2018/01/31 06:00
名もなき家事について、何人かのブロガーさんが書いているものを読みました。

誰も気付かないところで主婦は頑張っている、ということを痛感。

私もシミュレーションしてみたところ、家事年収は1,445,721円でした。

多いか少ないかは皆様の判断に委ねたいと思いますが、これだけが私自身の労働対価ではありません。

シミュレーションの中の家事項目には、子育てに関することがあまり入っていませんでしたから。

「子どもの遊び相手をする」「泣いた子どもを抱いて慰める」「子どもと一緒にお風呂に入る」「子どもが食事するのを見守る」…これらのことの方が、私の1日の中で多くの時間を割いている事柄のような気がします。

だから、専業主婦の労働対価は200万、下手したら300万くらいあるのかもしれません。

そして、男性が考える家事の範囲は女性が考えるそれよりずっと狭いという傾向も。

先日、休日に体調を崩して寝込んだ時、そのことをまざまざと思い知らされました。

「やるべきことは全てやっておく」という夫の言葉を信じ、半日横になったまま過ごした結果がこちら。

18-01-30-11-35-09-961_deco.jpg

床一面にまかれたレゴブロック、踏んだら痛いと思うのですけど。

18-01-30-11-35-34-920_deco.jpg

テーブルの下に放置された工作の残骸…、ここはゴミ捨て場じゃございません!

テーブルの上はさらなるカオスとなっておりましたが、もはや写真を撮る気にもならず。

夫が夜勤に出かけた深夜11時過ぎ、ゴミを拾い集めおもちゃを片付け、新聞雑誌を紙袋に入れ洗濯物を畳み、部屋中にワイパーをかけました。

所要時間、30分。

せめてレゴブロックを踏まないよう部屋の片隅に寄せるとか、子どもがゴミをテーブル下に捨てたら注意するとかしてくれれば、もう少し楽だったでしょうに。

翌朝、すっかり綺麗に戻った部屋を見た夫、表情すら変えませんでした。

夜勤明けでぼんやりしていたのかもしれませんが、そもそも部屋が片付いているかどうかなんて気にならない人なのかも。

帰りに夕飯買って来るけど何がいい?と聞かれていたので、「胃の調子悪いから流動食的なものがいい、レトルトカレーにして」と答えたはずだったのですが。

なぜかカレーうどんを買って来ました。

しかも昼にそれを食べると言い出したので「夕飯は?」と聞くと「惣菜買ってある」とのこと。

見れば冷蔵庫に唐揚げと筑前煮の入ったパックがちんまりと置いてあります。

これだけ?足りなくないか?と思った私は。

18-01-30-11-36-41-108_deco.jpg

冷蔵庫の残り物でソーセージポトフ(豆乳入り)を作りました。

食卓に持って行くと「多くない?」とか文句を言っていた夫ですが、食べ始めると「これがあって良かったなあ」とか言い出す始末。

だから言ったでしょう、足りないって…、そう私は思いつつ「野菜室の整理もしたかったから」と答えておきました。

炊事や洗濯だけが主婦の仕事ではないのです。

冷蔵庫の中の在庫を把握したり、家族が食べられる量を計算しながら献立を考えたり。

インスタグラムなどで見る素敵な料理写真や可愛い子ども服のコーディネートにも、食べ終わった後の食器を洗ったり拭いたりしまったり、汚れた服を洗ったり干したり畳んだりという作業が隠されていますよね。

見えているものだけが全てではないのです。

そんな目につかない地味な仕事を日々淡々とこなしているのが、母親という存在。

だから息子よ、脱いだ靴下は投げずに洗濯機へ入れていらっしゃい。

まずはそんな感じで、手近なところから改善を図っているのであります。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/30 06:00

風邪やインフルエンザが流行っていると聞きます。

息子の幼稚園では、1クラスだけですが学級閉鎖が出ました。

寒い時期ですが、皆様がつつがなく過ごせるよう祈念いたします。

1月分の生協料金のご報告です。

利用額 12,904円
基本手数料 864円
積立増資金 800円
合計 14,568円

年末年始はつい贅沢しがちで出費が増える傾向にあるのですが、今年度はさほど問題なく終わりました。

引きこもりになっても大丈夫なように冷凍食品をやや多めに買う一方で、お菓子は極力買わないように気をつけましたし。

生きていく上で食べるものは大事、ならば嗜好品を減らすしかないですからね。

とはいえ日々の楽しみが全くないのも味気ないので、あまりストイックになり過ぎないよう気をつけながら現状維持していきたいと思っております。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/28 06:00
27日は、息子6歳の誕生日でした。

18-01-27-16-47-24-602_deco.jpg

コージーコーナーのチーズスフレケーキを買って来てもらいました。

息子は生クリーム嫌いのスポンジ好きなので、あえてデコレーションのないケーキを選択。

18-01-27-17-14-10-211_deco-d0fc9.jpg

5歳の誕生日の時は全くロウソク吹けませんでしたが、去年のクリスマスに突如として吹き消せるようになりました。

6本は多いかと思いましたが、めげずに1本1本丁寧に消しておりましたよ。

18-01-27-17-14-56-724_deco-3ec6d.jpg

私の母からのプレゼントは、大量のレゴブロック。

どちらかというと娘の方が真剣に遊んでおりますが、少しは興味ある様子で良かったです。

PIC00006C.JPG

生まれた日に撮った息子の写真。

この日から6年…、まだ6年という気も、もう6年という気もします。

至らない私のところで、ずっと一緒に過ごしてきてくれてありがとう。

これからも、どうぞよろしく。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ