2018/01/17 00:00
ベビーサインというものをご存知でしょうか?
手話みたいなもので、まだまだ言葉が上手く喋れない0歳児や1歳児とボディランゲージでコミュニケーションがとれるようになるものです。
体感としては0歳から始める人が多いのですが、私は引越しなどの兼ね合いで1歳1ヶ月から始めました。
周りは0歳児ちゃんばかりで、少し始めるのが遅かったかな・・・と思ったのですが、実際は全然そんなことはありませんでした
先生曰く、ベビーサインを教えて赤ちゃんがそれをできるようになるまで、
0歳後期→数ヶ月
1歳     →早かったら数日
とのことであり、私の子供もあっという間に沢山のベビーサインを習得してくれました
すぐに効果がみれるので、教えていてもとても楽しかったです(o^^o)


ただ、よく言われるベビーサインを教えるデメリットが「言葉が遅れることがある」というもの。
この真意は定かではありませんが、
私の一歳半の子供はちゃんとベビーサインを覚えたあとに言葉を覚えたものもあります。
例〕靴 バナナ など

そして、未だにベビーサインだけのもの
例〕りんご みかん ぶどう など

なぜか果物ばかりですが笑、これらがベビーサインを教えてなかったらすでに喋れるようになっていたのかは分かりません(^^;)

しかし、今のところ全体を通して言葉が遅いなどは感じないので、これからもベビーサインと言葉を並行して教えていくつもりです
E8DD1023-054E-458C-BE63-B0D0B845ECD4.png

これは「おいしい」のサインをしているところです

振り向いたら、いっちょまえに足を組んでソファに寝転がりおせんべいを食べていたので笑ってしまいました

朝のバタバタの時だったので、オムツを替えたあとそのままになっていて申し訳ないです
Akimsさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/12/08 14:55
出産したら子育て情報誌などを通じて色々な広告が目に入ってくるようになります。
その中の1つが英語教材。

高額なので購入する時に夫婦揃ってとても勇気を振り絞りました・・・笑

ただ、私も主人も大学受験を経験してるけど英語はほとんど話せなかったり、

主人も仕事でたまに英語が必要なのでとても悪戦苦闘してたり、、

私も外国人の方に道を尋ねられた時に上手く教えてあげられなくて歯がゆい思いをしたり

英語が喋れたらいいなぁと思ったことが今まで何度もありました。

なので、子供には英語に苦手意識を持って欲しくないその思いで購入を決意しました。
A899E33D-70F5-41A4-9776-D89056A0584F.jpeg

息子が1歳1ヶ月の時に購入し、現在は1歳5ヶ月。

4ヶ月間、車移動の時にCDを流したり家でDVDを流していました。

すると段々と効果が現れてきて、DVDの真似がいくつかできるようになりました

「close your eyes」と言ったら目を隠したり、
「turn yourself around」と言うとグルグルその場で回ったりできるようになりました

何より、DVDを楽しそうにしてる観ている息子を見ると買ってよかったなぁという気持ちになります(о´∀`о)

犬のキャラクターがでてきた時は「わんわん!」、猫のキャラクターがでてきた時は「にゃーん!」と思いっきり日本語で反応していますが笑

吸収力が凄い1歳児、これからも目が離せません
Akimsさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/08/24 00:00
学力や年収が高い人は本が好きな人が多い、ということが明らかになっているようです。
もちろん、学力が高い=人間性が素晴らしい、年収が高い=幸せ が必ずしも成り立つものではないと私は思っています。

しかし、読書をするということに関してメリットしか思いつかないんですよね
読解力、語彙力、想像力、沢山の力が身につき知識がより深まり、感情が豊かになる・・・。

と、偉そうに申し上げましたが、恥ずかしながら私自身は教科書くらいしか本を読まずに育ってきてしまいました^^;
でもそれを後悔してます。
もっと多感な子供時代に心を震わせられるような本に出会いたかった、、色んな世界があることを知り自分の可能性や思考の幅を広げたかった、、などきりがありません。

そこで、子供には後悔して欲しくないので絵本を読み聞かせすることで読書へ興味を持ってほしいと考えています。

最近購入したのはこちら。
IMG_0887.JPG
東京大学あかちゃんラボが創刊した赤ちゃんのための絵本。

赤ちゃん投票で選ばれたキャラクターが登場するなど、赤ちゃんの赤ちゃんによる赤ちゃんのための絵本!という感じです

左の「もいもい」から「うるしー」に向かって、対象年齢が高くなっていくようなんですが、
おもしろいことに、1歳1ヶ月の息子は
もいもい→笑う
モイモイとキーリー→不思議そうに興味深く眺める
うるしー→まだあまり興味ない
という感じで反応が違うんです(=゚ω゚)ノ

これからどう反応が変化していくのか、楽しみです。

息子にとって、そして皆さんのお子さんにとっても運命の一冊となりますよう願いを込めて今日のブログを投稿します(*´꒳`*)
Akimsさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ