2018/09/15 02:03

昨年の「年末10万円チャレンジ」に
参加させて頂いたことをきっかけに、

我が家は赤字家計から脱却することができました。




保険を見直し、

スマホを見直し、

光熱費(ガス電気)をのりかえ、

食費は週予算を決めて、

1週間に1回、食材は全て使い切るようになって、

よく買う日用品・食品の底値を調べて、

不要な外食も減らして、

家計簿も1年以上継続して、

特別支出(旅行や冠婚葬祭など)も、
ほぼ貯蓄をくずさず対応できるようになりました。




自画自賛ですが、
ズボラ赤字家計管理しかできなかった私にしては、
頑張ったと思います


だけど。

2000万円の目標をあと5年で叶えるためには、

もう少し貯蓄ペースをアップしたくて、


家計簿をつけるたびに、
毎月の支出とにらめっこしていますが、

これ以上どこを削ればいいのかわからず、

毎日頭を悩ませています



もちろん、我が家の家計もまだまだ
削減の余地はあると思います。

でもそれは、


いつも買っている食材の質を落とすことだったり、

たまに買う、ホッと一息つくための、
コンビニのカフェオレもガマンすることだったり、

夫と私のお小遣いを削って、
お互いちょっとストレスが増えることだったり、


しんどい割には、
どれも費用対効果があまり感じられず・・・




早く2000万円貯蓄は達成したい!

でも、
あれも削って、
これも削って、

というのは、

ちょっとしんどく感じてしまいます。



ここから先、

サンキュ!ブロガーとしてあるまじき発言になってしまうかもしれませんが・・・


例えば、

週1〜2回買うコンビニのカフェオレ150円をガマンしたとして、

週300円×5週と考えて、

1ヶ月で1500円。

1年で1万8千円。


「1万8千円」

とても大きな金額ですよね。


でも、もし正社員として働いていたら、 

1万8千円、何時間の残業代で稼げるだろう・・・

と、ふと思ってしまうのです。


20代の正社員の頃、
とても忙しい会社で夜中まで働くことも多かったので、

残業代だけで月10万〜20万になることもあり、

ボーナスもよい会社だったので、

年収も、20代にしてはかなり頂いていたと思います。


あの頃のバブリーな感覚が
まだ私の中に残ってしまっているのか、


正社員の頃、たった数時間の残業で稼げたお金を、

1年かけて、毎日ガマンを重ねて生み出さないといけないのか・・・

と思ってしまう自分がいます・・・


(残業代は、お給料に応じた時給制のようなものなので、
年収があがると、残業代もかなり高くなるんですよね。)



日々のやりくりを否定するような発言で、

不快な思いをされる方もいらっしゃると思います。

本当に申し訳ありません。



約1年間、
私なりに真剣に家計のやりくりに取り組んできて、

「あとどこを削ろうか・・・」

とマジメに考えすぎたのかもしれません。



正社員で年収なん百万も稼いでいたのは、
もう大昔の話。

アラフォーの今も、
夜中まで働くような生活を続けていたら、

体を壊していたかもしれないし、

今の娘との穏やかな時間もきっと過ごせていません。
(イヤイヤ期真っ最中の娘との時間が、
本当に穏やかなのかはおいておいて・・・笑)


正社員としての働き方が、
福利厚生も手厚く、厚生年金もあり、
1番効率の良い働き方であると私は思いますが、


とりあえず11月に2人目の出産を控える身なので、

今は、

今置かれた状況の中で最善を尽くす

隣の芝は見ない

過去の栄光(年収)は過去のもの


と思って、考えすぎずにいきたいです。


正社員バリバリで働くことは今はできないけれど、

専業主婦になって、家計をやりくりする能力
(まだまだ発展途上ですが)
を身につけたことは、

きっと、お金とは別の私の財産になると思ってます


夜中に色々考えてしまい、

ブログも少し暗い愚痴っぽい内容になってしまい
申し訳ありません


最後まで読んでくださり、
本当にありがとうございました!


※記事の内容は、全て個人の感想に基づくものです。
紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/09/10 05:00
皆さま、おはようございます。

前回の記事で、
予想外の出費続きで、家計の目標達成がなかなか難しい・・・

というお話をさせてもらったのですが、

☆前回記事☆
2000万円貯蓄への道険し・・・


今日は、そんな時に我が家に起こった「OMEGA事件(笑)」についてお話します。

E8A12175-1F77-4B5A-BDA2-413AAAC2F092.jpeg



結婚する前に、婚約指輪のお返しにと、
私から夫へ贈ったOMEGAの腕時計があるのですが、

「時計が止まってしまった」

と夫が言っていたので、

「早くデパートの時計売り場に行って、電池交換してもらうように」

と伝えていたのですが、

タイミング悪く、つわりで体調絶不調の頃だったので、


何度か「早くデパートに・・・」と伝えはしたものの、

私も何もできずにいました。



結局、


大のつく面倒くさがりの夫は、
数ヶ月時計が止まったまま、放置してしまっていました


つわりがようやくおさまって、
見るに見かねて

私が時計をデパートの修理コーナーに持っていくと、

「電池交換ではなくて、分解掃除(修理)が必要です。
費用は最低でも5万円ほどです。」


とのこと


えっ?最低でも5万円?!


ショックで心臓が止まるかと思いました・・・



電池が止まった状態で長期間時計を放置すると、
電池が液漏れを起こすことがあり、
分解掃除という修理をしなくてはいけなくなってしまうそうで・・・
※可能性の一つで必ずしもというわけではないそうです。




「だから早く行けって何度も言ったのに・・・」

「夫の面倒くさがりの性格のせいで5万円の損失が・・・」

「そもそも婚約の記念品を大事に扱ってくれないなんて・・・」


と、夫への怒りがグルグル頭の中を駆け巡りました


結局は、約5万3千円かけて修理してもらい、


(場合によっては、それ以上のパーツ料金が追加になる可能性もあるそうですが、今回は大丈夫でした。)


夫には、ヒステリックにならない程度に必死で感情を抑えて、

時計が止まったらすぐに電池交換に持っていくこと、
今年は色々想定外の出費で、
貯蓄計画が思わしくないところにこの損失は辛すぎること、

時計は大切に使ってほしい、


という事を、端的に伝えて終了しました。

(いや、ところどころ怒りがダダ漏れしてたかもしれませんが・・・笑)



結婚して5年。


怒って感情のままに気持ちをぶつけても、

夫は防衛体制に入るだけで、何一つ気持ちは伝わらない、

という事をたくさん失敗しながら学んだので


夫に不満がある時は、
自分の気持ちを冷静に端的に伝えるように心がけています。

まぁ失敗する時も多々ありますが・・・



それでも、

今回の事件は、
私の中で気持ちの整理をつけるのに、とても時間がかかりました。

結局修理費用の5万円は、貯蓄を崩して捻出することになってしまい、

今後の勉強料と思うには高すぎるし、


「OMEGAの時計は定期的に分解掃除が必要なので、いずれは必要になる」

と修理担当の方から説明は受けたのですが、

それでも夫が長期間放置しなければ、
この最悪のタイミングにはならなかったかもしれない、

と思うと複雑で・・・



でも、高級な腕時計のメンテナンスにはある程度のお金がかかることがわかって、

本当に勉強になりました。


(夫に「今回の件で勉強できてよかったじゃん」と言われた時は、心底イラッとしましたが


余計なお世話だとは思いますが(笑)、

皆様も「時計が止まったらすぐに電池交換!」

忘れないようお気をつけください・・・


今日も最後まで読んで下さりありがとうございました☆


※記事の内容は、全て個人の感想に基づくものです。



紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/09/09 05:11
皆さま、おはようございます☆

突然ですが、
我が家の家計管理をするうえでの目下の目標。

それは、

貯蓄2000万円

です。

目標まであと800万円ほど。

できればあと5年くらいで目標達成して、
マイホーム購入時の頭金にしたいと思ってます。


夫は今年40歳。

今からローンを組んでも、定年まで約20年ほど。

ローン負担を少しでも減らすために、
できるだけ頭金を増やしたくて、

貯蓄2000万円という目標になりました。



来年から娘が幼稚園に入園するので、

幼稚園代がかからない今年が最大の貯めドキだ!!
とはりきって、

今年は「年200万円貯金!」を目標にしていたのですが、
早くも挫折しそうです・・・



予定では、先取り貯蓄で、

〇月収から 11万5千円
〇ボーナス 25万円×夏冬2回

合計188万円

に加えて、
年末調整で戻って来る数万円やプチ稼ぎをプラスして、

なんとか「年200万円貯金」達成できるかなと思っていたのですが、


出てくる、出てくる、想定外の出費たち・・・


1番大きかったのは、妊娠&出産費用です。

現在2人目を妊娠中で11月出産予定ですが、


今回出産する産婦人科では、
出産一時金を差し引いても、
実費としておそらく15万円ほどかかるとのことで・・・

1人目の時は、里帰り先の大きな病院で出産して、
出産一時金より大きく足が出ることはなかったので、
(2〜3万円の自己負担だったと記憶しています。)

約15万円オーバーは予想外でした。


妊娠出産はありがたいことですし、
それに関わる費用は仕方ないことですが・・・




次に、
夫のお給料の手取り額が想定外に減ってしまったこと


会社全体での残業代カットや、

夫が40歳になったため、介護保険料の支払い開始、

もろもろの税金が今年から大幅増、
(去年お給料アップがあったおかげなのですが)

などが重なり、

6月から約2〜3万円手取りが減ってしまいました。


残業代カットがかなり痛かったです・・・


さらに、サラリーマンの宿命ではありますが、
今年はボーナスもあまり奮わず・・・



どうやりくりしても、
先取り貯蓄の金額を削るしかなく、

〇月収から 11万円
〇ボーナス 15万円×夏冬2回
合計162万円

が精一杯というところです。

先取り貯蓄だけで、188万円貯金予定が162万円に・・・

さらに出産費用で15万円マイナス・・・

うーーん、どんどん目標からかけ離れてしんどいなぁ


と思い悩んでた頃に、タイミング悪いことに、

夫のOMEGAの腕時計が故障してしまい、

修理費用に5万円もかかってしまったり・・・


(この件は、近年稀に見る?私の怒り爆発事件でもあり、別記事に書かせて頂きますね・・・笑)




2000万円貯蓄への道険し。


です。



目標を高く持つことは良いことだけど、

達成できなかった時の落ち込み具合がちょっとツライです。

目標の下方修正も必要かなと思い悩む今日この頃・・・



でも!!

それでも、年100万円は貯金できてるわけだし、

毎日きちんと生活することができて、

何よりかけがえのない命をお腹に授かることもできて、

上ばかりを見ないで、
まず自分の現状に感謝しないといけないなと、
ふと気づき、

心が少し楽になりました。


443212F4-8EE1-4660-A3DC-0BB8322AEA2A.jpeg



何がなんでも目標達成!
と思ってると、色々考えが凝り固まってしまうけれど、

『足るを知る』

という事も大切ですよね。



出来ることはやる。
どうしても出来ないことは無理にやらない。

そう思い直して、少しずつ目標に向かって、
コツコツと頑張りたいです☆



色々考えて、まとまらない文章になってしまい申し訳ありません

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます!

紺れいなさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ