2018/03/05 12:00
こんにちは、香名子です。
今日は荒れたお天気ですが日に日に春の陽気になっていますね。


昨日は動物園に行ってきました(^^)
ここ最近は息子が突発性発疹で高熱になったり
旦那さんの体調がすぐれなかったり
息子の不機嫌病(突発って不機嫌になりますよね…)に
私が参ってしまったりで、
土日はなかなかお出かけできず(^^;)
久しぶりのお出かけとなりました。

動物園は熊本地震の影響でまだ一部しか開園していません。
全ての動物を見ることはできませんが、
昨日はぽかぽか陽気だったからか家族連れで大賑わいでした。

息子は初めての動物園。
実家の犬猫は大好きだし、テレビで動物が出たら
「にゃんにゃん!」(←なぜか動物全般にゃんにゃん笑)
と言ってニコニコしているので喜んでくれるかなーと期待。

いざ動物園に着いたら、やっぱり
「にゃんにゃん」と言ってヤギをよしよししていました(^^)
他の動物たちは怖がることなくじーーーっと観察。
息子の頭の中の動物図鑑にインプットいているような感じでした。

B7238FEF-098F-4A0B-97A9-03AAF51FDB01.jpeg

せっかくだから乗り物に乗ろうとコーヒーカップに乗ってみたら
終始無表情…笑
両親だけ楽しみました(^^)

暑い中たくさん歩いたのでおうちに帰ったら爆睡。
たくさん寝たあとは旦那さんと二人でゲラゲラ笑いながら
楽しそうに遊んでいました。

これからまたあたたかくなっていくので
いろんなところにお出かけしたいな(^^)

最後まで読んでいただきありがとうございました。

香名子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/02 12:00
こんにちは、香名子です。
現在「育児は孤独?」と題して
産後の生活、自分のこと、夫婦のことを綴っています。


9回に分けて書いてきた「育児は孤独?」というブログも
今回でおしまいです。

初めての出産、育児を経験して
息子が成長する中、私自身も少しずつ成長できたかな?
と思います。
眠れない夜が続いて辛かったり
ちょっとしたことでも不安になったり
周りにガルガルしてしまったり…
もー、今までで経験したことないくらい
たくさんの感情が入り混じった生活を送ってきました。

孤独で、体もきつくて、涙が出てくることもたくさんあったけど
今では息子が笑ったり、面白いことをしてくれたときに
何故だかうれし涙が出てしまいます。


「子どもと二人でいるのに孤独なんです」
と訴えた日のことは今でも忘れられません。
そんな孤独感を味わってしまったからこそ、
第2子を欲しいと心から思うことができませんでした。

だけど、息子も1歳になって保育園で元気にしている姿を見たり
私も仕事を初めて育児とは違う報告に目を向けていることもあり
段々「母」から「私」を取り戻すことができるようになりました。

そして、今回こうやって文章にすることで
自分の気持ちを整理することができました。

少し前のおむつのCMであったけど(炎上してたやつ)
ほんとうに「出口の見えないトンネル」のような生活でした。
だけど、今ではトンネルを抜けて子どもと手をつないで
歩いているような感覚。
第2子もどんとこい!な感じです。
(いやー、それもそれで大変なんだろな…)

最後に、いろーんな感情をむき出しにして困らせてしまったけど
怒る事なくいつも一緒にいてくれた旦那さんに感謝です。


毎回、長文、乱文大変失礼いたしました。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
次回からは通常ブログへ!

香名子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/03/01 12:00
こんにちは、香名子です。
現在「育児は孤独?」と題して
産後の生活、自分のこと、夫婦のことを綴っています。


育児は孤独ですが、いつまでも孤独を感じ
自分自身が壊れてしまったら悪循環極まりないです。
心身ともに不調・普通の荒波を受けながらも
孤独を脱するために私がしたこと。


@とりあえず「その場から離れる」

友達の子どもや近所の子どもが泣いていても
「あらあら、泣いてるな」としか思いませんが
わが子が泣くと、なぜ胸がギューっと苦しくなるんでしょう。
泣き止ませることに一生懸命になるほどに泣いてしまうことも。
どうしていいか分からずにさらに胸が苦しくなります。
そんなときは焦っている自分を落ち着かせるために一呼吸。
泣いているわが子から、少し離れてみます。
もちろん、離れることへの罪悪感はありますが
泣いてるわが子を客観的に見れて
「ああ、お腹すいてるのかな」と冷静になれるときがあります。



A睡眠、休養をとる

24時間休みなしと言っていいほど0歳児の育児は忙しい。
「子どもが寝てるときに一緒に寝ればいいじゃん」と
よく言われていましたが、私は元々お昼寝できないタイプ。
なので日々睡眠不足で白目向いてました。
たまに夜ぐっすり寝てくれると、その分私も元気に。
授乳の合間を縫って、旦那さんに息子を預けてちょっとお出かけも
かなりの気分転換になりました。
睡眠、休養、ほんとに大事。



Bワンオペ、ダメ

旦那さんの帰りが遅いとワンオペになっていまうのはしょうがない
常にワンオペの家庭もありますよね。
ほんとそれすごいです。
ワンオペの時間が長くなると、
「これ旦那さんにしてほしいけど、私がした方が早いから私がしよう」
という家事育児の項目が増えてしまいがち。
だけど、これじゃ旦那さんが育児の置いてけぼりになってしまうし
自分も壊れてしまいます。
出産前に職場のお姉さまに
「産後は旦那は新人バイトと思いなさい!」と
口酸っぱく言われていました。
まあ、言葉が悪いけど子どもとの時間は私より格段に短いから
どうお世話をしていいかわからないのは当たり前。
自分がキー!とならないようにするためには
旦那さんも楽しんでお世話をしてもらえるように
普段から息子の一日の様子を話しています。



C環境を変える

引っ越しをしてお互いの実家が近くなり気持ちが一気に楽になりました。
それまでも決して長距離で離れているというわけではなかったけど
「すぐ」の距離になると安心感が全く違う。
だからと言って、実家に入り浸りというおんぶにだっとという
状況ではありませんが。
特に仕事をするに当たっては安心感はかなり違います。



そして最後に
Dとにかく誰かと話す!

これが一番かも。
意思疎通の難しい赤ちゃんとずーっと2人きりでいたら
そりゃ息も詰まります。
重い腰を上げて児童館に行ってみる
友達と連絡をとってみる
スーパーで「安いですね〜」なんて話しかけてみる
IKEAでママ友をナンパする(笑)など…
とにかく会話できる人と話すこと。
言葉を発して自分の状態を知ること。
これが重要かなー。



子どもから見ても、日々白目向いてるお母さんより
日々笑顔で過ごしているお母さんの方がいいのは当たり前。
そのためには、力を振り絞って孤独から脱する方向に
意識を向けることが必要ですね。
香名子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ