2017/09/08 00:00
アートの島である直島・豊島を子連れで観光してみて、
宿泊施設や軽食を食べに寄った施設は、どこも子連れに優しく気兼ねなく過ごせました。
しかし、アート観賞の場では少し難しい面もあるなと感じました。
「静寂」をアートとする作品。
「暗闇」をアートとする作品。
どれも子供が苦手とすることです>_<
子連れと子連れでない人がお互いに気持ちよく過ごせるよう、
屋内の作品の中では子供が声を出し始めたらサッと席を外す、
屋外の作品では思いっ切り楽しむというメリハリが大切だと感じました(*´ω`*)

当たり前のことなのですが、今回はアート観賞の場だったので、特に強く思いました。

IMG_1346.JPGIMG_1354-26fbe.JPGIMG_1348-41beb.JPG
IMG_1406.JPG
写真は直島の李禹煥美術館と、豊島のマルチバスケットボール。
1歳児の記憶には残らないかもしれないけれど、
綺麗な景色を見たこと、風が気持ちよかったこと、家族が揃って笑い合ったこと、、少しでも何か心に残ればいいなぁと思います。
※写真は撮影可の場所であり、了承を得ています。
Akimsさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)