2019/02/24 06:46
部屋の乱れは心の乱れ。

とはいっても片付けは苦手なのですが、割と好きな掃除だけはきちんとやりたくて床への物の直置きはできるだけ避けるようにしています。

家に買って来た時、どうしても手荷物をどさっと床の上に落として放置したくなる衝動に駆られるのですけれど、そこはなるべくぐっとこらえるのが得策。

もちろん、いったんは床に置きますがすぐに所定の場所に戻すように心がけているのです。

買い物した品々は棚や冷蔵庫にさっさとしまいます。

そして普段使いのバッグ類は、浮かせて収納するのが基本。

棚の上に置くという選択肢もあるでしょうが、私の場合あまり背が高くないので億劫に感じてしまって。

滅多に使わないバッグは棚の上段に置きますが、いつも使うカバンやリュックはみな吊り下げております。

19-02-23-22-17-03-336_deco.jpg

娘の幼稚園用リュックは、壁の出っ張りを利用して渡した突っ張り棒に引っ掛けて。

突っ張り棒が2本あるのは、1本だと強度が足りないからです。

19-02-23-22-17-44-587_deco.jpg

息子のランドセルは、学習机のわきに金具が付いているのでそこにかけられます。

ランドセルカバーが使い込み過ぎてボロボロですが、気になさらぬよう。

19-02-23-22-18-36-904_deco.jpg

私のバッグは、クローゼットの扉の上部に引っ掛けております。

この下には、畳まれた布団が。

寝ている時に万が一落ちてきたら嫌だなと思いますが、足側で私の背が低いためカバンのある位置までそもそも足が届かないから大丈夫だと思っています。

19-02-23-22-19-03-285_deco.jpg

クローゼットの扉につけているのは、無印良品のドアフック。

シンプルなデザインで、銀色をしているのであまり主張しないのが特徴です。

ドアフック、便利ですが買う時は必ず取り付けるドアの幅を測ってからにしましょう。

サイズが合わないと使えないので、下手をすると無駄買いになってしまいます。

あと、バッグを吊り下げる時には中の物をなるべく出してしまう方が良いかと。

全て出すのは面倒くさいという場合、飲み物の入った容器やスマートフォン、財布など重いものだけを出すのがおすすめです。

これらは、ずっとカバンに入れっぱなしだと困ることありますよね?

何よりカバンが重いと、耐荷重量を超えてしまいカバンが自然と落下する、なんてことが。

それが昼間なら許せますが、深夜に突然起こると恐怖です(経験あり)。

「お母さん!お化け〜」

「何だとお!悪霊退散!」

といった大騒ぎの事態にもなりかねませんので、くれぐれもお気をつけくださいませ。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/22 06:00
昨日は、息子の小学校に近隣幼稚園の年長さん達が遊びに来る日でした。

はっきり言って、年長さんに比べても幼いところがある息子。

大丈夫なのだろうか、という一抹の不安をよそに朝から続々と園児が集まってきます。

とりあえず体育館で顔合わせした後、班ごとにペアを組み教室のある校舎に向かいました。

おそらく10を超える幼稚園・保育園の子ども達が来ていましたが、息子の班とペアを組むことになったのは奇しくも息子が卒園した幼稚園(以下、T幼稚園)の園児達。

T幼稚園は縦割りクラスなので、年長さんでもかつて息子と同じクラスになっていた子がいたようです。

早速私も「○○君のお母さんだあ」と声をかけられますが、人の顔を覚えるのが苦手な私はその子のことが分からず「ああ、うんそうよ」などと曖昧に答えるしかありません。

さすがに、引率にいらっしゃった幼稚園の先生2人の顔は分かります。

そのうちの1人の先生は、担任ではなかったものの同じマンションに住んでいるため何かとお世話になっていました。

さらに、現在小学校で息子の担任をしているN先生には息子さんがいて、T幼稚園に通っています。

そのためN先生もしきりに「□□くんのお父さんだあ」と園児に言われ、「今日はお父さんじゃないの。ここのクラスの担任なの」などと答える一幕も。

何なのでしょうね、この濃い人間関係。

いきなりまっすぐ教室には向かわず、校舎のあちこちを探検することに。

カレーの匂いただよう給食室で、給食のおばさんがボートのオールのような大きいへらを用い行水用のたらいかと思うほどの大鍋をかき回すところを見学できラッキーでございました。

教室に戻ってから班の子が園児と折り紙などして遊ぶ間、息子は自分の机に座ってマイペースにぼんやり。

それでも誰一人として文句を言わず、無視するでもなく干渉するでもなくそのままにしてくれて助かりました。

最後は再び体育館に集まり、みんなでゲームをすることに。

その際に軽く促されると、息子はペアを組んだ園児の1人と手をつないで体育館へ移動していました。

同じマンションに住んでいる方の幼稚園の先生が感激して、「これは喜ぶわ」と写真撮影。

多分、息子の幼稚園時代の担任の先生やよく面倒を見てくれたフリーの先生に見せるのでしょう。

体育館で行われた「列車連結ゲーム(出会った人達がじゃんけんをして負けた側は勝った側の後ろにつくゲーム)」では、息子が大人しく列の中に入ってつながったまま歩いていて、これには私もびっくり。

幼稚園生時代には、この手のゲームに参加することなく1人でぼんやり眺めているだけだったのですがねえ。

いつの間にやら、少し成長したようです。

楽しい時間は飛ぶように過ぎて、あっけなくお別れの時。

体育館から外に出られる門の方に去って行く園児達、それを見送る小学校の先生と、立ったまま手を振る児童達。

園児が全員門の方に行った時点で、なぜか小学校の先生方も門の出口(児童たちのいる位置からは見えない)に向かっていく様子です。

「え、どこまで見送るつもりなの?」といぶかしがる視線をよそに、N先生が「バイバーイ」と門と体育館内部を仕切る扉を閉めてしまいました。

児童達、パニック。

突っ立ったまま動かない子もいれば、慌てて扉の方に駆け寄り「いない!先生いないよ!」と騒ぐ子も。

「どうしろっちゅうねん」と内心思いながら何気なく振り返ると、N先生がマイク片手にひょっこり立っていました。

あ、回り込みましたね。

…何のサプライズ?

「はい、元いた場所に戻ってくださいー。では、1組から教室に戻りましょう」

今しがたの謎のサプライズについては、全く説明ないまま終わりました。

きっとあれだ、いつも児童達が下らないことしているからその意趣返しですわ。

その後、T幼稚園の先生が1年生から贈られた手紙の入った封筒を机の上に置き忘れたのが発覚、というリアルなサプライズ(?)も。

「大丈夫、T幼稚園なら先生が渡しに行けるから!」とN先生。

おまけ。

19-02-21-18-08-00-154_deco.jpg

一昨日、散歩中に見つけたオオイヌノフグリ。

この花を見ると、そろそろ年度末だと感じます。






danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/19 06:00
このたび意外にも口コミサンキュ!からモニター依頼があり、『スロギー ゼロ フィール』に関するブログを執筆いたす運びとなりました。

私で大丈夫?というとまどいもありますが、頼まれたら大抵のことはしっかりやる性格の私。

真面目にレポートさせていただきます。

18-11-27-22-30-32-252_deco.jpg

去年の秋、サンキュCFMというイベントのお土産で「スロギー」という名のブラジャーをいただきました。

色が黒なので伝わりづらいのですけれど、水着やスポーツウエアに使いそうな薄手の生地を糸で縫い合わせずに、特殊技術で接着して作られています。

つまり、縫い目がないわけです。

ついでに言えば、タグもホックもワイヤーもございません。

18-11-27-22-28-40-727_deco.jpg

色の展開はかなり多く、デザインも豊富。

会場では、お土産にブルー系のものをもらっている人が多かった気がします。

あえてチラ見せしたいのであればピンクや黄色も可愛いでしょうし、絶対に見せたくないのならベージュが良さそうです。

思い返せば、20代の頃は職人が1か月くらいかけて作り上げたようなレースたっぷりのブラジャーばかり着用していました。

そういうブラジャーは着替えの時などに同性に見られても「可愛いね」と言ってもらえるし、万が一殿方にお見せする機会があったとしてもムードを損ないません。

仕事をしている最中などにうっかり見えしてしまうのだけは避けたいところでしたが、かがみこんだ時に胸元が開いてしまっても若いうちなら許されたものです。

しかしながらアラフォーとなってしまった現在、誰かに下着姿を見られる機会はほぼなく、服の隙間からレースの下着が見えてしまうのは迷惑行為以外の何物でもありません。

では、このスロギーならばどうでしょう。

19-02-18-22-37-46-085_deco.jpg

隙間からブラジャーが見えてしまいやすい服の代表格、ワイシャツに合わせてみました。

ブラジャーだということは、言われなければ分からないと思われます。

タンクトップか何かだと思われそうですね。

これなら胸元うっかり見えを必要以上に恐れずにすみます。

もう1つ、ブラジャーの見た目問題を挙げるなら、ワイヤーが食い込んで脇の肉が盛り上がって見えたりホックの部分が目立ったりレースのでこぼこが服の上まで浮き上がったり…というシルエット関係が。

これは特に夏場、薄着になりやすい季節に多発します。

それが嫌でついゆるっとしたフォルムの服を選びがちなのですが、私だってたまには体に沿うような女性らしい服を着たいのです。

というわけで。

19-02-18-22-40-40-896_deco.jpg

薄手の長袖Tシャツに合わせてみました。

こちら、スロギーのブラジャー以外は下に着ていないのですよ。

なのに、全くラインが出ておりません。

素晴らしいです。

これなら、夏のカジュアルコーディネートも怖くありませんね。

あと、着用感ですが。

全く締めつけられている感じがなく、かといってブカブカするところもなく、肌に密着して胸を支えてくれます。

ややもすると、付けているという事実さえ忘れております。

肌と一体化しているともいえるでしょう。

なので、ナイトブラとしても絶賛活躍中。

洗い替えにもう1枚欲しいくらいです。

ネットに入れてそのまま洗濯機にポイで洗えるので、手入れも楽。

普通のブラジャーより乾くのが早いため、近いうちに予定している旅行の際にも忘れず着けて行きたいと思っています。

**********************
商品についての詳しい情報はコチラ
http://triumph-cpn.com/sloggi/zerofeel/
**********************

しかしながら今回の写真撮影、あふれ出る色気を抑えるのに一苦労でしたよ。

それゆえに露出を控えた写真ばかりで伝わりづらいでしょうが、どうかご容赦くださいませ。

ってよく言いますよね、少年体型のくせに。




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***



danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ