2016/09/19 17:55
こんばんは〜、ご訪問ありがとうございます(^^)まほです

ブロガーさんが出産のときのエピソードを書かれているのを見て、
自分のときはどうだったかなぁと思って少し書いてみました。

これから出産する皆さんの、少しでも励みになりますように。

ただ今、トイトレ奮闘している、この人。

IMG_2996.JPG


お調子者で、甘えん坊の長男3歳です。
彼は、3年前の残暑厳しい8月にこの世に出てきました。
長女は、真冬。
なんという産み方でしょう(笑)

そう、今は笑って話せますが、長男を妊娠中は大変でした。

妊娠が分かったのは、年明け。
直後にまさかのインフルエンザ。そこからほぼ安静の日がスタートします。

長男がおなかにいた10か月。

今までの人生で最悪のものでした。
長く勤めていた会社は経営が悪化し、産休もとらえてもらえずやむなく退社。
インフルエンザから慢性気管支炎になり、肺炎になり、また再び気管支炎。

場所が悪いのかもしれないと思い、思い切って、関西へ帰ってきたのは臨月間際のこと。
そうすると、今まで何をやっても止まらなかった咳がピタッと治まりました。

が、今度は早産の危機。
10か月をほぼ横になって過ごすとは思いもよりませんでした。
その間、いちばん支えてくれたのは誰あろう、長女でした。

IMG_3134.JPG

長女10か月の時。かわいかった〜(笑)


「ママがしんどい時は、わたしが
ママのアンパンマンになってあげる!」

そう言って、ギューってしてくれたこと、絶対忘れないからね。

長男の名前は、彼女がつけました。
直感というのでしょうか。
おなかにいるころ、「この子の名前は○○」と。

世間的に言うと、その呼び名は「キラキラネーム」になってしまうのかもしれません。
でも、名前の持つ意味合いは、そんな軽いものではありません。

お姉ちゃんは、小さなお母さん。


IMG_3136.JPG

生まれてきたときに、タイミングよく立ち会えたのも長女でした。

いきなり、破水し、明け方にその場にいた家族だけで車で移動。
せっかくの無痛分娩を予約していたのに全く意味がないくらい痛さが半端ない中で、

「みてみて〜、おつきさまが追っかけてくるよ〜。きれいだねぇ〜」

と、のんきに話しかけてくれたのが、本当助かった(笑)
きっと、おなかにいた長男は、早く会いたいなぁと思ったことでしょう。

それ以来、家にいるときはずーっと一緒。


IMG_3646.JPG

IMG_4093.JPG


長女が生まれているまでに40時間かかったことに比べ、
1時間少しで出てきた、息子。

よっぽど、早くお姉ちゃんに会いたかったんだろうな・・・。

それまでの10か月の暗い期間に比べたら、出産後は、ハチャメチャすぎて
そんな期間のことなど、忘れてしまいました。
そんなものかもしれません。

長女は今も、いちばんの頼りがいのある小さなお母さんです。

IMG_2852 (1).JPG

祖母、長女、長男。まさかのボーダーリンク。


長い文章を、最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)/
いつも、サンキュいいね!を押していただき、大変励みになります。

これからもまたよろしくお願いいたします。







タグ(関連ワード):子供 息子 出産
randlstyle-mahoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ