検診*妊娠5ヶ月*

  • サンキュ!
  • 木谷彩さん
  • 2019/06/02 11:37
こんにちは!
また少し日が空いてしまいましたが
皆さまいかがお過ごしでしょうか

さてさて、妊娠5ヶ月を迎え、いよいよ妊婦検診がスタートしました!

私の病院ではそれまで一度も体重を計ることがなかったので、今回からはきっと計りはじめるんだろうな、、、とちょっとソワソワ。笑
そしてそれまで毎回付き添ってくれていた旦那さんも、この日は仕事の都合がつかず、初1人で行くことに。

分娩予定の病院は、別の場所に分院みたいなものがあり、カルテや診察券が共通なので35週までは好きな方で検診を受けられるのですが、距離的には同じくらいで分院の方が再診料が安いので、試しに分院の方に行ってみることにしました。
つわりが落ち着いて、外出が楽しくなっていた頃だったので、病院まで40分くらい歩いて行こうかなぁ〜と考えていたのですが、朝の支度が間に合わず断念。笑

妊娠5ヶ月目の検診内容は、
*体重、血圧、尿検査
*経腹エコーで赤ちゃん確認
*経膣エコーで子宮頸管長計測、クラミジア検査
そして私はこの日に出生前診断(クアトロ)をお願いしていたので採血もありました。
また、私のこの日の目的はもう一つ。
先生にエクササイズ許可書をもらうこと!
それをもらったらヨガやスイミングを始められるのです!楽しみ〜

体重はこんなものかなぁというくらい。
出産経験のある友人に、最初は厚着して体重計乗った方がいいよ!とアドバイスされていたので、比較的生地厚めの洋服で行きました。笑
ここから体重管理との戦いが始まりますっ!!

さぁまずは経腹エコー。
やはり毎回緊張しますよネ。
でも見てびっくり、だいぶ赤ちゃんらしい姿に
恐らくお子さんいらっしゃるんだろうなーという雰囲気の女医さんで、
これが足だね〜これは胃だよ〜と丁寧に説明してくださいました
そして、最後に、お股見てみる??と聞かれ、
今日は旦那さんも来てないしやめとこうかなぁと思っていたものの、
なんだか勢いで " は、は、はい!!" と答えてしまいました。笑
結果は、、、
今のところシンボルは見えず、、、
とだけ言っておきます!笑
 
赤ちゃんが見れてルンルンで一旦待合室に戻ったあと、
次は経膣エコーへ。
さぁ、ここからが前回のブログで少し話したトラブルの始まり
子宮頸管長を何度も測り直す先生。
"ん〜??もう一回測るね。"
"んーーーー。やっぱり短い。"

なぬーーーーーー!!

いや、でもね、なんとなくそんな気はしていたんですょ。特に痛みとかの自覚症状はないんだけども。
一度待合室に戻されたあと、再び先生とお話をすることに。

内容としては、子宮頸管が本来この時期4センチくらいあるべきなのに、頑張って測っても2センチちょっとということ。
ただ、最近急に短くなったというよりは、もともと短いみたいなんですと。
一般的な対応策としては、自宅安静や入院安静、子宮頸管縫縮手術というのがある。
ただ今ここで断言できないから、明日もう一度分娩する方の病院で偉い先生に診てもらってほしいと言われました。
ひとまず、今日はこのまま帰って安静にしてね 、と言われてしまったのです。
そして、当然のことながら、今日はエクササイズ許可書は出してあげられないな、ごめんねと言われてしまいました。泣

あーまさかの事態!
妊娠て甘くないんだよと
そんな簡単に運動できると思うなよと
洗礼を受けた感じがいたしました。。。笑
ひとまず今日、歩いて病院来なくて良かった…。

翌日、旦那さんと一緒に病院に行きましたが、
やはり短いので自宅安静か手術の2択を提案されました。
ただ先生は、自宅安静といって安静に出来る人はほぼいないということと(間違いない笑)、週数も浅くまだ2センチは残っていることから、私の場合、手術するメリットは高いことを話してくれました。
私自身、翌日病院行く頃には、自分の中で手術するべきだろうなとほぼ決意が固まっていたのもあり、旦那さんにもそのことを話した上で先生の話を聞いたのであまり迷いはありませんでした。
その場で手術の日を5日後と決め、その前日から入院することになったのでした。

入院期間は最短1週間!
人生初手術、初入院です。
これがまた、なかなか想像以上の生活でした。

手術と入院については
また別の記事で書きたいと思います!
初めて誰かのお役に立てる記事が書けるかもなんて。笑

ひとまず私は元気です
また書きます!

PAGE TOP