2017/08/23 15:18
こんにちは yuukoです。

今日はピラティスの日わーい(嬉しい顔)るんるん

約1年ほど前、息子たちが通う小学校で開催された
ママ向けピラティスに参加目
全身がスッキリして気持ちよくなり、
これは今の私にぴったり〜と思い入会したのです。

そこへ週に一度、健康&体力作りの為に通っています。


初めは楽勝〜
なんて思ったけど、やっぱり体は正直でした(笑)

自分の体力のなさ、体の固さにビックリexclamation&question

・腹筋なんて全くない
・体のあちこちが重くて動かない。
・全身筋肉痛。
・すぐバテる。

無理もありません。。。

子供を生んでから運動なんてしていないからーーふらふら

あっ、子供と遊ぶ時はハードだけど(笑)

あれから1年弱経つのか〜
だいぶ、体の調子は良くなって姿勢も良くなったはずです!
腹筋を使うエクササイズもちゃんと先生についていけるほど!
なによりバテることがなくなりました。

そこでピラティスの一番大切となる骨盤底筋群について勉強しました。(先生から教わったことも含みます)


骨盤底筋群とは・・・

恥骨、尾骨、座骨で構成される骨盤のもっと下部にあって、
ハンモックのように複数の筋肉群で内臓を支える働きをするところ。


骨盤底筋群を鍛えると

・姿勢の安定
・呼吸が深くなる
・スムーズな排泄
・生殖、出産に関係
  ホルモンの働きや大脳に刺激が加わり、骨盤底筋と各生殖器が連動する。



これが衰えてくると・・・

・骨盤のゆがみ    ・運動低下
・姿勢の崩れ     ・血行不良
・お腹のたるみ    ・便秘
・生殖器の活動低下  ・尿漏れ

など・・・

普通に動いていれば避けられる問題ですが・・・
動かないって怖いですがく〜(落胆した顔)


でも、大丈夫!

毎日少しづつ、ふと思い出した時にやればいーのです。
誰でもできる簡単なエクササイズをやってみましょう!


仰向けや立っている時に

膣や肛門の筋肉を『ぎゅっと』引き上げる(しめる)。数秒間。
   おしっこを我慢する時のイメージや巾着袋の紐を引っ張る感じで。

そして、

ゆるめる。



引き上げる(しめる)⇔ゆるめる。

繰り返します。10回くらいかな。


呼吸法は

引き上げる(しめる)時にはく。

ゆるめる時はすう。




ちなみに私は

キッチンで料理中、お米をといでいる時、洗濯を干しながらなど何かをしながらやっています。
骨盤底筋群を意識するとお腹が自然と凹むので良い姿勢になるし、たるんだお腹が引き締まる気がします。



ぜひお試しください。



yuukoでした。



yuukoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)