2018/04/06 18:27
こんばんは!はるるんです。

お立ち寄りいただきありがとうございます。


年明けから
しばらく書けていなかったブログが
ここ何日かで書けるようになりました。


生活スタイルの少しの変化で
この3ヶ月はしばらくキツかったのですが、

少しずつ慣れ、
息子も慣れ、
主人も慣れ、

ようやく少し、
安定してきたところ。


息子は日々成長していて
食事も、睡眠も、遊びも、興味も、
どんどん変化していくから。

観察して、ちゃんと見て、
今私たちに必要なことはそういうことだと
思ったから、

スマホも、タンスにしまいこんだり。


親として今、できることを
模索中の春瀬夫婦です。


でも、書きたいことは溢れてたので
ネタ帳にストックして、

夜息子が寝付いてから
iPhoneのメモに、書けるとこまで書いて
繋ぎ合わせて、、、その繰り返し。


今年の7月でブロガー3年目に突入します。

息子が一歳になる少し前に始めた
あの頃の気持ち、

またふつふつと、湧き出しています。



そんな今日は、雨!

結構な雨!


現在車がありません。
(実家に返しました。)

なので、
ここ連日自転車10キロコース。
10時ごろおにぎりを持って出かけ、
15時か16時まで帰りません。



スーパーフライデーで、
31食べに行きたかったけど
さすがにこの雨じゃなー。


ってわけで息子と家遊び。

主人が作ってくれたトミカランドで遊んだり
布団でお医者さんごっこしたり

最近はお昼寝をほとんどしなくなったので、
昼間は一切仕事もできず。
(もう腹くくって夜にまとめてやる!と決めてます。)


しかし、相手をしながら、
家の掃除など、
雨だと普段できない部分もできたり。


コーヒーもゆっくり飲める。

37EC141D-76F7-448F-8146-9F024DFFCD0F.jpeg
コーヒーは私の最強の至福と時なり。



そして、息子が少しテレビタイムに入ったら
30分ほどユーキャンの教科書を読みました。





〜〜〜〜〜





口コミサンキュ! からモニター依頼を受けの「挑戦するわたし。」企画に参加し、「ユーキャン講座」を受講することになりました。





講座名は、「准サービス介助士」











サービスの現場で、お身体の不自由な方や

お年寄りに、とっさに何か手助けが必要なとき、

すぐに手を差し伸べられるよう、

知識や訓練を学ぶ講座。

様々な人達と出会う現場で、




冷静な判断ができるようになりたくて



私が学びたいと思っていた資格のひとつです。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜



2冊目はほんと、

いっきに難易度が上がる…。

編集部の方ともお話しましたが、

結構苦戦してます。


まだ添削課題出せてないし。



でもやっぱり、


欲しい資格だから、

頑張らないと。



ブログを再開して思ったけれど、



時間はやっぱり

「作るもの」


1日五分でもいい



形だけでも、

教科書パラーっと見るだけでも


続けること。




頑張ろ。





















なりたい人はわたしの中にいる」







最後までありがとうございます!



**********************

ユーキャンの講座について詳しくはコチラ

https://www.u-can.co.jp/index.html?vl=_odmm_171204_m046

**********************







***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***

***掲載の体験談は個人の感想です***






春瀬はるかさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/04/06 11:18
こんにちは。はるるんです。
お立ち寄りいただきありがとうございます。




イチオシの「キレイが続く我が家の片付けルール」ですが、


以前、梶ヶ谷陽子さんの収納本に
出させていただいてから、

より、プチプラ収納を模索してます。


41u2DKの我が家。結構狭め。
家具自体もかなり少ないです。

最小限に抑えてます。


ズボラで片付け下手だからこそ、

ゴチャつかないルールを色々作ってます。




「仕組み」が大切。

続けれなきゃ意味がない。

家族が覚えやすく。
私自身もやりやすく。


デザイン性の高い収納も素敵ですが、


使いこなせなくては宝の持ち腐れに
なってしまいます。



我が家はなかなか収納にお金が
かけられないので、

身の丈にあったサイズと価格帯、

既存のもの+ a  で、
やりくりしてます。



こちらは玄関。

598EA3B7-1909-4B78-82B4-471BCD24F707.jpeg


既存の下駄箱が付いてましたが、
(写真の下のチラっと見える部分)
マックス8足しか入りません。


なのでツーシーズンに分けて、
目に見えるところに
今の春夏シーズンを。
下の既存の下駄箱には秋冬シーズンを。





今の春夏シーズンに使うものを、
ニトリのカラーボックス+ダイソーのファイルボックスへ。

一番下の段には、主人の朝のお出かけグッズ
(鍵、タッチペン、シャチハタ、タバコなどを置けるスペースにしてあります。)



そして玄関には、
それぞれ家族3人の靴を
「一足ずつ出しておく」という
ルールにしてます。
(息子は、サンダルと靴一足ずつ。両方同じぐらいヘビロテしてるので。)

6B5DC6B0-D6DC-48ED-A231-C58F81F619A9.jpeg

一足出したら一足しまう。

狭いので何足も出しておくと
ひっちゃかめっちゃかになります。

揃える習慣を息子につけさせるためにも
今はそのスタイルです。

玄関先にちゃんと空間があると、

出かける際も

なんとなく心に余裕が生まれます。



最後までありがとうございます。

※記事内容は全て個人の見解・感想です


春瀬はるかさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/04/06 08:35
おはようございます。はるるんです。
今朝、
高畑勲監督死去の号外が入ってきました。


私の人生に大きく関わる
「ジブリアニメーション」の中の
多くの作品を手掛けた偉大な方。


「火垂るの墓」
「平成たぬき合戦ぽんぽこ」
「アルプスの少女ハイジ」


最新作には
「かぐや姫の物語」

など。

どれも影響力の高い作品です。



日本の子供達の心に
暖かく染み渡る作品を
遺してくれた、素晴らしい方。

そんなアニメを観た子供達が
また今日新たな門出に立ちます。




以前、宮崎駿監督の言葉に
こんなものがありました。


なぜ映画を作るのか…という問いに対し

「人生は、生きるに値するか、ということを子供達に伝えたい。」

その為に本当に細部まで細かく設計され
制作されたそうです。


(すみません、一語一句正しい内容ではないかもしれません。いつかの番組か何かで観た記憶があるだけです。)


高畑勲監督も、
そういう、

「未来の子供達」へ



きっと伝えたいことを
作品に込めたことでしょう。


日本のアニメーションは
素晴らしいです。


ジブリの作品の良さは
絶やすことなく
私も子供に受け継いでいきたいです。


高畑勲監督の
ご冥福をお祈りいたします。

5DB896D7-9D1E-4E14-8F23-FB91AEFCD8B5.jpeg


最後までありがとうございます。
※記事内容は全て個人の見解・感想です。

春瀬はるかさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ