2019/03/26 09:34



 息子、自転車に乗れるようになりました。


 春休み中に乗れるようになっとくか〜


 なんて言ってたら、練習を始めてすぐに乗れるように。


 補助輪を外したのは去年なんですが、すぐ諦めて放置したままだった自転車。


 筋力と気力とやる気のタイミングが合ったのか、労せずして

 自転車に乗れない息子

 から

 自転車に乗れる息子

 に、クラスチェンジしました。





 よーし、頑張ったからご褒美だ!


 ということで食べたがっていた物を食べさせてあげようとスーパーへ。


「ウナギが食べたい」


 と言ってたんです。


 私はウナギが好きなわけではないので、夏の丑の日に夫のために出すメニュー。


 しかし息子が食べたいというのだから、今日はこれにしよう。


 ちょうど1100円で立派なウナギを売っていたので(国産じゃないけど)、これを購入。


 さぞ喜ぶであろうと食卓へ。



「ウナギだー! やったあ!」


 おうおう喜んどるやんけ。


 豚コマ2パック、大きいのが買える値段だけどまぁお祝いだし、よかったよかった。


 そう思いながら見ている母。


 一口食べた息子、固まる。 


 ……ん?


「……骨がある……」


 明らかなペース&テンションのダウン。





 こ……こいつぁ……


 こいつぁ失策だったんでは……?


 鶏もも肉で唐揚げ揚げたほうが良かったのでは?


 


 息子の感想としては


「味は好きだけど、骨があるからもういいかな〜」


 でした。

 
 高い物を食べさせた時に限って反応が悪い。


 うん。


 子供には、

 体に良いものは食べさせるべき、

 高い物は大人になってその価値も込みで味わうことができるようになってから食べさせるべき、


 と、思いました。


 ウナギ、もう買わない。


 ちなみに息子がなぜウナギを食べたいと言ったのか考えましたら、ハマっているアニメの主人公がうな重を食べたがる描写があったんですよね。


 本とかアニメで見る食べ物の美味しそうさ加減って、その人の想像力と食いしん坊さによって天井知らずですよねぇ。


 長くつ下のピッピが床いっぱいに広げて作ったジンジャークッキー、憧れだったなぁ。


 ふしぎなかぎばぁさんのポークソテーは輝くように美味しそうだった。

 お料理絵本のわかったさん、こまったさんシリーズはそんな私の心をガッチリ掴んでくれました。


 うん。


 だからわかるよ、ウナギが美味しそうに感じた気持ちは。


 もう買わないけど。



IMG_20190326_081251.jpg
 
 残ったウナギのタレでナスとピーマン、鶏もも肉を焼いて夫のお弁当に。


 鶏もも肉、美味しいです。


 私はウナギより鶏もも肉ですわ……。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)