2019/06/18 08:10


 100%ジュースを凍らせてかき氷を作っています。


 アレルギーの息子に着色料が不安ということで始めたのですが、夏はとにかくかき氷の出番が多いのです。


 で、そのたびにかき氷器を使い、洗い、拭いて片付けるわけなんですが……


 めんどくさい……。



 で、思い付いたんです。


 似たような道具で片付けやすい物があるじゃない、と。


 それは、おろし金。


 おろし金でかき氷を作れるかも?
 
IMG_20190617_185512.jpg
 できます!



 ジュースで作っているので、糖分が高い分氷が削れやすいんじゃないかと思うんですが(私のイメージですので正解は解らない)、



 おろし金でゴリゴリ削れます。



 しかも意外に、細かい粒子のふわっとかき氷になるんです!



 洗うのも ジャバー スイー (イメージ)
 の簡単さ。



 かき氷器を買おうと思うと値段も収納場所も悩みますが、おろし金なら100均でも買えるし収納場所も取りません。



 1パック100円ちょっとのジュースで数日はかき氷が食べられるので、コスパも良いです。



 私は強靭な肉体の持ち主なので素手で氷を掴んで削っちゃいますが、かなり冷たいです。



 アイスキャンディーみたいに割り箸かなんかを刺して凍らせて、棒部分を持って削るとか、工夫の余地はありそうです。



 しかしながら、夏に嬉しいかき氷が簡単に家にある物で作れちゃうので、



 かき氷は食べたいけど、かき氷器を買うほどじゃないんだよね〜



 という方にオススメです。




 8月で2歳になる娘が、冷蔵庫に美味しいものが入っている事を理解してしまいました。



 毎日30分おきくらいに



「だこ! だこ!(抱っこしろ) アイチ!アイチ!(アイス食わせろ)」



 と、冷蔵庫に引っ張られます。



 賢くなったなぁと驚くと同時に、引き剥がすのに苦労してます。



 冷蔵庫は子供にとっての宝箱なんだよねぇ。



 わかる。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/08 07:57


 乳アレルギー持ちがいる我が家で出ないゴミが、牛乳パックです。


 豆乳は買いますがジュースもお茶も買わないので、牛乳パック型のパックが我が家に来ることはほぼありません。


 この牛乳パック、時々学校で必要になります。


 今回は、歯磨き練習の際にうがいの水を吐き出すために持ってきてくださいとのこと。


 無いわ〜、物理的に無いわ〜。


 豆乳のパックは長方形なので、多分使い辛い。


 しょうがないから何か買おうということで、100%りんごジュースを購入しました。


 で、こうする。


IMG_20190606_172257.jpg


 凍らせて、かき氷にします。


 ついにこの季節かという感慨。


 100%ジュースのかき氷は、着色料への罪悪感が無くて良いです。


 ジュースで飲むより少量で子供の満足感が得られるのも良いところ。


 しかし。


 歯磨き練習の赤い染め出し、息子は大丈夫かと今から不安です。


「落ちない〜、落ちない〜」


 と半べそで怨霊のように歯を磨き続ける姿が見える……。


 いやいや、息子の成長を信じよう。


 今のあいつならやってくれるはずだ。


 乞うご期待! 


 親は期待する事しかできない!!

 ファイト〜☆
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/06/05 16:05


 息子、帰宅すると必ずお腹が空いています。


 市販のお菓子大好きな子供達ですが、グミやチップス系のお菓子はお腹に溜まりません。

 強いのはやはり、炭水化物。


 ホットケーキとドーナツはすぐ作れるので鉄板です。


 最近息子がハマっているのがリングドーナツ。


 乳アレルギーで市販品が食べられない息子にとって、輪っかドーナツは憧れだったのです。


 私は、レシピ通りに作りたくない面倒臭い魔人なので、最初はゆるゆるの生地をコロンと揚げた丸いドーナツばかり作ってました。


 でも、リングドーナツを羨ましそうに見る息子を見て一念発起。


 じゃー、リングドーナツにしてやろうじゃないのよさ! と、実験開始です。


 そう、目分量です。


 なぜなら、毎度計るのは絶対に面倒くさいから。


 感覚で覚えればすぐ作れるので、食べたい→いいよ、の流れが素早くできます。


 面倒くさいと思うとブレーキがかかっちゃうんですよね。





 牛乳は使えないので豆乳で、卵は解禁になったので入れます。


 小麦粉は強力粉が好きです。


 薄力粉よりもしっかりした、パンのような感覚のドーナツになります。


 薄力粉だとふわっとした感じ。


 強力粉の方が食べごたえがあるので、腹ぺこ息子にちょうど良いのです。


 卵を割ったら砂糖とアルミフリーのベーキングパウダーを入れ、混ぜる。


 そこに強力粉を入れて、混ぜる。


 ここで豆乳を入れるんですが、ちょっとずつ入れます。


 一気に入れるとゆるゆるになるので、足りないなーと思うくらいで止めて混ぜるのがコツです。


 まとまったら打ち粉をして、コップと野菜の型抜きを使ってリング状に。


 米油で揚げ焼きにすると



IMG_20190605_155751.jpg
 リングドーナツ完成です。

 揚げ焼きだから油の処理も考えなくていいし、材料さえあればリクエストされてすぐに作れます。



IMG_20190605_155929.jpg

 もっしゃー。


 息子とは喧嘩が多い分、優しい所も見せておかねばという保身。


 無いとは言い切れない、いいやむしろあり過ぎて溢れ出す!


 溢れ出す保身が産んだリングドーナツ、お腹にもっちりです。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ