2019/06/04 17:57
こんにちは!
題名の"アゲリシャス"と聞いてピンと来る方はどれくらいいらっしゃるでしょうか

そう!ゼスプリキウイです!(一方的ww)
私、あのCMすごい好きなんですー

手術と入院の記事を書く前に、
今回はたまごクラブさんからモニター依頼を受けました、ゼスプリキウイについて少しご紹介したいと思います!

ゼスプリキウイとはこちらですっ


AD11BC00-7681-423F-824A-1FB17D88D575.jpeg
**********************
「ゼスプリ キウイ」についての詳しい情報はコチラ
https://www.zespri-jp.com/
 **********************

甘さが特徴の果肉が黄色いゴールドキウイと
酸味が美味しい果肉が黄緑のグリーンキウイとありますよね!!
皆さんはどちらがお好きでしょうか??

私は知らなかったのですが、
実はキウイってスーパーフルーツと呼ばれるほど栄養価が高いんですって!

主に食物繊維、ビタミンC、
そして妊婦には嬉しい葉酸も!!

妊娠してから、栄養を摂りたい一心で、毎日欠かさずフルーツを食べるようにしたり、
どうしてもお腹が空いて間食したい時にフルーツを選んだりしていますが、
この情報を聞いて、キウイを買う機会が増えました

キウイの何が良いって、その食べ方の手軽さ!

朝の時間のない時には
こんな風にしてただ輪切りにしてスプーンで食べます。笑

DAF88F21-C7C0-4C38-B738-5AD341B7AE43.jpeg

切っただけなのに、
あぁなんで映える切り口なんでしょう〜!笑

普段、食事を作るときに、割と私が気にしていることでもあるんですが、
調理法によってその食べ物の栄養素が失われたりすることって結構多いですよね。
ビタミンなんかは特に水に溶けやすかったり、熱に弱かったり、かといって生で食べられるものばかりではなかったり。

キウイのようなフルーツはそういったことを心配せずに効率よく吸収できるところが本当に魅力的

そして、入院中の1週間、妊婦向けの模範のような食事を毎日食べていたわけなんですが、
そこでもキウイの登場率はかなりの高さでした!!
さすがキウイ!と心の中で思いながら食べておりました!笑

おやつに食べる時には、ヨーグルトにいれてハチミツかけて食べたり、熟れてしまいそうな時には冷凍することもあります!

先日はネットでレシピ検索してみたりして
ヨーグルトフローズンキウイなるものを作って食べてみました!
生クリームとヨーグルトとキウイとお砂糖をブレンダーで混ぜて凍らせるだけ!
アイスが食べたくなるこの時期、ぴったりなおやつになりました
砂糖はあまり入れたくなかったので、かなり酸味のあるアイスになりましたが、グラノーラと一緒に食べたりしても美味しいかもなーと思いました!

495DDB0F-478B-4178-BB02-811C398102C2.jpeg

お行儀悪くてお恥ずかしいですが
こちら実家でのひととき。

D7E98C8E-6AC1-4CF8-A960-7A6A983C00B4.jpeg

私の足の上にいる茶色い物体は
愛犬のトイプードルです。笑


安定期に入り、体重が気になる今日この頃。
キウイのような低カロリー高栄養価のものをうまく使いながら、過ごしていきたいなーと思います!




***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています*** ***掲載の体験談は個人の感想です***





木谷彩さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/06/02 11:37
こんにちは!
また少し日が空いてしまいましたが
皆さまいかがお過ごしでしょうか

さてさて、妊娠5ヶ月を迎え、いよいよ妊婦検診がスタートしました!

私の病院ではそれまで一度も体重を計ることがなかったので、今回からはきっと計りはじめるんだろうな、、、とちょっとソワソワ。笑
そしてそれまで毎回付き添ってくれていた旦那さんも、この日は仕事の都合がつかず、初1人で行くことに。

分娩予定の病院は、別の場所に分院みたいなものがあり、カルテや診察券が共通なので35週までは好きな方で検診を受けられるのですが、距離的には同じくらいで分院の方が再診料が安いので、試しに分院の方に行ってみることにしました。
つわりが落ち着いて、外出が楽しくなっていた頃だったので、病院まで40分くらい歩いて行こうかなぁ〜と考えていたのですが、朝の支度が間に合わず断念。笑

妊娠5ヶ月目の検診内容は、
*体重、血圧、尿検査
*経腹エコーで赤ちゃん確認
*経膣エコーで子宮頸管長計測、クラミジア検査
そして私はこの日に出生前診断(クアトロ)をお願いしていたので採血もありました。
また、私のこの日の目的はもう一つ。
先生にエクササイズ許可書をもらうこと!
それをもらったらヨガやスイミングを始められるのです!楽しみ〜

体重はこんなものかなぁというくらい。
出産経験のある友人に、最初は厚着して体重計乗った方がいいよ!とアドバイスされていたので、比較的生地厚めの洋服で行きました。笑
ここから体重管理との戦いが始まりますっ!!

さぁまずは経腹エコー。
やはり毎回緊張しますよネ。
でも見てびっくり、だいぶ赤ちゃんらしい姿に
恐らくお子さんいらっしゃるんだろうなーという雰囲気の女医さんで、
これが足だね〜これは胃だよ〜と丁寧に説明してくださいました
そして、最後に、お股見てみる??と聞かれ、
今日は旦那さんも来てないしやめとこうかなぁと思っていたものの、
なんだか勢いで " は、は、はい!!" と答えてしまいました。笑
結果は、、、
今のところシンボルは見えず、、、
とだけ言っておきます!笑
 
赤ちゃんが見れてルンルンで一旦待合室に戻ったあと、
次は経膣エコーへ。
さぁ、ここからが前回のブログで少し話したトラブルの始まり
子宮頸管長を何度も測り直す先生。
"ん〜??もう一回測るね。"
"んーーーー。やっぱり短い。"

なぬーーーーーー!!

いや、でもね、なんとなくそんな気はしていたんですょ。特に痛みとかの自覚症状はないんだけども。
一度待合室に戻されたあと、再び先生とお話をすることに。

内容としては、子宮頸管が本来この時期4センチくらいあるべきなのに、頑張って測っても2センチちょっとということ。
ただ、最近急に短くなったというよりは、もともと短いみたいなんですと。
一般的な対応策としては、自宅安静や入院安静、子宮頸管縫縮手術というのがある。
ただ今ここで断言できないから、明日もう一度分娩する方の病院で偉い先生に診てもらってほしいと言われました。
ひとまず、今日はこのまま帰って安静にしてね 、と言われてしまったのです。
そして、当然のことながら、今日はエクササイズ許可書は出してあげられないな、ごめんねと言われてしまいました。泣

あーまさかの事態!
妊娠て甘くないんだよと
そんな簡単に運動できると思うなよと
洗礼を受けた感じがいたしました。。。笑
ひとまず今日、歩いて病院来なくて良かった…。

翌日、旦那さんと一緒に病院に行きましたが、
やはり短いので自宅安静か手術の2択を提案されました。
ただ先生は、自宅安静といって安静に出来る人はほぼいないということと(間違いない笑)、週数も浅くまだ2センチは残っていることから、私の場合、手術するメリットは高いことを話してくれました。
私自身、翌日病院行く頃には、自分の中で手術するべきだろうなとほぼ決意が固まっていたのもあり、旦那さんにもそのことを話した上で先生の話を聞いたのであまり迷いはありませんでした。
その場で手術の日を5日後と決め、その前日から入院することになったのでした。

入院期間は最短1週間!
人生初手術、初入院です。
これがまた、なかなか想像以上の生活でした。

手術と入院については
また別の記事で書きたいと思います!
初めて誰かのお役に立てる記事が書けるかもなんて。笑

ひとまず私は元気です
また書きます!
木谷彩さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/05/21 09:12
こんにちは!外は何やら久々の大雨です

さてさて、16週をすぎ、終わる気がしなかったつわりもすっかりおさまってきた木谷です。

終わってみると本当に不思議なもので、
ちょっと振り返ってみたいと思います。



つわりが始まったのは6週後半頃だったでしょうか。
夕飯を食べ終えたあとに胃もたれをすることが増えてきました。
胃もたれなので、その時はそれがつわりだとはっきり認識していたわけではありません。
でもそれがどんどんエスカレートしていくようにひどくなり、胃もたれから胸焼けに、胸焼けから吐き気に。
げっぷも頻繁に出るようになりました。
あぁこれが私のつわりかと。

そして8週を迎えるころには、夕飯はほぼ食べられなくなってきました。
食べなきゃと思って、旦那さんの夕飯だけでなく自分の分もよそうのですが、いざ夕飯を前にすると受けつけず、、、。
それでも何とか食べられるものを食べようとテーブルにしがみつき、夕飯に1時間以上かかることも。笑(←謎の食い意地)

週数が進むにつれ、
朝昼夜関係なく、特定のものしか食べられなくなりました。
でもやはり辛いのは夕方以降。
特定のものといっても、何が大丈夫で何が食べれないのか自分でも分からなくて、頭の中で食べ物を想像しては気持ち悪くなったりして、
何を食べようか考えてるうちにお腹が空いて気持ち悪くなって、、、
なんとも言えない負のスパイラル〜!!笑

9週がピークと聞いていたつわりは、
9週で少し落ち着き始め、これはもしや!と希望を抱いたのも束の間、
10週でまた撃沈

食欲がない中で作る夕飯は地獄のようだったのですが、
ひどい時は作っている最中に急に吐き気をもよおしてトイレに駆け込むことも出てきました。
嗚咽だけの空嘔吐のこともあり。


もはや、1日の中で3食のことを考えたり向き合う時間が1番辛く、毎日食事が試練でした。

そして、そうなって初めて、
"食べる"ということが、こんなにも人生を豊かにしていたんだとも思いました。

食べるという楽しみを失ったことが悲しくて仕方なかった。
誰かと一緒に美味しいものを食べる幸せがすごく遠くに感じた。
いつもあった豊かさがなくなると同時に覇気がなくなってしまい、家事から何からやる気が起きなくなることもありました。
そんな自分が嫌で自己嫌悪に陥ったり。
そして、この状態から私は果たして抜け出せるんだろうか。
私はまた美味しく食べ物を食べれるようになるんだろうか。
つわりがおさまったら、ちゃんと家事も頑張れるようになるんだろうか。

今思えば、大げさにも思えるけれど、
あの時はもう元に戻れる気がしなくて不安で仕方なかったのです。
不安で泣きました。←メンタルよわ。

でも今は胸を張って言えます!
大丈夫です!!
戻ります!!

15週くらいまでは波があることが続きましたが、16週頃にはだいぶ良くなって妊娠前より食べれる量は減ったものの、食欲も気力も戻ってきました。

つわりの時期、何より励みになったのは
先輩ママである友人たちの経験談。

"私なんて1ヶ月半は廃人のようだったよ"
"私はカップラーメンしか食べてなかったよ"
"夕飯なんて作らなくていいんだよ"
"家事なんてしなくてもなんとかなるよ"

私だけじゃないんだ。
みんなそうだったんだと。

そしてここまで辛い辛い言ってますが、
つわりが少しでも軽くなると、
それはもう不安にかられました。
赤ちゃん元気?!ちゃんと心臓動いてる?!と。
なんともわがままな話ですが、
お母さんはみんなそうだと思います。

つわりが軽くなるたびに何かできないものかとネット検索していたような。
赤ちゃんのために何もできないことはもどかしい。もう信じることしかできません。
そしてそのうちに、これは親になるための訓練の1つなのかもしれないと思いました。

きっと、この先には
子どもに手を差し伸べたくても、
ぐっとぐっと我慢して
ただひたすらに子どもの力を信じて見守らなきゃいけないことがあるはず。

今はその時のための訓練が始まっているのかもしれないと。

そう考えてみたら
よし、頑張ろうと思えたのでした。


色々書きましたが、
つわりは個人差ありますし、
少しでも参考なれば幸いです

安定期に入り色々活動しようとしていた矢先、トラブルに見舞われております、、、
それについてもまた書きますね!!

お読みいただきありがとうございました
木谷彩さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ