2018/01/25 05:30
サンキュ!の片付け特集を読んでると、

自分がズボラなので、
ラクになるような
収納を考えてます。

って、言う方が多い気がします。


分かるかも!!


うちもね、
息子が小さい頃は、

私はご飯の準備してても、

息子は、
遊んでたり
テレビ見てたり、

まだ、小さかったから
これは言わなかったけど、

挙句の果てには
「ご飯まだ〜??」
とか言われた日には、
イラッとする(笑)


だからね、
息子にも準備を手伝ってもらおう!
と思って、考えたのが、

子どもの使うモノは
子どもの手の届く場所にしまう事。


食器棚の下の引き出しには、

P1230775.JPG

IKEAのプラスチックの食器。

もう、何年も使ってます。


手伝っては欲しいけど、

「割らないよいに、気をつけて!」
とか、言うのもイヤだったので、
これにしました。

もうそろそろ、
プラスチック卒業しても!と
思いながらも、
まだこのまま(^_^)/

まだまだ、
雑なお年頃だから
いいかな?


その上の段には、
カトラリー。

P1230774.JPG

前は、もっとたっくさん
入ってたけど、

使いたいモノを探すのに
ひっくり返す毎日だったから、
見直しました。

2人には、これで充分。

食事の前に、
私が料理をお皿に持ってる間に、

息子が
カトラリーを並べたり、
お皿を運んでくれたり。が、
すっかり習慣になりました。


食器も、

P1230781.JPG

下の段の息子の手の届く高さに、
良く使うモノ。

もちろん、私も取り出しやすいです。


2枚の扉があるけれど、
1枚開ければ、
一緒に使うセットが
取り出せるようにしました。

P1230777.JPG

パン用のお皿&サラダ用のお皿。

お椀の後ろには、お茶碗。


1年中、
温かいモノを飲むことが多いから、
マグカップが手前。

しかも、お気に入りのモノなので、
見てるだけでも、
うれしくなります。


マグカップの後ろに

P1230778.JPG

グラス類が隠れてマス。


反対の扉。

P1230780.JPG

そばちょこや小皿など。


最初は、

一人じゃやってられないよ!
から始まった(笑)

子どもにも手の届く所収納。
私の手間を少なくする収納。


息子もすっかり、

「ママ牛乳ちょうだい〜。」
なんて事も無くなったし、

友達が遊びに来た時は、
おやつのお皿出してくれたり

当たり前に出来る様になってくれて
うれしい限りです☆


P1240783.JPG

ありがとう。
母さんの手間も少なくなりました☆


☆I wish you and my dream will come true☆

laurea(ラウレア)
laureaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/11/25 09:17
ここ数か月、家の片付け中です。
息子の部屋も、少しづつ
息子と一緒に片付していきたいな。
と思っています。


理想は、
息子が一人で、勉強とか遊びに集中できるスペースがあって、
私も一人で、集中するスペースがある事。

それでも、
お互いに気配は感じられていて、
ちょっと話しを聞いて欲しい時とか、
宿題見て!って時は、すぐに行かれる距離感があるといいな。

と。


そんな事を考えてた時に、
参加させて頂いたのが、

飯田グループホールディング×サンキュ!
のコラボの商品発表会。



DAISYさんと一緒に、一番前の席に座って、
しっかり聞いてきました〜☆


コンセプトは、
「子育て世帯の理想の住まい」をつくる
My home for my kids プロジェクト

子育てにいい家。
子どもが主体の家。
を。


飯田GHDさんは、

誰もがあたり前に家を買える、
そんな社会にしたい

住宅業界のユニクロに。

という会社。


住宅を買う6割以上が
20〜30代。
子どもが産まれるタイミングで購入。

子育て世代にあった商品開発を、
という事で、
子育て世代のママの声を取り入れるために
サンキュ!とのコラボが実現したという事です。 


IMG_20161116_104719.jpg


たまひよ・サンキュ!の伊久美総編集長のお話しも聞きながら、
サンキュ!って改めてステキな雑誌だな。
って思いました。


いまどきの主婦は、

節約の為に我慢ているのではなく、

本当に必要なものを見極める
自己実現
良い母より、幸せな母
(私もこうなりたい!)

そんな、主婦ブロガーが活躍しているサンキュ!だからこそ
今回のコラボに
サンキュ!が選ばれたのですね。



IMG_20161124_154846.jpg


子どもが

自ら片付けたくなる
自ら勉強をしたくなる
積極的に遊ぼうとする
進んでお手伝いをする
コミュニケーションを取る


ことが出来るように開発された商品は、


いつでも親に質問できる環境で学習できる
2wayテーブルセット

子どもが手に届く高さに収納を作った
飾り付きテレビボード

壁一面に落書きが出来る壁

自分でお片づけ出来て、
しかも、上の乗っても大丈夫な
収納ボックス

ボルダリングウォール

うんてい

などなど。


秘密基地みたいに、自分から近づきたくなるように
考えた家具など、
子どももうれしいと思うけれど、
私も、ちょっと欲しいかも☆
私もこっそり楽しんじゃいそう。

家にこんな空間があったらって思うと
ワクワクします。

しかも、今ある家に後付けも出来るという事。



どれも、いいな。と思うけれど、
今、一番気になってるのは、

2wayテーブルセット。


IMG_20161124_154752.jpg


2つのテーブルをくっつけて、
リビングテーブルにしても、

上の写真みたいに、L字型に置いて
リビングを広く使ったり

子どもが成長したら、
子供部屋に一つ置いて、
リビングの一つは、ママの作業用テーブルにしても。

いろいろな使い方が出来ます。

我が家も、
大きなリビングテーブルがあるけれど、
今の生活には必要ないなあ。
処分したいなあ。

でも、
息子も自分の部屋で勉強する事もあれば、
リビングに来て、
「ママ見て!」って言う時もあるから
こんな2wayテーブルあったらいいな。って思いマス。



そして、そして、
今回、開発された商品があたるキャンペーンもやってマス☆

「すまいーだ」で検索して下さい。

その中に私の欲しい2wayテーブルも入ってる〜。


IMG_20161124_154904.jpg


今年の12月には、コラボ商品を活用したモデルルームがオープン。
来年の2月には、コラボ商品販売
の予定みたいです。

これからも、楽しみにしてマス☆


☆今日も楽しくって幸せな1日になりますように☆

laurea(ラウレア)

laureaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ