2018/06/30 16:10

こんにちは!はるるんです。


暑いですねー!
いよいよ明日から7月ですね!

海開きいきたーい!



さて。

6月はランドリーに行く機会が多かった私。



そこに、
男の子(おそらく小学生の兄弟。7歳と10歳くらいの見た目)と
お母さんの
親子3人組。


あまり広さのないランドリーなので、
聞かずとも聞こえてくる
親子の会話。



その日は土曜日でした。


※以下  兄
            弟
             お母さん

の、表記で書きます。
(だいたいの記憶で書くので、一語一句正しいわけではないです。ご了承ください。)


兄「〇〇くんは、パパとゲーセン行くらしいよー!いいなあ!」

弟「僕も行きたい!」

母「ゲーセンはお金かかるからダメよ!」

弟「えー!お母さんいつもそれ言ってるよ」

兄「たしかにー。」

弟「じゃあ働けばいーじゃん。お母さん。」

兄「〇〇くんのお母さん毎日仕事いってるよ!」

弟「だからゲーセン行けるんだよ!お母さん毎日家にいんじゃん!仕事いきなよ!仕事ってなにかわかる?したことないからわかんないでしょ!」

母「…そんなこと言うんじゃありません。」


この言葉を最後に
車に戻っていきました。


ここまで聞いていて
私は胸が苦しくなりました。



お母さんの横顔は
今にも泣き出しそうでした。



そりゃ子供ですからね

容赦なく色々なことを言うでしょう


学校に行ってる間の
母の苦労や、
早起き、遅寝は、
まだ理解できないでしょう。


しかし、百歩譲っても、

この会話はなかなか
苦しいものがありました。

働かなくてはならない人
働きたくても働けない人

そんな色々な家庭の事情があるのです。



ワーママも
専業主婦も


それぞれに同じぐらい苦労があります。



この部分を
どのように伝えていったら
子供は理解できるのでしょうか。


ただ今回の件については

私は今のメンタルでは


あのお母さんのように

涙をこらえることは
できないかも…と

思いました。









A97E4A9F-B5E0-4F77-8370-28A10B32EB62.jpeg


〜最後までありがとうございます〜

Instagram

https://www.instagram.com/harukajuru

記事内容は全て個人の見解・感想です



春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/08/20 17:05
こんにちは!はるるんです!

今日久々に、

セルフじゃないところで
ガソリン入れました。


外に立っていたアルバイトらしき
お姉さん。

19歳、20歳くらいかなぁ?



最初から最後まで

とても丁寧に接客してくれました。


私は、すごく満たされた気持ちに
なりました。



出会った接客サービスの
良し悪しによって、

その日の気持ちが
左右されることって、ありませんか?






思いやりのある、
素晴らしい接客を受けると、

とても心が満たされる。
1日がなんだかとても
いい日になったような、そんな気分。


逆に、
思いやりがなかったり、
雑に扱われると、
ちょっとモヤモヤしてしまったりします。


(まあ、人間なので、
どんなに頑張ってやっても、
逆燐に触れることもあるのですが。)




ただ、

仕事ができる、できない…の話ではなく、


”ホスピタリティ”

お客様1人1人にあった、

思いやりのある「おもてなし」



初心者だろうと、ベテランだろうと、

これって接客サービスに携わる人にとって
とても大切な意識だと思うし、

それを意識して接客をすることによって、
商売が成り立つし、
お客様が「付加価値」を見出すことができるのだと思います。


それは、

高級ホテルだろうと、
コンビニだろうと、
フランチャイズだろうと、

同じこと。


お客様が出してくださる金額に


何か、「付加価値」をプラスアルファする。


それが、「満足」に繋がる。


むしろ金額以上の価値となって、

次に繋がる。




私は今日行ったガソリンスタンドに
「また行きたい」と思いました。












自虐になりますが、
私はあまりお勉強ができませんでした。
やらなかったのもありますし、
なかなか学生の頃は勉強が嫌いで苦手で。


今思うと勿体無いことをしたなぁと。


無知さゆえに、

踏み込めなかった一歩が、
沢山あります。

目の前で見送ってしまった、
沢山のチャンス。

悔しさともどかしさ。

でもその時の私は、
それが精一杯。





社会人になってから、約4年、

ずっとサービス業に就いていました。


美容院、
結婚式場、
星野リゾート、
東京ソラマチ、、、



たった4年でした。


ですが、
接客の本質、

理想型はどんなものか…


その核のような部分は

先輩方が熱心にご指導くださったおかげで、
私の体に、少しではありますが
身につきました。



お客様の1日が、

素晴らしいものになるように願いながら、


次の時間へ、

いい気持ちで送り出してあげられる、


そんな接客を、
私は教わりました。







当時は理解できなかったことも、

今、主婦となり、
母となり、

なんとなく理解できることが増えました。







やはり、出会いには感謝であり、


これからも沢山の人と出会いたいです。



IMG_3621.PNG


3年半前??笑



式場での仕事、、、
楽しかったなあー。
大変だったけど。


スタッフとの連携。


その先にある、達成感。





これからも色々な達成感を味わう為に
頑張ります*





沢山のアクセスとポチ、
ほんとうにありがとうございます!
いつも皆様に読んでいただけることが
嬉しくて嬉しくて、
今日も書かせてもらってます。
最後までありがとうございます!



※記事内容は全て個人の見解、感想です





春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/21 18:09
こんばんは!はるるんです!
大口ゆう子さん
コメントありがとうございます♡
共通の話題もあり、
いつも共感してくださって嬉しいです。
優しい大口さん♡
またお返事させてもらいます。



さてさて、
昨日、今日は、
たくさんの人に会いました。

私は18歳から就職していますが、
20日は、初めて勤めた会社の、
当時のサロンのメンバーと会いました。
系列店へも顔を出しました。
実は、4年間、
一度も顔を出していませんでした。

私の原点である会社。初めての

「社会」

沢山の大先輩や、師匠が、
私のことを可愛がって大事に育てて下さいました。
でも、色々な常識が欠けていた私は
2年勤めた末、弱さゆえに、
逃げてしまいました。
いい辞め方ではありませんでした。本当に。


4年間の間、
私の中では何度も何度も記憶を辿り
戻っては進み、
振り返っては、「現在」を上書きし、
前向きになろうと生きてきました。

でもやっぱり、あの時の時間は
あの時のまま、
私の記憶の中で止まっていて。
ぐるぐると何度も巡ってくる。


それを、これから、
少しずつでも、
いい形に塗り替えていきたくて、
今回行動しました。



大好きな先輩(私の姉的存在)と
大事な後輩(私のたった1人の可愛い後輩)
の協力のもと、
沢山の会社の先輩、
そして
師匠にも会うことができ、
とても嬉しかったです。


全てをクリアにできたわけでもなく、
少しずつなんだけど。

でも、
今を一生懸命、幸せに生きることを
心の中で誓った1日でした。


仕事も人も、
大好きだったから。
私の原点。
世間知らずで振り返ると恥ずかしいし、
がむしゃらすぎて思い出したくないぐらい。

でも、
大事な大事な時間でしたし、
あの時の沢山の出会いは、
やっぱり、大切にしていきたい。






そして、
今日は、式場に勤めていた時代の、
スタッフの皆さんと鍋パ。
ちびっこも集まって賑やかでした。

1番下っ端の私だけど、
仲間に入れてくれて、
いっぱい可愛いがってくれて、

辞めた今でも
こうしてみんなで集まれる関係が
本当に嬉しくて。

一瞬で戻れるんだよね。
当時の、空気に。



それってすごく幸せなこと。




私と出会ってくれた沢山の人達。


やっぱり大切にしたいです。


それが、
次の素晴らしい新たな出会いへと
繋がっていくと信じています。




今日のデザート。
お姉ちゃんの手作り。
いちごムース。
美味しすぎてたまげた♡


IMG_6556.JPG




最後までありがとうございました!

※記事内容は全て個人の見解・感想です。

春瀬はるかさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ