2019/05/26 07:00

おはようございます!

 

我が家の不登校児、

小児心療内科を断固拒否!



結局、主人が一人で行ってきました。

 

【小児心療内科へ行くことになった経緯はこちら】


★その1

 

★その2

 

★自己紹介はこちら★

 

一人で病院へ行った主人ですが、クリニックの先生に不登校の長男君の生活や様子を伝えると、このように言われたそうです。

 

●朝もしっかり起きられていて、夜もぐっすり眠れている。家族みんなで食事も出来ているし、病院に来ても出す薬がない。次回の予約もしなくて良いし、病院に来なくて大丈夫

 



●中学校は、行かなくても卒業できるから大丈夫



 

●勉強の遅れが心配なら、家庭教師をつければいい



 

●誰か第三者の人が彼に関われると良い

(家族には話しにくい事も話せる人の必要性)



 

●今は家にいて楽しいかもしれないけど、彼の無限の可能性が勿体ないから学校に行けたら良いね





 

以上!!

 

明解!!明快!!

 



私たち親チームも、そのように考えていたけれども、子供の人生や命を守る立場としては、その選択や価値観が正しいのか、日々自問自答し、不安になります



(独り言:書いていて自分の文章に違和感を感じたのですが“子供の人生は子供の物で、彼の幸、不幸を親が決める事じゃない”分かっているけど、やっぱり「子供の人生や命を守る立場」なんて言葉が、出てきたりするんですよね。独り言終わり)

 

第三者の専門家に、そのように言ってもらえて、正直ホッとしました

 

 

その頃、長男君は病院に行けなかったこと、また病院へ連れて行かれるのでは?と言う不安からか、久しぶりに「欝々」「イライラ」としていました。

 

 

反抗的な態度で、朝もリビングへ顔を出さず、私が毎朝作り置いて行くお弁当も「俺は弁当なんか本当は嫌いだ!食べたくない」とカップラーメンを食べたり

 

(そんな日に限って彼の大好物のオムライスとハンバーグ弁当()「俺は大好きなオムライスもハンバーグも食べないぞ!」と言う3才児なみの反抗が可愛い()

 



彼は実父(主人)には、安心して思う存分に反抗的な態度をとっているので、主人の話には聞く耳持たず!


そこで、継母の私が彼の様子を見て、クリニックでの話をしました。

(ある意味、第三者的な存在の継母。親しき中にも礼儀あり!で良い距離感なのです。昔はそれを「溝」と呼びましたが、最近は良い距離感)




すると、とてもホッとした様子で、時折嬉しそうに話を聞いていました。

 

彼もクリニックの先生に「大丈夫」と言ってもらい安心したようです




結局、不登校の解決策は今回も見つからず、振り出しに戻っただけなのですが、確かな事は一つ

 


「我が家の不登校児は、一生家から出ないで、引きこもっているかもしれない!」なんて言う不確かな未来を想像して、無駄に嘆くのは馬鹿げている!


「今日、彼は笑顔で幸せだ」と言う事実を認めず、ありもしない最悪の未来を描き、勝手に不安になって、幸せな今を見る事が出来ない方が悲しい

 


なんだか、そんな風に思いました





taemiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
acoさま

励ましのコメントありがとうございます!
嬉しいです!

一進一退ですが、末長く見守っていきます(^-^;

毎日、炎天下ですのでご自愛下さいね♪
by taemi 2019/05/26
こんにちは(^^)

投薬なしでいい というのは 良かったですね!
心療内科で出される薬は 副作用がひどい物も多いので
実は心配しておりました。

私事ですが 不登校・引きこもりだった知人のお嬢さんが今 夫に懐いています(笑)
絵を描くのが好き という共通点がきっかけになったようです。
・第三者がかかわれると良い という部分ですね。


夫は自営業なので 職場見学から始まり 見ているだけじゃなくて 手伝ってみようかな となり
今では 薬が減り 病院から「お仕事紹介しましょうか?」と言われるほどになりました。

あくまでも 一例ですが そんな未来もあるんだな〜
と 思ったいただければ。

> 安心して思う存分に反抗的な態度をとっているので、

大変かと思いますが 安心できる場所があるってステキです♪

aco
by aco 2019/05/26