2018/05/07 21:29



 夫が私の顔を見て

 「なんか疲れてるね」

 と、言います。





 多分ね

 連休で疲れないお母さんっていないと思うんだよね

 多分ね!

 多分だけど!




 
 私は疲れました。

 自覚しているより疲れているらしく、

 今日の幼稚園のお迎え、

 時間を15分間違えました……!

 びっくりです。

 4月の1ヶ月間時間通りに通っていたはずなのに、

 本気で

 15分遅い時間がお迎えだと思ってました。

 14時15分解散なのに、着いたのは14時30分。

 すれ違ったお母さんに言われて気付く自分の遅刻。

 サザエさん的うっかりです。

 ありえない……!





 ほんっとに、びっくりしました。

 休みボケにしてはボケ過ぎではないかと不安になるわけですが、

 明日は明日の風が吹く。

 遅刻しないように気を付けます。





 「なんで遅れたか言ってくれたからいいんだよ。来てくれたからもういいよ。」

 息子が優しくてますます申し訳なくなりつつも、

 感情のコップがすでに一杯らしく、ちょっとの事で苛立って怒る悪い母。

 どうしたもんか、本格的に悩んでます。

 流しにザバっと捨てられたら良いのですが、そういうの下手くそなんです。

 息抜きの仕方が解らない。

 最近常に肩に力が入っているし、食いしばりで顎が痛い。

 とりあえず、肩のストレッチをして寝ます。

 皆様、連休お疲れ様でした。

 たっかい栄養ドリンクとか飲んでみようかしら。

IMG_20180507_212739.jpg
 ちょびちょび読んでます。

 娘に引きちぎられそうになりながら。
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/18 16:53




 基礎体温、測ってますか?

 私はハタチそこそこの時に1年ほど生理が止まりました。

 拒食状態で酒ばかり飲むという洒落にならない状況だった時期でして、

 止まる理由は自分で解っていましたが、

 流石に婦人科にかかりました。

 その時に言われて数週間測った……か測らなかったか、それが最初で最後の基礎体温測定です。





 最近、婦人体温計を買ってアプリを入れて基礎体温表を付け始めました。

 まだ授乳中で、1度は生理が来たものの、それ以降来ていません。

 グラフもフニャフニャしてます。

 『起きたらすぐに、寝返りも打たず、極力動かずに舌の下に体温計を挟む』

 このミッションがなかなかのプレッシャーで、朝5時過ぎに目が覚めるようになりました。

 一石二鳥感があります。
 




 なぜ今基礎体温を測定しだしたかと言うと、私が女性ホルモンに踊らされているからです。
 




 生理痛はありません。

 生理の間は元気です。

 しかし月に1度、1〜3日ほど精神が荒海のごとく荒れる時期があるのです。

 死ぬか殺すか別れるか、くらいの黒く重く熱く粘っこい物が腹の中で渦を巻き、

 しかし血圧は低いらしく、家事はできるものの頭は働かないし

 口が動かないから話したくない。

 子供に対して腹が立って仕方なく、夫とは離婚しかないのではないかと思い詰める。

 で、その時期が終わると

 ぱーーーーーーーーーーーーーーーーっと

 晴れ渡るんです。

 すべてがクリアに。

 何なら薄桃色に色付いて見えるほど。

 世界はラブ&ピースで成り立っておりますから、子供は可愛い夫は愛しい。

 私の人生華だらけ。

 この上下の波が、しんどくてしんどくてしんどくて。

 特に子供に対しての気持ちがどうにもならず。

 息子の方にきつく当たってしまうのです。

 申し訳ないやら情けないやらしんどいやら苦しいやら。
 




 確実にホルモンの関係なので、まずは自分の体のサイクルを掴もうと試みているのです。

 婦人科に相談しようと思っていた矢先に妊娠出産したので延び延びになっているのですが、

 基礎体温表を携えて婦人科の戸を叩こうと思っています。

 今の時点でこんなに不安定になるということで、更年期も不安なんです。

 子供達の思春期と私の更年期がぶつかるんですよね。多分。

 ホルモンとホルモンのぶつかり合いですよ。

 血で血を洗う予感がプンプンするわけです。

 精神的な殴り合いのゴングの音が聞こえてくる。

 ホルモンに翻弄される先輩として、準備をしておかねばと思っているのです。

 PMSについての相談で……ということになるのでしょうか。

 カウンセリングのしっかりした病院(近所だとなお嬉しい)に会えればいいのですが。

IMG_20180318_162420.jpg

 娘や、君もいずれ苦しむかもしれない。

 母、対処法を調べとくからね。


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/18 06:59


 発見と言うよりは再確認なのですが。

 私、腰痛持ちです。




 1番初めの記憶は20代。

 引っ越しの前日から腰が痛んで、当日は使い物になりませんでした。

 その後はあまり気になる事もなく過ぎたものの、
 
 息子の産後から、ずーっと腰痛とお友達になりました。



 授乳中の姿勢の悪さ、頻繁なおむつ替えと抱っこの連続、骨盤も開く。

 そりゃ腰も痛くなるよ〜、と思ってましたが

 私の腰痛の種は、もっと昔から延々と蒔き続けられていたのです。

 
 
 それは、



 膝を使わない生活のせい!




 です。



 普通、下の物を取る時には屈みます。

 膝を曲げて屈んで、全身で物を持ち上げる。

 私はと言うと、腰を曲げて前屈姿勢で物を取ります。

 で、腰の力で物を持ち上げる。

 屈むのが面倒で、小さい時からずーっとこのスタイルです。

 


 これ、腰に莫大な負担がかかる訳でして。

 昔、腰痛で死ぬほど悩んだ(一時は本気で死ぬと思っていたらしい)父が言ってました。

 「物を持つ時は膝で持て」

 へ〜、そうなんだ〜

 くらいで聞き流してましたが、

 経験者の意見はやはり大事ですね。

 反省しました…。



 最近は、軽い物を拾う時にも下まで屈みます。

 スクワットにもなって一石二鳥。

 大事にしているせいか、腰も機嫌が良いです。

 あとは、腹筋と背筋も鍛えると良いんでしょうねぇ……。

 「女性の割れた腹筋、憧れる! 割りたい!」

 と、昨日ママ友さんと話したんですが、

 現在の私の掴める腹肉が筋肉になったら、

 めっちゃくちゃマッシブ……。

 ……………………。

 さぁ、今日も頑張っていこう!
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ