2018/06/29 06:00

「笹の葉さらさら」とかいう七夕の歌がありますけれど、最近私の周囲ではあまり本物の笹を見なくなりました。

近所のスーパーに置いてあった笹も、よくよく見てみれば人工物でしたし。

私が小学生の頃は七夕の時期になると6年生達が小学校向かいの竹やぶで竹を切り倒し、肩に担いで近所に配り歩いていたものでした。

大阪にいた頃の話です。

東京に引っ越すと、近所に竹やぶがなかったせいかそういう光景は見なくなりました。

それでも私が学生だった時分までは、近所の図書館や商店街などで本物の笹を見たのですけれどね。

時代の流れとはいえ、一抹のむなしさを覚えます。

まあよく考えてみれば軒先に笹飾りを飾れば雨で濡れて日持ちしないだろうし、屋内でそれらしきものを飾る方が現実的なのかもしれませんね。

というわけで、今年は廊下の壁に七夕めいた飾りを施してみました。

18-06-28-23-10-14-003_deco.jpg

折り紙で作るから子ども達も手伝ってくれるであろうと目論んでいたわけなのですが、なぜかやる気になってくれず「ここはもっと、こう!」などと娘から意味不明の指導を受けつつ釈然としないまま黙々と作業。

雑で申し訳ありませんが、何とか形にはなりましたかね。

18-06-28-23-08-58-628_deco.jpg

左端の切り紙は、全て息子の作品です。

図工の時間に切り紙工作をしてからずっと切り紙ブームで作品が溜まっていたので、個人的に好きなものを選んで飾りました。

何とか活用できて良かったです。

せっかくだから、願い事を書いた短冊もつけようかなどと考えております。

本来は、習字などの芸事の上達を願うのが古くからの伝統らしいので、「お金欲しい」とかはやめておいた方が良さそうですよね(お星様に失礼な気がするのです)。

そうなると、書くのはやはり息子の成長関連…。

「小学校の勉強についていけますように」なんて切実過ぎますが、いかがかしらん。

皆様は七夕の願い事、もう決められましたか?

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/28 06:00
夏至を過ぎると、早朝から暑い気がいたします。

我が家のリビングは東側にあるので、目が覚めた頃には日光が容赦なくカーテンの隙間から侵入。

リビングの隣にある対面型キッチンも、当然ながらその熱にさらされます。

そうなると、朝からキッチンに立つのがおっくうで。

うちの夫は毎朝卵を食べるのが日課となっているため目玉焼きをよく作ってあげるのですが、夏場の朝はコンロ着火を極力避けたくなってしまうのです。

そこであると重宝するのが、ゆで卵。

まとめて作って保存しておけるので、あると本当に楽なのですよね。

いや、目玉焼きでもまとめて作れないことはないですが…、平べったい目玉焼きを冷蔵庫に保存したら無駄に場所を取るので難しいでしょう?

本来ならゆでるだけゆでて殻付きのまま「自分でむいて塩でもかけてお食べください」でも良いのですが、朝ギリギリに起き忙しい夫にそれは無茶というもの。

なので、殻はあらかじめむいておいてめんつゆに漬け込み、味卵にしてしまいます。

18-06-27-23-38-47-758_deco.jpg

あと、ゆでる時間も短縮したいですよね。

火を使い続ければそれだけ台所の温度が上がりますし、ガス代だってかかりますもの。

そこで私は小さめの鍋に卵を6個くらい入れて熱し、1分間ほど沸騰させたら火を止めてしまいます。

あとはひたすら余熱調理で大丈夫。

30分くらい待てば硬めのゆで卵が完成です。

柔らかいのにしたいなら15分くらいでも良かったと思いますが、殻がむきづらくなるのが嫌なのですよね。

殻むきの作業が面倒ですが、たまに夫が手伝ってくれます。

とはいえ夫はのんびり作業するので、夫がむいたのは6個中1個だけなんてこともざらにありますけど。

先日は、見切り品で購入したパプリカが余っていたので、浅漬けにしてみました。

18-06-27-23-39-18-512_deco.jpg

浅漬けの素があって良かったです。

コンロを使わず手軽に作れる1品があればやる気のない時に重宝するので、夏場はできるだけ作っておきたいものですね。

話は変わりますが、ついでに息子の話。

先日のブログで心電図および耳鼻科の検診に引っかかってしまった息子でしたが。

無事に心臓の2次検査が終了しました。

1回目の時にレントゲンと心電図をやって2回目は超音波だったですが、なぜかベッドに横になるのを激しく拒否。

横になった方が楽だと思うのですけどね。

仕方なく、ベッドに腰かけた状態で検査してもらいました。

結果は「管理不要」、つまりは問題なしということらしいです。

以下、先生との会話。

「心電図の波形に異常があったのですが、病的な波形ではありませんしね」

「はあ。もしかしたら叫んでいたのでそれが影響したとか?」

「関係ありません」

「動いたりとかも?」

「ないですね。問題はなくても出るときには出るんです」

どうやら、少々運が悪かった程度のもののようで。

そして耳鼻科の受診も完了。

こちらは看護師さん3人がかりで押さえつけるという大騒動になっていました。

「1年前に1度掃除したけど、いっぱい溜まってるね〜。こりゃ1年に1回は来ないとダメだよ。あと、お母さんが掃除するのもやめてね」

ということでしたので、忘れないようにしたいです。

今週は連日の病院通いで、疲労困憊。

珍しく寝かしつけの最中に眠りの世界に誘われ、そのまま朝まで寝てしまいました。

確か今日は満月だったはずですが、月見ができるほど起きていられるでしょうか…。

「夏は夜、月のころはさらなり」とか言いますけれど。
danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/27 06:00
6月分の生協料金の合計が出ましたので、発表いたします。

利用額 14,258円
基本手数料 864円
積立増資金 800円
合計 15,922円

今月は、割と少なかった方かと。

先月は1万8千円台でしたからね。

どんなものを買ったのかなあと内訳をみると、野菜や魚などはごくわずかで、大体が子ども達のために買ったもの。

税込410円の「産直米のクリーミードリア」は子ども達の大好物だからほぼ毎週買っているし。

「ほうれん草のグラタン」税込354円と「ペンネグラタン(チキントマトソース)」税込401円も、時々買っています。

私がグラタンを作ってあげてもほとんど見向きもしないくせに、これらのドリアやグラタンは目にすると朝昼夜関係なく食べたがると言う執着ぶり。

もうちょっとだけ、おふくろの味の良さを知って欲しいものだと思います。

偏食傾向の強い息子のために、ニンジン入り果物ジュースもたまに買うのですが、これまた税込998円とお高め。

私が作るもので喜んで食べる料理といったら、ラーメンや焼きそばなどの麺類くらい…。

だんだん暑くなりこれらのものを作るのもおっくうになってきたので、赤字覚悟でもいいから毎食生協の冷凍食品を食べさせたい気分です。



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ