2019/09/16 19:16


 思いついたら45リットルビニール袋を片手に断捨離していく三田です。


 が、何でもかんでも捨てるわけではなく、自分の物を捨てます。
 大して無いと思っても、細々と溜まっていくのが「物」。
 秋冬に向けてまた服の断捨離をせねばなりません。


 夏休み中は子供達のおもちゃをちょっと整理しました。
 今まではとりあえず置いておこうで無理矢理片付けてましたが、流石にもう使わない赤ちゃん用のおもちゃなどは処分しました。
 思い出は胸の中、実物が無くともいつも共にあるのです。




 とまぁ色々言い訳しながらも断捨離を遂行していくわけですが、夫の物は触りません。


 2DKのうちの4畳半1部屋を夫の部屋にしているので(贅沢〜)そこに夫の服以外の全てが入っているのですが、まぁえらいこっちゃです。


 ゲーマーで機械に拘ると聞いただけで同じような旦那様がいらっしゃる方には通じるかと思いますが、


 メカ!
 お前ら麺類かとつっこみたくなる程の配線!
 なぜか複数あるヘッドホンやらキーボードやらコントローラーやらの周辺機器!
 やたら分厚い技術書!
 何だか全くわからない物!


 これらが部屋を埋め尽くしております。


 触れません。


 何が必要で何がゴミか判らないのです。
 配線が抜けるのが怖いので下さい掃除機もざっくりしかかけてません。


 
 

 そんな有様ですが腹が立たないのは、夫専用の部屋があるからです。


 不可侵条約とでも言いますか、4畳半派夫の城だから、お小遣いの範囲でどうにでもしてくれい! というスタンスを取ることが可能なのです。


 個室、良い。


 私もいずれ欲しいです、3畳で良いので。


 

 
 そんな尊重されている夫ですが、現在1つだけ口を出そうかどうしようかと悩んでいるものがあります。
1568629503343_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF.jpg


 何だと思います?


 珪藻土の足拭きマットの成れの果てです。


 バッキバキですね〜。
 これ、買って1週間くらいでバキッと2つに割れまして、しかし夫は捨てる気配が無いためそのままに。
 

 で、気付いた頃にはこんな状態です。


 買う前に「割れるから嫌だ」と言ったんですが、夫はどーしても珪藻土のマットを試したかったらしく聞き入れませんでした。


 私達は今まで通りの足拭きマット、夫は珪藻土のマットを使い始めた結果、こんな感じに。
(マットが共有できなくなる事態になったために分けたのであって、お前と同じマットが使えるか! って喧嘩があった訳ではありません)


 その経緯があるため、私から捨てようと言うのは少々嫌味っぽいかなという気持ちがありまして、夫の捨てます待ちなんですが……


 一向にその気配が無い……。





 結局、バキバキの珪藻土の上にいつものバスマットをひいて使ってます。


 人の物は難しいですよねぇ。


 夫が結婚前に買ったというコートと、義祖母が作ってくださったという半纏。
 両方とも着ているところを見た事はありませんが、ちゃんと置いてあります。


 場所は取っても人の物は大事に置いておくのも愛情かなということで、今年もそれらはその儘です。




 珪藻土は脱臭効果もあるらしいので、押入れとかの脱臭剤代わりにしてみる? とでも話を振りましょうかどうしましょうか。


 子供含め誰も何も言わないんですけど。


 バッキバキなんだけどな〜。






 育児やポイ活なんかの絵日記を描いてます。
 

 ツイッターアカウントも作りました。
 これは私がハマるやつでした。
 没頭注意……。
 見ていただけると嬉しいです!

三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/09/06 08:00


 絶賛育児ノイローゼ気味の三田ですが、楽になったよなぁと感じる部分もあります。


 それは、お風呂!
 凄く楽になりました!


 娘の足元が頼りなかった頃は「いかにして自分の頭を洗う時間を取るか」で悪戦苦闘しましたが、今は湯船で息子と遊んでいてくれるので助かります。


 何なら背中を流してくれたりもする娘。
 泡で出てくるボディソープ(ケアセラ続けてます)が大好きで大好きで大好きで、めちゃくちゃ使われるのがちょっと痛い。

 
 

 そんなお風呂時間、私の流れは


 @お風呂のお湯を入れた桶に漂白剤が必要な洗濯物を漬ける

 40度くらいのお湯が1番漂白剤の力を発揮させると聞いたのと、朝の洗濯前に下洗いをするのが難しいという事があり、お風呂で終わらせちゃいます。


 A娘を洗って湯船に入れ、自分も頭と体を洗う


 Bそのまま風呂の壁や床を掃除

1567701924962_E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF.jpg

 今の時期だからできる事ですが、湯船に入る前に掃除できる所を終わらせちゃいます!


 ええ、全裸で!(イラストはタオル巻きました)
 

 これ、ネットの記事か小説か失念しましたが、
「妻が入浴前に裸で風呂とトイレの掃除をするのが嫌だ」
 というような話を見たんです。


 で、なんて合理的なんだ! と思いまして。


 嫌がられてる話を見て「じゃあやろう」ってのもどうかと思いますが、1日は24時間、やりたい事はたくさんある。
 となれば、全裸で風呂掃除、最高じゃないですか!
 

 壁がタイルなので目地がカビやすく、しかし時間がかかる風呂掃除は子供達がいる時にはやり辛い。

 2人が入浴中なら集中して掃除ができるわけです。

 やはり最高!

 裸で掃除をする妻が嫌なら、あなたが服着て掃除すりゃあいいじゃない、って話です。


 人には見せられないですしオススメするのもあれですが、寒くなるまではこの流れで行きます。


 冬は無理です〜、服着て掃除します。(もしくは壁などはある程度まで見ないふり……)




 

みおふぉんさんのPR記事を書かせていただいてます!
悪い顔の三田がいます。

 みおふぉんさんのバナーから見ていただけます〜。



 育児やポイ活なんかの絵日記を描いてます。
 

 ツイッターアカウントも作りました。
 これは私がハマるやつでした。
 没頭注意……。
 見ていただけると嬉しいです。


 フォローしてくださった方、ありがとうございます、ニヤニヤしてます!


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/08/06 08:00


 ここ数ヶ月で1年分の色々が起きているような気がする三田家です。


 夫の骨折、息子の手足口病から娘の手足口病、そして夫ヘ……


 そうです、夫も手足口病でした。


 大人の手足口病はキツイと聞きましたが、本人曰く


「物凄く辛かったインフルエンザよりも辛かった」


 との事。


 子供らはすぐ解熱したし、ありがたい事に口内炎が少なくて食事が採れたので元気になるのも早かったんです。

 
 夫は3日寝込みました。


 爪も剥がれそうな感じがありまして、まだまだ先が長そう……。





 と、そんな中。





 床上浸水しました。





 洗濯機の下の、洗濯槽と排水ホースを繋ぐホース(オーバーフローホースと言うらしい)が外れたんです。


 で、洗濯槽の中の水が直に床に向かって
 バシャー!
 っと排水されてしまったのです。


 いつもと違う音に気付いて様子を見に立ってびっくりですよ。


 床にぶちまけた状態では見たことのない量の水。


 大きなバケツ2杯分くらいでしょうか。


E5908DE7A7B0E69CAAE8A8ADE5AE9AE382A2E383BCE38388E383AFE383BCE382AF-d37a4.jpg


「うおわあああああああああああああ!!」 


 奇声を発しながらあるだけのタオルを床に撒き散らすも足りず、タオルケットを引っ張ってきて床に敷いて水を吸わせました。


 タオルケット優秀です、水を吸いますよ〜


 洗濯機から水が漏れたらぜひお使いください。


 さて、1番最初に浮かんだのが、階下への被害。


 
 並びに「損害賠償」の文字です。



 そして、共済と共に入った損害保険に漏水による被害への保証も入っていたことを思い出し、ちょびっとだけ救われた気持ちに。



 ちょびっとだけですけど……。
 お金以外の気持ちの問題はどうしようもないので……。




 拭き終わってダッシュで下の方の部屋を訪ねるも、お留守らしく(平日昼間じゃお仕事ですよね)会えず。



 それじゃあと団地の事務所に駆け込むも、まさかの休み。



 そんな時のための緊急時連絡先に電話してみると、本人同士でまず確認をとの事。



 確認できないんですよぉぉぉぉぉ!


『そういう場合は電話番号などを書いた手紙を入れておいていただくなどして対応していただいています』 
 

 急いで手紙を書いてドアポストに入れて、



 燃え尽きました。



 すすぎ途中の洗濯物と、空気を読んで大人しい子供達と、損害賠償と洗濯物をどうするかについて考えながらぐったりする母。



 疲れました……。


 でもそうも言ってられないので、びっしゃびしゃの洗濯物をビニール袋にジャブジャブ詰め込んでベビーカーに乗せて、コインランドリーヘ向かったのでした。



 ほんと、重なる時は重なるもんですよね〜。



 その後、下の方が電話を下さり、問題ないですよとの事!




 洗濯機は内部ホースが外れたという事で出張費込み6000円で直りました。





 被害的には最低限だったのでありがたいです。




「は? 電話番号書いたの? それ大丈夫? 悪用されたりしても平気なの? まぁ最悪電話番号変えればいいから良いけど、それで平気ならいいんじゃない」



 という仕事帰りの夫の八つ当たりの如き発言が、いっちばーんの傷を残した事件でした。 



 まぁ、このご時世ですし確かに個人情報の不安はあるけども、実際私も同じような事考えはしたけれども、言い方よ……。


 言い方があるでしょーよ、疲れてるのはわかるけどもさぁ……。





 いやーーーーー


 
 色々疲れました。



 全て丸く収まって良かったです。

三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ