2019/08/30 06:00
昨日昼頃、いきなり私のスマートフォンに親からラインが届きました。

「今日の夕方、家にいる?福岡土産を渡したいのだけど」とのこと。

私の親は、こうして突然当日にラインして来訪することが日常茶飯事の人です。

前日にあらかじめ連絡、というケースの方が稀。

そして予告通りバタバタとやって来て、お土産を置くなりまたバタバタと帰っていきました。

疾風のようです。

「お父さんがね、おばあちゃんの家には寄らずに福岡にだけ行ったの」とのこと。

最初の話を聞いて、てっきり福岡にある祖母の家に行ったのかと思っていましたが。

まあ、母方の祖母なので、父が行くと気を遣うのかもしれません。

親が去った後、残された包みをまじまじと見てみました。

19-08-29-23-07-45-818_deco.jpg

まず見つけたのは、私の大好物のおきゅうとです。

おきゅうと、というのはエゴノリとかいう海藻から作られる寒天に似た食品。

細く切って、酢醤油とすりごまをかけて食べることが多いです。

舌触りがツルツルとしてほのかに磯の香りもあり、ところてんに近い感覚で食べられます。

私が幼い頃から、福岡に帰省すると毎朝これが出てきました。

思い出の味です。

きっと福岡県民の半数くらいは毎朝おきゅうとを食べているに違いない、と勝手に思っております。

19-08-29-23-07-02-192_deco.jpg

福岡土産としては王道の、明太子も発見。

賞味期限が近いので、早めに食べきらなくては。

夫も子どもも明太子を食べないので独り占めですね。

19-08-29-23-06-34-953_deco.jpg

高菜。

これもおいしいのですよ。

小さい頃は、よく祖母が自分で漬けたものを出してくれました。

すりごまをかけて、少しお醤油をたらすと最高においしいです。

19-08-29-23-05-37-031_deco.jpg

お菓子もありました。

少し前までは「博多通りもん」という銘菓を買ってきていましたが、私があまり喜ばないので路線変更したようですね。

玉露まんじゅうは以前1度食べたことがあり、茶葉の香りが濃いまんじゅうだったと記憶しています。

茶色の箱の方は、明太子味のせんべいのようで、こちらも楽しみ。

おまけ。

19-08-29-23-08-18-721_deco.jpg

叔母のトルコ土産だと言われた記憶があります。

お裾分けということでしょうか。

トルコ旅行、良いですなあ。

叔母は教師ですので、長い夏休みを満喫したのでしょう。

家族サービスだけで終わった、私の夏と交換してほしいものです。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/27 06:00
8月分の生協料金を発表いたします。

利用額 8,561円
基本手数料 864円
積立増資金 800円
合計 10,225円

今月は、思ったより出費が少なめでした。

帰省する週は、あまり買い物しなかったことが影響しているようです。

でもその分、レジャー代がかかっていますので…。

1日出かけただけで5,000円以上飛んでいった日もありました。

もう、考えたくないです。

今日から二学期が始まります。

夏休みの思い出はプライスレス、そう信じたいものです。


danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/24 06:00
多くの主婦を敵に回すようですが、夏休みは私にとって天国です。

目覚ましをセットせずに寝られる、それだけで幸せ。

夫は私より早く起きて出勤の準備をしていますが、私が全く起きようとしなくても見て見ぬふりをしてくれます。

息子の学校行事と娘の幼稚園行事を逐一チェックして、イレギュラーはないか、用意するものはないかと目を光らせなくても良い…安心。

何より、登校から下校まで息子のそばに影のように付き添わなくてよいのですから、多少なりとも自由時間があります。

そりゃあ、朝昼晩と1日2回のおやつをどうするかは悩ましいのですが、良いのですよ、迷ったら冷凍食品で。

昼ご飯は、もはやうどんか焼きそばかの二択くらいしかないです。

ラーメンもたまになら作りますが、鍋が激しく汚れて洗い物が面倒なので毎日はやりませんね。

私のわずかな自由時間、それは子ども達が勝手に好きなことをやっている時。

ベランダの室外機の上で謎の遊びを始めた時とか。

そんな隙を見計らって、ささっと紅茶を煎れておやつをつまんだり、本を読んだり。

午前中に掃除をしてしまえば、午後は時間に追われず長い間外に出られるのも嬉しいです。

今年の夏休みは、お出かけといえば銀座への出没率が高めでした。

同窓会を2回、どちらも銀座で開催しましたし、馴染みのブロガーさんに会うことも。

昨日は、息子の用事で銀座に向かいました。

帰り道、たまには贅沢するかと大好きなカフェへ。

銀座並木通りに面する「CAFE FREDY」へ行ってきました。

19-08-23-22-11-31-890_deco.jpg
(掲載許可有り。以下写真同じ)

フレンチトーストが名物のお店です。

地下にあるのですが、窓からは日光のような柔らかい光が射していてくつろげる雰囲気。

陶器のお皿は全てポーランド製らしく、このお皿達も可愛いのです。

1階から上はお洋服のお店なので、隠れ家的な存在で、お客さんもさほど多くはありません。

メニューも内装も女子受け重視で、お客さんの9割が女性です。

女子会にはまさにうってつけですが、甘いもの大好きなおじさんが入るとなると居心地が悪いかもしれませんね。

19-08-23-22-12-06-594_deco.jpg

子ども達がおいしそうなフレンチトーストに目を光らせている間、ひたすらに私は読書です。

別に、フレンチトーストはそこまで食べたくないですから。

エビちゃん、今でもお若いなあ。

彼女が本当に若かった頃、専属のファッション誌で彼女の着る服が飛ぶように売れたと聞きますが、分かる気がしますわ。

ただし服とその中身は別物で、その服を着たからといってエビちゃんに似てくるわけではないのですから、そこは冷静な目で。

まあ、この雑誌に掲載されている洋服はどれもお高めなので鑑賞専用ですが。

結局、私が食べたのは飾ってあるミントと余った甘くない生クリームだけでした。

小麦粉成分、ゼロですねえ。

というわけで、1人で雑誌を読みふけるのが私の贅沢時間です。

日が暮れて涼しくなってくると、一斉にツクツクボウシが泣き出します。

ずっと聞いていると「宿題よーし、宿題よーし」に聞こえてくるのは私だけでしょうか。

「ご心配ありがとう、ちゃんと宿題終わったよ」と無心な虫達に話しかけたのでありました。

danngoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ