2018/08/29 12:00



 今日で夏休みが終わりました!



 うおおおおおおお! 終ったあああああ!




 今年の夏休みは長かった。
 暑すぎて外遊びが思うように出来ず、ストレスの溜まる夏休みでした。



 それでもけっこう外で遊んでたんですけど(室内にこもると煩くてイライラしてしまうので)、


1歳ゼロヶ月の娘ともうすぐ6歳の息子では遊びが違い、




 遊べる場所も難しく(児童館は冷房がきいているものの、年長児が遊ぶには窮屈で)



 かといってお金が掛かる場所にばかり行くのは無理だし(それでも夫と息子だけでのプールは何度か行きました)



 せめて毎日30℃なら走り回って遊ぶのに!
 と、汗だくの毎日でした。





 そんな夏休み、宿題がありました。




 親の宿題です。



 それは、週間日記を書く事。

 子供の様子を1週間ごとに日記にする事です。




 溜めに溜めた三田、最終日の昨日まとめて書きました。




 私、夏休みの宿題は最後にやる方でした。




 読書感想文は大好きですぐ終わり、工作もわりとサクッと作り終えて、ワークはまとめて終わらせちゃう。




 嫌いなのは、毎日コツコツ系の物でした。

 天気を毎日書き込んで、その日何をしたのか1行書く。

 日記を書く。

 これです。苦手2大宿題。




 絶対毎日やらないので、最終週辺りにまとめて書くことになります。




 当然天気なんか覚えてないので、友達に聞くか、適当に書くかになります。



「夏だからほぼ晴れにしといて、たまに曇りと雨入れとこう」

 みたいな書き方でした。




 日記は、書くこと自体は苦にならないので楽しく書きましたが、鉛筆の芯の太さが同じだとまとめ書きがバレるので、




 尖った物から丸まった物まで数本を並べて、ランダムに持ち替えながら書きます。




 漢字の書き取りとかもそんな感じで書いていたような記憶が。




 休みの間も学校と同じように毎日勉強することで習慣をつける、というのも宿題の目的なのかなと思うのですが、




 全く無意味なものにしてしまう小学生の自分。




 中学時代はソフトボール部で忙しく、高校時代は演劇部で忙しく、宿題の記憶がありません。




 気が小さいので提出は確実にしているから、やってはいたんですよね。




 友達と町の小さな図書館で宿題やったような記憶がちょこっとだけあるような?


 

 子供にはちゃんと勉強してほしいけど、自分がこの調子なので



 勉強のやり方が解らない。



 本を読むのは好きだから、知識が増えると世の中の見え方が面白くなるよ、というのは実感として伝えられるけど、



 テスト対策はこうやった! とか、ノートはこうまとめると頭に入りやすい! とか、そういう実利のある教えはできない。




 だからみんな、塾へ行くのね。




 私が教えられるのは、




 まとめて宿題やるなら鉛筆を何本か用意して、筆圧も変えて書けって事ぐらい。




 どーしょーもない……どーしょーもないです……。




 どっこい生きてる三田とりの。




 夏休みお疲れ様のご褒美で、フラフラと散歩に行きます!
 本屋! 1人(娘はくっついてるけど)で集中して本屋を見たい!




 母の胸で眠れ、娘よ

IMG_20180827_160115.jpg
三田とりのさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ