2018/10/09 14:50
こんにちは。はるるんです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。


2年3カ月ぶりに、
ブログタイトル変えました。


前のも気に入ってたんですが、

私の中で、節約に

良い意味の「ゆるさ」が
出てきて、

正直その方が、
貯めることも、
日々の節約も
続けやすいと気づいてきたので、

変えました!


新ブログタイトル

「今日のズボラちゃん。」


2ACA025E-DE1C-491E-82D6-D17386D86685.jpeg

素朴かよ!!!


まあ、顔も素朴なんでね、

こんな感じの素朴なタイトルも
アリかと。



私のズボラ〜な日々を
綴っていこうかと思います。





またよろしくお願いします。

そして、
前記事にコメントを下さった
yuRhythmさん
ありがとうございます!

お返事させていただきましたので
またよかったら遊びにいらしてください!


最後までありがとうございました!


※記事内容は全て個人の見解・感想です
春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/08/02 07:21

おはようございます。はるるんです。



お立ち寄りいただきありがとうございます。



ありがたいことに

最近、沢山のアクセスを

いただいております。





一時期、書かなかった時期には

アクセス自体も

めっきり減ってしまったものの



また沢山の方に読んでいただけるようになり

本当に嬉しいです。



さて、

18期の読者モデル一次通過の皆様方が

発表されました。







3回目の挑戦ではありましたが、



力及ばず。







挑戦された方はみんな人に見えない努力を重ねているってことなんですよね。























1回目

2回目

3回目



ぜんぶ感じる気持ちが違う。



悔しさだけじゃなくて



前向きな気持ちや

バネとなる力や勇気を

与えてもらってる。

 



色んな主婦の人がいて

また世界を大きく広げて貰える。

















昨年は、ほんとに色んな方から声掛けてもらって、悔しさも涙も全て吐き出したけど、



振り返ると空回った感もあったから、

今年は、去年より意識しないように肩の力を抜こう、、、って思って口に出すのも辞めてました。





それでも「今年どうするの?」って聞いてくださった皆さん、本当にありがとうございました。









挑戦することって見返りを求めちゃいけないし、求めない覚悟が必要なんだよね。きっと。



ひたむきにやってこうと改めて思いました。





でも、ここだけにとらわれずに、色んなところに目を向けて、色んなことに挑戦たい、





昨年の落選の悔しさから、



プライベートをもっと充実させよう!という気持ちで1年間過ごしてきました。













得られたものはあった。



沢山あった。













そんなことを感じた夏。







やらない後悔よりはやって悔し涙の方がマシ。







これからもベネッセ、サンキュ!の公式ブロガーとして

目一杯楽しみながら

ブログを、書かせてもらいたいと思います。





改めて、

編集部の皆様、

ブロガーの皆様、

そして読んでくださる全ての皆様へ



感謝です。





本当にありがとうございました。



























〜なりたい人はわたしの中にいる〜
















〜最後までありがとうございます〜

Instagram

https://www.instagram.com/harukajuru

また、

ぜひ、ブログも、ファン登録していただけると嬉しいです。

記事内容は全て個人の見解・感想です



E6F5F2A8-8F71-4CE8-B4BA-B5E344065D72.jpeg



春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/06/30 16:10

こんにちは!はるるんです。


暑いですねー!
いよいよ明日から7月ですね!

海開きいきたーい!



さて。

6月はランドリーに行く機会が多かった私。



そこに、
男の子(おそらく小学生の兄弟。7歳と10歳くらいの見た目)と
お母さんの
親子3人組。


あまり広さのないランドリーなので、
聞かずとも聞こえてくる
親子の会話。



その日は土曜日でした。


※以下  兄
            弟
             お母さん

の、表記で書きます。
(だいたいの記憶で書くので、一語一句正しいわけではないです。ご了承ください。)


兄「〇〇くんは、パパとゲーセン行くらしいよー!いいなあ!」

弟「僕も行きたい!」

母「ゲーセンはお金かかるからダメよ!」

弟「えー!お母さんいつもそれ言ってるよ」

兄「たしかにー。」

弟「じゃあ働けばいーじゃん。お母さん。」

兄「〇〇くんのお母さん毎日仕事いってるよ!」

弟「だからゲーセン行けるんだよ!お母さん毎日家にいんじゃん!仕事いきなよ!仕事ってなにかわかる?したことないからわかんないでしょ!」

母「…そんなこと言うんじゃありません。」


この言葉を最後に
車に戻っていきました。


ここまで聞いていて
私は胸が苦しくなりました。



お母さんの横顔は
今にも泣き出しそうでした。



そりゃ子供ですからね

容赦なく色々なことを言うでしょう


学校に行ってる間の
母の苦労や、
早起き、遅寝は、
まだ理解できないでしょう。


しかし、百歩譲っても、

この会話はなかなか
苦しいものがありました。

働かなくてはならない人
働きたくても働けない人

そんな色々な家庭の事情があるのです。



ワーママも
専業主婦も


それぞれに同じぐらい苦労があります。



この部分を
どのように伝えていったら
子供は理解できるのでしょうか。


ただ今回の件については

私は今のメンタルでは


あのお母さんのように

涙をこらえることは
できないかも…と

思いました。









A97E4A9F-B5E0-4F77-8370-28A10B32EB62.jpeg


〜最後までありがとうございます〜

Instagram

https://www.instagram.com/harukajuru

記事内容は全て個人の見解・感想です



春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ