしまっています。

ネットでの買い物もしかり、よく買うものに関してはどこで買うかが大体決まっています。

服飾品はセシール、基礎化粧品はドクターシーラボ、贈答品は楽天といったように。

よその方が安くて良いものがあるかも、などと考えることもありますが結局いつものところで買ってしまうのですよね。

ネットショップの嬉しいところは、ずっと使い続けることで会員ランクが高くなり特典が受けられること。

ポイントがつきやすくなったり、送料が無料になったりなど、いろいろあります。

それに、いろいろなショップを使うとカタログやダイレクトメールが膨大な量になりそうなのも嫌なのですよね。

19-02-03-21-42-48-421_deco.jpg

洋服のカタログなんぞはセシール1つだけでもかなり多くの商品が掲載されているので、これ以上増えたら目を通さなくなるだろうなと感じています。

3.特売品ばかり買わない

以前は「底値で買わなくては」というよく分からない強迫観念にとらわれていて、底値になっているものを見つけると買いだめしてしまうことがよくありました。

日持ちするものなら良いのですが、きゅうりばかり5本も買ってしまった時など、最後の方はしなしなのしば漬けのような状態となっておりました。

そもそも、きゅうりだけ買って作れる料理なんて限られていますよね。

今は特売情報に縛られることなく、いつも大体同じようなものを買っています。

特売品を買うのは、たまたまその品物の在庫が残り少なくなっていた時くらい。

必ず近いうちに使うという確信があれば、特売品を買っても良いことにしています。

1回の買い物に使う額も大体決まっていて、平日なら1,000円台、休日なら3,000円台になることが多いです。

参考程度に、昨日購入した品物をお見せいたします。

19-02-03-21-44-17-969_deco.jpg

これだけで、3,400円ちょっと。

ほとんど事前に書いた買い物メモにしたがって買ったものです。

唯一卵だけメモになかったものですが、これは単純にメモを書く時に必要なのを忘れていて買い物中に気付いたというパターン。

1人で買い物する時は、気まぐれにあれこれ買うことはあまりないですね。


以上、やりくりを続ける過程でやらなくなったことを3つご紹介いたしました。

ただ実は、やりくりにはこういうテクニックよりもメンタルの方が重要だということもうすうす気付いております。

そのメンタル面に関しては、また別の機会に。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ