2018/04/30 07:52
先日、父が亡くなりました。
まだ50代前半。
病気も何もなかった父。
不慮の事故でした。

正直、ブログなんて書ける状態でもなく、しばらくお休みしようと思っていました。

ですが、葬儀が終わって少し落ち着いたら、どうしても伝えたいことが沸き出てきたので、言葉に残したいと思いました。


父は、朝も普通に笑顔で
「いってきます」
と仕事に出掛けたそうです。

母はその日もいつものように、
「いってらっしゃい」
と玄関先で見送りました。

そしていつものように
「ただいま」
と、帰って来るはずでした。

でも、家に帰って来たのは、もう息をしていない父でした。

こんなことがあるのかと。
こんなにも人は突然、あっけなく命を落としてしまうものなのかと。

あまりにも突然で。
目の前の動かない父を見ても、どこか実感がわいていない自分がいて。
そして、冷静な、第三者のような私もいて。

「まるでドラマみたいだ」

病院で父に必死に声をかける母と私を、そんな風に思う自分もいました。

ドラマのように、目を開けてほしかった。
奇跡を起こしてほしかった。

だけどそんなことは起こることもなく、突き付けられた現実に、パニックを起こしている母を見て

「私がしっかりしないと」

そればかりが浮かび、とにかくひたすら、電話をかけました。
夫に、夫の両親に、そして職場に。

電話するうちに、自分もパニックを起こしていることがわかりました。
「すぐに向かうからね、落ち着いて」
そう言って、本当にすぐに来てくれた義母にどれだけ救われたか。

私の両親は遠方出身のため、県内にいる親戚は私の夫の親戚のみ。
もちろん葬式の経験もなく、何をどうしていいのか、何をすべきなのか、全くわかりませんでした。

父を連れて帰ってあげないといけない。
どうやって?車で?乗れないよね!?
から始まり、
葬儀屋さんに来てもらうといいよ、と言われても葬儀屋さんなんてわからない。

なにもかもが、わからない。
わからないのにやらなきゃいけない。

息を引き取って5時間後。
ようやく家に帰れました。

実家のミニチュアダックスは、帰って来た父を見て、一生懸命顔を舐めました。
いつも父を起こす時のように、何度も何度も。

それでも起きない父を見て、またいつものように父の頭と肩のところに丸くなり、一晩そこで寝ました。

子供達は動かないじぃじを見て、わかっているのかいないのか。
下の娘は「こわい」と言って近付けず。
上の息子は、「じぃじ冷たいね。天国に行っちゃったんだね」と言って、じぃじの隣で寝落ちしました。

父の頭の隣には愛犬。
隣で息子が寝ていて、足元で娘が寝ていました。

休日の、お昼寝風景そのまんま。

母と何度も
「お昼寝してるみたいだね。なんで起きないんだろうね」
そう話していました。

それからバタバタとお通夜、葬儀の打ち合わせ。
親戚が来る準備。
ひたすらにバタバタバタバタ。

時折母は、父に
「あんたが居ないと何も決めれないよ」
と泣いていました。

何を決めるのも、最終判断は父。
どこか遠出するのにも、電車の乗り方から何から何まで父がメモを書いて母に渡していました。

箱入り娘ならぬ、箱入り嫁。

こんなにも早く、突然父がいなくなってしまうと、本当に何もできなくなってしまいました。

親戚が飛んで来てくれ、お通夜、葬儀もどうにか終わり、父の写真と骨壷を見て、

「もう本当にいないんだね」

と。

単身赴任が長かった父なので、家にいないことは意外と普通でした。
だから、まだ実感がないというか、単身赴任先にいるような感覚。

また帰って来るような感覚です。

母もそんな感覚で居たようですが

「今日は○○さんが来てくれてね」
「今日○○さんとこんな話をしたよ」

今までだったら絶対夜に電話して、父に話していたことが話せなくなった。
それが、とても寂しい。
伝えたいことが伝えられなくて寂しい。

そう言っていました。

何度も何度も
「朝、ちゃんと玄関先まで見送っててよかった。最後に見たのが笑顔でよかった」

そう言って泣いていました。

「いってらっしゃい」と見送って
「ただいま」と帰ってくることは、当たり前ではないのです。

出先で何があるかわからない。

「おかえりなさい」と言えることは、とても幸せなことで、
「ただいま」と言ってもらえることに感謝しないといけない。

そう思いました。

だから、毎日ちゃんと起きて、夫を見送ろうと思いました。
何かあった時に
「なんで今朝見送りしなかったんだろう」
と後悔しないために。

「気を付けてね。いってらっしゃい」

の言葉に

「何事もなく無事にただいまと言ってくれますように」

そう願いを込めて。


不慮の事故というものが、我が身に降りかかるなんて、きっと誰も想像していないでしょう。
私も母も、そしてきっと父も、そんなこと少しも思っていませんでした。

病気なら、覚悟ができたのに…
と思う反面、
何年も苦しんで、好きなものも食べれずに弱っていくのを見るのもツラいよね。
と、思う私と母。

それでも、あまりに突然で、あまりにも早すぎる父の死。
「なんでこんなに早く…」
としか思えません。

結婚していてよかった。
孫も見せることができてよかった。
すぐ隣に家を建ててよかった。

だけど、もっともっと親孝行したかった。

これから母と二人で旅行に行こうって話してたはずなのに。
定年したら豪華クルーズに乗ってみようか、とか。
定年したら焼鳥屋やろうかな、とか。

これからが、楽しいはずだったのに。

バカだね、こんなに美味しいものが食べれなくなって。
バカだね、これからが楽しかったのに。

母の言う「バカだね」が切なすぎて…。


どうか皆様、家族を大切にしてあげてください。
「いってらっしゃい」と見送って
「ただいま」と帰って来てくれることを、幸せなことだと思ってください。

それから、写真をたくさん撮ってください。
父と孫、夫婦。
子供達と一緒に、そして家族で。

父と母は、最近どこかに行くと必ず父が写真を撮ろうと言って、撮っていました。

今になってその写真が、とても嬉しいものになりました。

孫との写真はたくさんたくさん撮りました。
孫大好きだった父。
遺影の写真は七五三の時に撮ったものにしました。

私と父が一緒に写真を撮ったのも七五三のときが最後。
もっとたくさん撮ればよかった、と思いました。

家族で出掛けても、夫は
「写真撮ってあげる」
と言って私と子供達だけの写真になります。
今度からは、みんなでちゃんと撮ろうと思いました。

写真は、一番の思い出です。

優しくて、厳しくて、だけど大好きだった父。
きっと今頃、昔飼っていた愛犬と天国で散歩でもしているのでしょう。

父の父と再会して、
「早すぎるわ!」
って怒られていることでしょう。


喧嘩は、するだけ損だね。
仲良く生きていこうね。

夫に言われました。

喧嘩別れはしたくないよ、と。

いつ何があるかわからない。
そのときに喧嘩してたら後が辛い。

もし喧嘩をしても、すぐに許せるようになりたいと思いました。

子供達にしても、怒ったらそのあと必ず抱き締めてあげてね、と。
(夫はあまり怒らないので、主に私)


遺された私達が、これからどう生きていくか。
母を支え、家族を大切にして、頑張って生きていきたいと思います。

ダラダラとまとまりのない文章になってしまいましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。

しばらくは、ブログが書けないかもしれません。
もう少し落ち着いたら、また始めたいと思います。
涼さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/04/22 05:04
おはようございます。

さっそくですが、
ついに、、、

感音難聴が治りました(  ;∀;)!!!

ステロイドを飲み始めても一向に良くなる気配なく、むしろ悪化してない…?と思っていた今週。

木曜日には頭痛、眩暈のようなグラグラ感まで追加され、とてもじゃないけど仕事ができる状態じゃなかったので出勤後1時間で早退させてもらいました。

寝ていて楽になるかというと、正直そうでもなく…。

頭痛に合わせて首のコリがひどく、首も激痛だったのでマッサージに行きました。

いつも行くマッサージのお店。
店員さんに症状を伝えたところ、

「ちょっと触らせてくださいね」

と、鎖骨あたりをスリスリ…。

「あぁ、詰まってますねぇ」

と。。。

「今日は少し多めにデコルテ流しましょう」

と言われ、言われるがままやってもらいました。

いつも通りの首、背中。
ほぐされるだけで気持ち良く、それだけで頭痛が軽減。

その後仰向けになり、、、

びっくりするくらいゴッリゴリと鎖骨上と鎖骨下を指先で流してくれました。

もうほんと、ゴッリゴリ。

「詰まってますねー、身体相当キツかったでしょう」

といいながら前側の首と鎖骨まわりとをゴリゴリ…ゴリゴリ…

痛い、と言わずに済むギリギリの「痛気持ちいい」をほんとにギリギリで。

店員さん曰く

「難聴は耳の中のリンパ液が溜まってる状態なので、薬でどんなにそのリンパ液を流そうとしても、鎖骨あたりのリンパが詰まってたら、流れ先がなくてどんどん溜まっていっちゃうんで治りにくくなるんですよ」

と。
リンパなんて気にしたこともなく、首が痛くても鎖骨は気にしたことがなかったのでびっくり。

そして60分のマッサージが終わって座ったところ

「え…頭痛も耳鳴りもなくなってる」

頭痛は完全になくなっており、毎日消えることのなかったボイラー音のような耳鳴りもほとんど聞こえない状態。

これにはびっくり。
マジでびっくり。

店員さんに、お風呂でもう一回鎖骨あたりを流してみてくださいね。できれば毎日続けるだけでだいぶ違いますよ。

と言われたので、夜にお風呂でもう一度鎖骨まわりのマッサージをしたところ…

血流も良くなったからか、完全に耳鳴りがなくなりました。

今まで響きすぎて不快だったテレビの音。
二重に聞こえていた子供達の声。
スーパーなんて行けば、音が多過ぎて、目の前の店員さんの声がちゃんと聞き取れない、わからない状態だった私の耳が!!!

クリアに聞こえる感動!!!!!

首コリや肩こりも感音難聴の原因になる、とは病院でも言われていましたが、

まさか鎖骨付近のリンパを流せば治りやすいとは全く考えてませんでした!

マッサージ店のお姉さん、神かと思いました。
定期的にオイルリンパマッサージされるのがいいかもしれないですよ、と言われたのでしばらくは2〜3ヶ月に1回行こうと思います。

感音難聴、もう再発したくないので!!!

11月に突発性難聴をやり、それは2週間で完治したのに、年明けから約3ヶ月間耳鳴りが消えず最終的にステロイド治療までしました。

耳が聞こえないって、意外と大変。
そして当たり前のようで、耳が聞こえるってすごく幸せ。

30歳も過ぎて、今までのような体調管理では身体がついていかないこともしばしば。

感音難聴の原因になりやすいと言われているストレス。
溜めるなって言われても無理ですし。

働き盛りの子育て世代。
「気持ちにゆとりを持ってストレス軽減させましょう」
とかどうやって(笑)

だから、1日お休みをもらって
自分の身体を労るためにマッサージへ行く。

私は定期的に実行しようと思います。

夫からも行くようにして、と言われましたし\(^^)/

妻であり、母である私の体調不良は、家族にとってプラスになることは何もなく。

むしろ金銭的にもマイナスばかり。

夫に
「お前が笑ってないと、みんなが笑えない」
と言われました。

そりゃそうだ。
私が常に怒ってたり、しんどい顔をしてたら子供達も思いっきり笑えないですよね。

大切な家族を守るために、
私も体調管理を頑張っていこうと思います!

ブログに書きたいこともたくさん!
早く通常運転にならなきゃ\(^^)/

皆様も体調にはお気をつけください。
もし、難聴になりましたら、病院に行くと共にマッサージorリンパマッサージに行かれることをオススメします。

薬の効きや、マッサージに関しても、私はこれで治ったのですが全員がこれで治るわけではないと思います。

感音難聴は、原因不明なことも多く、肩こりや不眠、ストレスが原因だと病院でも言われました。

薬だけで治る人もいれば、治らない人もいる。
医師からも「右耳も左耳もやる人は珍しい」と言われた今回。

あくまで個人の感想ですので、リンパマッサージしたら絶対治る!というわけではないので、参考程度に知っておいてもらえたら…と思います(  ^∀^)

ではでは、最後まで読んでくださり、ありがとうございましたm(__)m
涼さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/04/14 15:53
こんにちは。
ようやく週末…ですが、夫は仕事。

ここのところ、感音難聴が悪化し、今週からステロイドを飲み始めたのですが、最初の二日間は副作用がツラく仕事を早退しました。

それでも残業続きで早く帰って来てくれない夫にイライラ。
助けてほしい時に助けてくれない夫ならいらない…と、割と本気で思うくらいには参っていました。

昨日になってようやく早く帰って来てくれて、子供達をお風呂に入れてくれたり洗濯をしてくれたり…と、色々やってくれて、少し気持ちが楽になりました。


3月末に職場で仲がよかった方が若くして病気で亡くなりました。

そこらへんから、気持ちが悪いほうへ悪いほうへ引っ張られるように悲しいこと、嫌なことが続きました。

今、生きている時間を大切にしなくてはいけない。
少しでも笑って過ごしたい。

そう思っていても、

喧嘩ばかりする子供達に、
残業続きで帰って来てくれない夫に、
忙しい仕事に、
良くならない体調に、

イライライライライライラ…


そんな不調をどうにかしたくて、花を買いました。

夫が買ってくれないんで、自分で。
E58699E79C9FE381B5E38293E3828FE3828A_20180411_180553.jpg

明るくなれそうな、オレンジ色。
600円だったのですが、500円分の商品券を使って100円で購入しました。

家に帰って、キッチンに飾ると、少しだけほっこり。

色々なことに気付いてくれる息子は、家に帰って来てすぐに
「あっ、お花!キレイだねー」
と言ってくれました。

ちなみに、夫が気付いたのは花を飾って3日後でした。。。


ステロイドの副作用も少し落ち着き、だけどまだ難聴が良くなった感じは全然なく(  ;∀;)
長引きすぎてて治るのか心配で仕方ないのですが、少しずつ気持ちは上を向いています。

悩みも色々尽きませんが、
少しでも毎日を楽しめるように

頑張りたいと思います!

しばらくブログすら開けない状態だっまのですが、今日からまた少しずつ再開していきます\(^^)/
涼さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ