2017/11/06 08:00
ドラマに 帝王切開で産んだから我が子を愛せていないんじゃないか
と 不安になっているママが出ていましたが

以前 アドラー式子育ての講習会でカウンセラー先生が言っていました。

私は母として愛情が足りないんじゃないか
と相談に来る人がいます。

でもね!
愛情の足りないお母さんがいるわけないんですよ。

10月10日自分のお腹の中で育てて、
命かけて産んでるんですから!!

 ↑ 以前の記事はこちら ↑


私は 点滴が必要になるほどの重いつわりでしたが
母も祖母もつわりを経験していないので 理解が得られず。

気持ちが弱いからだと怒られたような・・・
気合でどうなるものでもないのに。

産後には 母乳が足りないことも理解してもらえず

母親としての資質が足りないんだろうか
と 思ってしまう里帰りでした。

近くに理解者がいない 初めての妊婦生活・育児は
なかなかに辛いものがありました。

でも!


「無事に産むことが大事」ホントその通りだと思います。
帝王切開だって 自然分娩だって 命がけだし
ミルクだって 母乳だって 愛情に差はないと私は思います。

母子ともに 笑顔でいられることが何よりも大切だと思います。


IMGP2672 (4).JPG

今月また 講習会があるので 先生からどんな話が聴けるのか楽しみです。


最後までお読みいただきありがとうございました

今日も ママとお子様たちの笑顔がたくさん咲く一日になりますように。


タグ(関連ワード):出産 愛情 アドラー
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)