2019/05/24 14:00
40代・専業主婦、貴腐(きふ)ワインを飲む。

EFC7E3DD-8C34-4027-817A-EE0A85579040.jpeg

と、ごはんの記録。





誕生日プレゼントにもらった、ドイツの貴腐ワイン。

今世紀19回目の誕生日。」で、貴腐ワインについて


>入手したトロッケンベーレンアウスレーゼは、ドイツワインの最高等級品とのこと。
>産地は、モーゼル地方やライン地方。
>品種は、リースリングやオルテガ。

と、グーグルさんが言うことを丸めて書きました。


よくわかりません。


酒屋さんで分かりやすい説明を求めてきました。

うろ覚えのところ・間違い等あるかもしれませんが、再度備忘録として記します。

15B60B4F-B5C2-416A-B536-8A7606655E6A.jpeg

「トロッケンベーレンアウスレーゼ」

これが日本語で言う「貴腐ワイン」。


ドイツ語にされると、復活の呪文みたいですね。


ドイツのワインは法によってランク付けされているようで、その最上級に君臨するのが「貴腐ワイン」。

そのひとつ下が「アイスワイン」。


等級に従えば、アイスワインより貴腐ワインの方がおいしいということになりますが、あくまでもそれは、教科書的解釈だそうです。


ドイツワインは

甘くてなんぼ。

糖度が高けりゃよし!って部分もある、と言ってたような気がします。


なので、画一的にトロッケンベーレンアウスレーゼ(背後で何者かが復活した)がドイツワインで一番かと言えば「物による」としか言えない。


貴腐ワインもウン10年単位で寝かせたものと、若いものとで、かなり味も品質も違う。

入手したのはまだ若い貴腐ワインなので、「最高級」と呼べる品ではないようです。

熟成されたアイスワインの方がおいしいのかも。

B5124B00-5112-4721-A79A-398A1BD1D85E.jpeg


試飲をさせてもらい、とろーりとした甘みがおいしくて、納得して所望したのはわたし自身。

でも、辛口ワインを好むわたしは、開栓後3日目くらいから甘さをきつく感じるようになり、徐々に飲む量が減り、ハーフボトルを空けるのに1週間ほど要した。



やっぱり甘い。

救いは、普段お酒を飲まない配偶者が一緒に飲んでくれたことでしょうか。



食後酒的役割を担うかと思ったらそうでもなく。

これもワインの若さゆえ、食中でよいとのこと。


このワインに合うのはフォアグラ!

……急に用意できません。

そんなに好きでもないし。


それなら中華!

……分からなくもないが気分じゃない。



ブルーチーズもよろしいとのことで、青カビチーズも苦手なんですが入手。

一番手っ取り早く手に入るゴルゴンゾーラを、スーパーで買いました。


もう、何がどこの国なんだか。


チーズとトマト、生ハムとオリーブを、おかしのまちおかで70円くらいだったプレーンのラスクに乗せて食べる。

19FD0607-86A0-41EF-B985-DEB6ACE3BA2F.jpeg


ワイングラスではなく、デュラレックスの小ぶりのピカデリーで。


普通の白ワイングラスぐらいで飲むのがよいらしいのですが、あいにく持ってないので、これにしました。



チーズの残りはクリーム系ソースにして、ペンネを絡めて食す。

A3A752E7-1FD9-486B-9509-D061BE84A972.jpeg

おいしかった。


初めての貴腐ワイン。


また、美味しいワインに出会えますように。




関連記事

  今世紀19回目の誕生日。 貴腐ワインの話。

mihoyamana

mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/12 00:00
40代・専業主婦、41歳になる。

A5DB7270-923C-4A57-8EB0-72B45B28A9AD.jpeg

私事ですみません。


と、ごはんの記録。



時というのは永続的なもので、1分、1秒という「刻み」の足し算ではない。

だからわたしは、秒針がカチカチと進むタイプの時計を好まない。

絶えずグルグルと回っているのがいいです。


そんなんですので「今日から令和です」と言われても、わたしにとっては昨日の続きでしかなく、世の中のお祝いムードに追いつけない感がありました。
*Instagramのハッシュタグには便乗しました。



平成の始まりは、昭和天皇崩御の悲しみの色濃い物でした。

令和の始まりは、上皇陛下のご意向による生前譲位。

このような新時代の幕開けはめでたい、と言われれば「なーる」。

「おめでとう、令和」=天皇陛下、即位おめでとうございます。
「ありがとう、平成」=上皇陛下、平成をありがとうございました。

ということね。



中二病を引きずったまま、今世紀19回目の誕生日を迎えました。

毎年この時期は、環境変化のストレスをわたしに向かって発散する息子の対応(主にグチ聞き)と、大型連休と、学校行事と、母の日とかなんとかでともかく疲れているわたし。

今年は自分の誕生日さえ迷惑だと思いました。


しかし、もらおうプレゼント。


今年の誕生日はあらかじめ欲しい物を決めて、配偶者にねだることに。

15B60B4F-B5C2-416A-B536-8A7606655E6A.jpeg


ドイツの貴腐(きふ)ワイン。

極甘口の、金色をしたきれいなワインです。


以下、備忘録(グーグルさんが教えてくれたこと)。

入手したトロッケンベーレンアウスレーゼは、ドイツワインの最高等級品とのこと。

産地は、モーゼル地方やライン地方。

品種は、リースリングやオルテガ。


ほぼ何を言っているのか分かりません。*酒屋さんで聞いてきたので、後日書くです。



B5124B00-5112-4721-A79A-398A1BD1D85E.jpeg

配偶者は一緒に飲んでくれないので、ひとりで楽しむ。

でもどのタイミングで味わっていいか分からない。

だからまだ開栓してない。



貴腐ワインはおいておいて、今年の誕生日はワインに合いそうな、「自分が食べたい物」を作りました。


・キャロットラペ

8FF1C914-0D6E-413D-86D9-32ECEC81C81A.jpeg

にんじんサラダです。


・温野菜とトマトのジェノバソース

49DA3CB8-E43A-4602-8476-F241E0B02712.jpeg

じゃがいもとブロッコリーを茹で、トマトを切って市販のバジルソースをかける。


・エビのアヒージョ

5C4BBF73-A8EF-42C8-B003-EB5F3DD11B07.jpeg

味がぼやっとしていると思ったら、塩を入れるのを忘れていました。

バケットと一緒に。


あと、チキンのトマトクリーム煮とにんじんのしりしりを作って、

22508AA0-D53B-493E-B670-4BC3120EA0C1.jpeg

統一感のない、誕生日の夕食でした。



ひとつひとつの料理は、手の込んだものではありませんが、忙しい平日の夕方だったこともあり、食後の疲労感は20%増(前年比)。


41歳初日は、皿洗いと入浴を諦めて布団にGO。



残ったトマトクリーム煮のソースとエビは、翌日パスタにして食べた。

4B431454-02C8-47CB-9B05-9C5B53E78AFF.jpeg

現実はハードモード。

しかしながら、「おめでとう」と言ってくれた人々がいたことには、感謝しかない。

F7CE33A5-9DE7-430D-BDB7-7875CEA96B9D.jpeg
義母からは毎年プレゼント。実母からはおめでとうメール。

素直にお礼を申し上げます。

ありがとうございました。



守護星・金星、守護神・アフロディーテ。

そんなおうし座は「美(しい物)と富に見放されない」という、根拠なき自信がある。
*わたしはおうし座です。



スレンダーなボディライン、華やかなエチケット、ロマンティックなカラーリング、スイートなテイスト、フェミニンなとろみ。
*何を書いてるか不明ですが、開栓しました。

15B60B4F-B5C2-416A-B536-8A7606655E6A.jpeg

このワインのように、美しくて豊かな人生を送りたい。



時計のカチカチ秒針はイヤ。

元号の区切りはよく分からない。

でも12星座のくくりは、都合よく頂戴いたします。


あゝ楽しき40代。

おうし座オンナに幸あれ。




mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/08 14:00
40代・専業主婦、10年越しの夫婦問題がひとつ解決する。


大仰な。


方言の話です。

CE16A1E4-4159-4CA8-9871-430A0CC52176.jpeg
手羽先だみゃー。

そして、ごはんの記録。




宅の配偶者、よく

「〜したるわ」

って言ってたんです。


「洗濯物、たたんどいたるわ」
「掃除機、かけといたるわ」
「風呂、掃除しといたるで」


その「〜したる」、どうしてもカチンときていたのです。


なんで「やってあげる」ていなの?

「オレがやる」でよくない?

なんで上から言うの?


何度も疑問を投げかけるも、「そんなつもりはない」と繰り返すばかりで一向に変わらない。


子どものことまで

「オレが(息子の面倒を)見といたるわ」

って言われるんで、

おまえも親じゃろがぁぁぁぁl!
(汚口から汚言葉)

と、心中全く穏やかじゃなかったですね。


「上から目線のつもりはない」と言いながらも、どっかで「家事育児は嫁の仕事、手伝ってやるオレ」という意識が確立されてるんだろうなって思ってました。


そんな偉そうな物言いをされるなら、結構です。
わたし自分でできますから結構です。
血反吐吐いても自力でやりますから結構です。

と、けんか腰で挑み続けて数年間。


「〜したる」は、「〜する・やる」に変わりました。



お察しの通り、彼は西の方の地方出です。

DA3B3400-AA67-4AED-85AD-662E1C1D8548.jpeg

先日配偶者が

「あれは方言だったんだ」

と言い出しました。


彼曰く「〜したる」「〜しといたる」は関西方面のことばで、共通語(標準語・東京弁)でいうところの「〜する」に近い意味だそうです。
*ソースは不明。

東京ガールのわたしが思う「〜してあげる」とは、違うみたい。


方言って、独特のニュアンスを持ってるよね。


彼は「自分がやる」と言うだけで妻がキレ出す、という不条理な家庭生活を送ってきたわけですね。

なーる。

「『〜したる』は方言だ、オレは潔白だ」

晴れ晴れしい表情が今までの苦悩を物語る。

方言だろうがなんだろうが、わたしの心情的にはアウトだったから絶対謝らないけどね?


奥が深いですね、方言。

夫婦生活10年以上、またひとつ誤解が解けました。

42DE85C0-D24E-441B-9C21-2A72BFBD6F0F.jpeg
手羽元だみゃー。手前は鯛の干物。

昔、

言語に優劣はない

と教わりました。

当たり前だけど、「なーる」ってなりました。


同じ英語でも地域や国によって違いがある。

同じ日本語でもその土地の方言がある。

どれが正しい・偉いは、ないわけですから、思う存分マザーランゲージを大切にしてください。


大事にしぃや。


しかし一方で、こうも思うのです。

その場所で「最もたくさんの人と共有できる言葉」で話すのが、一番効率的ではありませんか?と。


世界では英語、東京では東京弁がたくさんの人に通じるはずなんだよおおおお。


そしてここは東京なんだよおおおお。


F54C5718-1DEE-4EE5-8FAB-3B00E7BCC50F.jpeg
くまパン。

方言「えらい」(わたしの出身地は非公開です)状態は「えらい」でしかないけど、その土地を一歩出れば、「えらい」では通じない相手が多いのも事実。


ならばことばの機微は二の次、「辛い」「疲れた」と類語に言いかえたほうが伝わりやすい。


よし、東京弁をデフォルトにしよう。


地方出身のわたしが、方言を封印して標準語にシフトしたのは、このような思想に基づいておるのです。



青緑なのか緑青なのかはこの際置いておいて、そっち系の寒色だってイメージしてもらえればいい。


そんな感じです。



言葉の優劣じゃない。

共通語としての、東京弁。

生まれも育ちも違う3人で構成されるわが家。

円滑な家庭内コミュニケーションのために、みんなで東京弁に歩み寄ろうではないか。

FB8634B9-5F21-4EB8-A392-258ED75A1810.jpeg
味は普通だった。

だ!か!ら!

「あなたが東京弁で話せばいいだけじゃないの」

と配偶者に言ったら、

東京に15年以上住んでて標準語が身につかないオレにできるわけがない

と一蹴されました。

そうだね。


西寄り配偶者、東京人息子、赤味噌文化わたし(出身地非公開)。

わが家の会話は、ちょっとしたカオスです。


息子は赤味噌を、頑なに受け入れない。

今夜のお味噌汁も、共通食文化としての、合わせです。






mihoyamana
mihoyamanaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ