2018/09/20 07:00



 今一番惚れている男に会いに、赤坂に行ってきました。



 赤坂。東京っぽい。



 10年以上住んでいるけど縁が無い赤坂に、久々に独りで乗った電車で向かいました。




 独り。
 自分のペースで歩けるし、グズりの心配をすることも無く、なんと言ってもバッグが小さい物でいい!



 
 幸せと緊張を胸いっぱいに、晴れた空の下を歩きました。



 
 惚れた俳優さんの二人舞台を観劇するために。




 小劇場で二人舞台!
 日曜の14時からなら、子供を頼めば行ける!




 今までなら絶対に我慢して諦めていたけれど、今回は違う。
 行かなきゃ駄目だと思った。




 神様がご褒美をくださったんだなという瞬間が、人生にはあります。



 気付けるかどうか、受け取れるかどうかはその人次第ですが、救い自体は必ずある。



 
 場所も日時も金額も手が届く二人舞台なんて、二度と無いかもしれない。
 これはもう、神様が行って来いと言っている。
 行くしかない。




 という事で、夫に子守を要請して了解を取りました。
 飲み会だ合宿だ何だかんだの間の子守は私1人な訳だから、たまには良いのだ!
 と、思えるようになった私は偉い。
 偉い。




 発売日の販売開始直後に申し込んだ席は、2列目真ん中。
 
 


 もう、世界中の全てに感謝の気持ち。
 1人観劇なんて、結婚以来初ですもん。




 スマホの電源を切った時の
「後は全部任せたぞ」
 という開放感。



 
 からの、至近距離での舞台演劇。




 全身の細胞が生き還りました。




 好きな俳優さんだからと観に行きましたが、ストーリーが素晴らしくて惹き込まれ、脳味噌がフル回転。



 ヒトラーの下での狂乱のドイツが舞台でした。
 小説の舞台化なので原作があります。

 ストーリーの中では枝葉なのですが、




「女には子供を産ませておけばいい。妊娠出産子育てで忙しく、何を考える暇もなくなるから」




 というような台詞が刺さりました。
 何だと、こんにゃろ!
 と思うと同時に、
 確かに現在そうなってしまっている自覚があるから。



 忙しさを言い訳にし始めたら、生きている限り一生忙しいから、死ぬまで文句ばかり言うであろう自分。




 サンキュ! で時短や楽に家事をこなすポイントを実践しつつ、隙間の時間で情報を集めたり、考えたり、話したり書いたり、学んで動いていかなきゃ錆びついてしまう!

 


 惚れた男に会いに行ったはずが、
『脳天直撃&往復ビンタからの背中に平手打ち』
 で帰ってきました。




 いやー、週イチとは言わないけども、月イチで行きたい1人映画1人舞台。




 働いて稼いで遊びたい!
 という欲が出てきますね。
 欲望は人を生かす!
 欲望、大事です!


三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/05 13:25



 お正月はのんびりしてるよね〜

 と、夫。

 今回は帰省しなかったので、たしかにのんびりしてました。

 気持ちはね。

 気持ちはね?

 肉体的には朝から晩から深夜の授乳まで、通常営業でしたよ?

 そんな正月。




 行ってきたのは


IMG_20180105_114441.jpg

 ウルトラマンの冬の祭典です。

 まーーーーーーーーー格好いい。

 バク転、跳び蹴り(テレビのままのヒーロースタイル)、決まりまくるポーズ。

 いつもゼロ歳児と5歳児の動きしか見ていないので、

 身体能力の高い人の動きを間近で見ると感動します。

 人体ってこんなに躍動するのか!と。




 人体というか、ウルトラマンなんですけどね。

 さすがウルトラマン。

 息子は年末から仮面ライダーに傾倒しているので、次は仮面ライダーを追っかける事になるのでしょうか……。




 舞台、観に行きたいなぁ。

 1人で集中して観劇したい。

 映画も観たい、1人で観たい。

 1人でカラオケに行って叫びたい。



 今の、ささやかで大きな夢です。

 1人カラオケ1時間くらいはなんとかなるのではないか。

 できれば2時間、いけるのではないか。

 夫の力、お借りします!

 
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ