2018/03/24 08:14

2B3FB2D5-B143-4E80-81D4-ACC9E2DF19A0.jpeg


キャン☆ドゥで水切りカゴを使っています。


目が粗いので、水も溜まりにくいし、洗いやすいし、中も見えます。

でも、一点だけ困ることがありました。


カトラリー立てがありません。


CD8631CC-E4BC-4BF4-A9D3-1BF235EF31EE.jpeg

その網目の大きさがゆえ、小さなフォークや、箸が、ちょっと雑に入れると、すこーんと飛んでいってしまいます。

なるべく、早く拭いて片付けてしまうようにしていましたが、そうもいかないも多々あり、カトラリー立てを探すことにしました。



100円ショップや雑貨屋をめぐった末、キャン☆ドゥに戻りカトラリー立てを発見。


23FCC319-2D66-45E2-BCD5-1B3F947BC2F0.jpeg


108円で「やわらか収納ポケット」。もちろん108円。



裏の吸盤がついていますが、今回は外して手持ちのカゴにセット。

2B3FB2D5-B143-4E80-81D4-ACC9E2DF19A0.jpeg

若干色味が違うのが気にならなくもないですが、よしとします。


やはり、カトラリー立てがあると便利です。


100円ショップの水切りカゴやカトラリー立ては小ぶりですが、軽くて買い替えられるのが利点。


カゴとその下に重なるトレーが別々に売られていますが、カゴとマッチするカトラリー立ても売ってくれたらいいなと思います。


水切りカゴを買うときは、カトラリー立て込みで考えたほうがいいですね。





mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/23 05:00
恩田陸「蜜蜂と遠雷」。1 の続きです。

読書感想文。


90B8A2C3-A369-444C-A8BA-B4A576D5233A.jpeg


わたしは、音楽の授業が苦手でした。


苦手なままきたので、特に授業で習うようなクラッシックにはかなりの抵抗があります。


一度それを払拭しようと買ったのが、なぜかマーラーのアダージェット。


曲の背景にあるストーリーは美しいはずなのに、ひたすらこころが不安定になる音楽。



モノにもよるけどジャズは聴くのです。


なので余計にクラッシックは予定調和の退屈な音楽という思い込みがありました。


ジャズみたいに自由じゃないので、ちょっと堅苦しいというか、重いというか。正装して集中して聴かないといけない感じ。


ものの本(この本)によると、クラシックにも「カデンツァ」と呼ばれるフリースタイルで弾いてよいパートがあるようですが、実際には事前にどう弾くかを決めておくのが通例だとのこと。

その場のノリ、即興で弾けない名ばかりの(失礼だわ)カデンツァ。なんて退屈なんでしょう。(失礼だわ)
絶対肘でピアノ弾いたりできないじゃん(アグレッシブなジャズは苦手です)。

作中では栄伝亜夜が本当に即興で弾いてのけるという技を披露しますが、他の演奏者は、あらかじめ準備をします。

各コンテスタントは、様々な制限の中で、どのように自分の世界観を表現できるか、新しいチャレンジができるか、伝えられるか、という戦いをします。あらゆる角度からのアプローチで自分だけのカデンツァを作り、弾く…そのプロセスを読むのは、とても面白かったです。


予定調和とかいってごめんなさい。



また、本選ではコンテスタントがオーケストラを従えて演奏します。
それはもう、コンテスタントがいかにオーケストラをけん引するかにかかっているというか…。

即興のセッション(本書では、栄伝亜夜と風間塵がコンクール外でやります)とは違う、ピアニストとオーケストラの駆け引き。
ピアニストの力量が問われます。
そこがまたおもしろ……(語彙ぃ!)


最後には、コンクールの審査結果が出るわけですが、奇をてらわない順位でありながら、物語として読者が納得できるようにまとめられるのはもう本当に恩田陸さんいろいろとごめんなさいなにかと煎じるので飲ませてくれませんか。

本選に残れなかったコンテスタントにも、キャラクター自身が希望や未来を感じる(だろう)結果であることも、素晴らしいと思いました。


連載物だったようで、各回にサブタイトル(っていうのかな)が付けられているのですが、それらが(全部ではないと思うのですが)様々な曲・音楽の名前で、タイトルだけでワクワクしちゃいます。
知っている曲名だと余計に。


クラシック音楽の曲名・種類・作曲者、専門用語は全く分からず、難しい単語(漢字)も調べないで勢いで読んで、
いつも通り、語彙が全く増えないままです。
あ、だいぶ前にコメント欄で知った「序破急」出てきました。

たひとりごちて、読書感想文にさえなっていませんが、

面白かった、序破急という言葉をゲットした。


長いけど素晴らしい小説でした。









mihoyamana

mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/19 05:00
読書感想文です。

恩田陸「蜜蜂と遠雷」

D7A7E5FD-AEA9-4E0B-9E29-B4E802F80406.jpeg


芳ヶ谷ピアノコンクール(国際コンクール)に出場するコンテスタント(コンクールに出る人)と、審査員、コンテスタントが師事した音楽家、家族、その他関係者をめぐる青春群像小説(ざっくり)。

ピアノ・音楽・友情・恋愛・家族エトセトラエトセトラ。
いい意味で盛りだくさんです。

話の主軸となるのは、

養蜂家の父と世界を回る流浪のピアニスト「風間塵(カザマ ジン)」、
かつて神童とあがめられながら、一度は表舞台から姿を消した「栄伝亜夜(エイデン アヤ)」、
名門音楽院から、容姿端麗・頭脳明晰、マルチな才能を持つ「マサル・カルロス・レヴィ・アナトール」、

以上3人の若き天才たち。

と、音大出身ではあるけども、今は一家の主でありサラリーマンである「高島明石(タカシマ アカシ)」28歳。

…。
この長くて複雑な話は、どっから作り出すんだろう?そこから気になりました。

登場人物(多い)それぞれの人生や環境、過去、経験が、コンクールを介してそれらがどんどんリンクしていきます。
緻密、緻密です。


恩田氏といえば、「夜のピクニック」くらいしか読んだことがなく、わたしはバカなので、話・内容を全部忘れているし、著者に関してもよく知らない。


申し訳ない。



もともと音楽に詳しい方だとしても、この話を書くためには、莫大な量の情報と知識が必要なはず…。

恩田陸レベルになると、きっと優秀なスタッフが全力で取材してくれるんだろうな、才能と実績があるっていいなー、と、勝手に思いながらググったら、着想後書き始めるまでに5年を要し、着手前後含め2006年〜2015年まで4回、ご本人が国際ピアノコンクール会場で朝から晩まで毎日ピアノ演奏を聴き続けたとのこと。(ソースはウィキペディア)


いろいろすみませんでした。


純粋にこれだけのボリューム、内容、絡み合うストーリーを描けるってすごい(語彙)。


いやはや、ほんとうに話自体が面白い(語彙)。



とりわけ天然天才ボーイである「風間塵」が起爆剤となり、若きコンテスタントや大人をも巻き込んで、かき乱しつつも、どんどん覚醒させていく展開は、非常におもしろ……(語彙!)


誰かしら、あるいは誰にでも、感情移入できるような気がするのは、登場人物それぞれにリアリティがあるからなんでしょうかね。自分が、誰かのどこかに重なる。度々。


同時に「天才」たちに対するピュアな憧れを、イヤミなしに感じることができます。
それには、彼らが「パーフェクトではない」ことが、影響しているのではないかと考察します。
欠点があるのではなく、違うコンテスタントが持っている「自分にはないもの」を素直に認められる能力があるところ、かな。
いや、もうその時点で超できた人じゃん。憧れというよりも尊敬かもしれない。


途中、音楽がスポーツに例えられるところがあります。
ふたつには、通ずるものがあるようです。

本来、双方芸術・表現・技術…という「枠にはめられない」ものであるはずが、一部(あるいは大部分)は一般化され、大衆化され「アトラクション」と化す。


わたしは、オリンピックで日本中が「メダルメダル」という雰囲気になるのが好きではないです。


上に書いたようにスポーツが見ている側の「娯楽」になっているようで、違和感を持つのでしょう。
熱心に観ている配偶者に言わせれば、わたしの意見などまるで的外れのようですが。


(少なくとも本書では)クラシック音楽の世界も「ポピュラリティ重視現象」が起こっているらしいです。


CDを売るための選曲、観客が求める演奏、期待や勘違いでつけられる「個性的」というレッテル…そういうのが優先されていくみたいです。オマケに、クラシック故の伝統というしがらみつき。

小説の中では、マサルが、そういう「常識」を意識的に、超越して音楽界そのものを動かしていけないかと考えているように思います。
栄伝亜夜や風間塵は、また別タイプ。


芸術家であっても、売れるか売れないか(=芸術家として認められるか、業界で食っていけるか)は、多くの場合「消費者の需要次第」ですから、観衆・ファンが期待するものを無視することはできないわけです。

制限がある中でオリジナリティとか、進化とか、開拓とかを行うのは非常に難しい。


まず、その境地にたどり着けるだけで、リアル天才なんでしょうね…。

本書で言えば、そのパイオニアは「ホフマン先生」なのかしら。



長いので、一旦終わり。
多分続く。


音楽は「プレイ」
スポーツも「プレイ」
ゲームも「プレイ」


人生はRPG。ああ、僕らはプレイヤー。
リセットできないのが、もどかしくはあるけど。



mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ