2019/01/29 06:00
算数が嫌いな acoです。
4月から子供会の会計係を任されることになり
私に管理できるのか ドキドキしています。


「姿勢は大切」の話を掘り下げたり
我が家の抗菌対策や身体が喜ぶ福箱の話など

書きたいことは たくさんあるのですが


今週のイチオシに乗っかって
子どもの学習について。


さて 数学の授業の前になると
胃痛や頭痛で保健室へ行ってしまうほど
数学(の先生)が嫌いで
高校時代には2点を記録した私。

その息子が 今 ナンプレに はまっています。
夏休みには100マス計算にはまっていました。

なぜ?と思うし
私はこれを見るもの嫌ですが
静かでよろしい。

20190128_120924.jpg

我が家では 
「授業についていけるなら問題なし」
と 学習塾には通わせていません。

英語も できた方が良いだろうな〜
とは思いつつ
Eテレの英語番組を見せるくらいです。
(ただのつけっぱなしとも言う)


そして 宿題を含め学習時間は20分だけ。
(これは学校で推奨されている時間で、高学年は長くなります)
これはしっかり習慣付けています。

宿題に20分かかってしまったら、そこまで。
5分で終わったのなら、残り15分は自主勉強。
ナンプレでも良し、日記でも、音読でも良し。




そして 自主学習用には
ダイソーで問題集を買ってきています。

20190128_124216.jpg

これは 下の子用に以前買ったものですが、
小学生用の問題集も 学年ごとにありました。
百ます計算も ナンプレも
ダイソ−で購入しました。


この問題集4冊は
下の子が お兄ちゃんの宿題を邪魔するので
一緒にお勉強するように と購入したのですが

それじゃダメなんですよね〜(笑)

「お兄ちゃんと同じものをやりたい!」
と プリントの取り合いになるので
結局 宿題をコピーして学習させました。


やる気があるのは良い。

「邪魔をしたいんじゃなくて
一緒にやりたいんだと思うんです」

「ピッピちゃんは とても向上心があるので
やりたい気持ちに寄り添ってあげてください」

って 幼稚園でも言われましたし。


おかげでピッピは
コタマが暗唱の宿題をしている横で
足し算引き算 さらには掛け算まで 
ずっと聞いていて 暗記してしまいました。

算数の宿題が出た日
ブツブツと口に出して問題を解くコタマの横で
先に答えを言ってしまうピッピ(笑)


中学生になってからの
先生との相性が悪くなければ
私のような数字アレルギーには
ならないことでしょう(笑)


学習塾に通わせるのも 2人分となると
なかなかに痛い出費ですしね・・・

学童費だけでも パート辞めるか?
と悩む 額になりますし・・・

学習塾に行かなくても なんとかなる。
なんとかしよう。
今のところ そんなふうに考えています。

acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/28 06:00
けっこうな野生児だった acoです。

勉強するより 外で遊ぶのが好きだったし
「勉強しなさい」という両親ではなかったので
毎日 外を走り回っていました。


自分が勉強してこなかったので
子供を学習塾に入れた方がいいのではないか?
と 思ったこともありましたが

幼少期に週5日塾に通わされていたオットが
「授業についていければ 問題ないのでは?」

と 提案してくれたので
今のところ 学習塾は通わせていません。



運動は 私が教えられるので
教室に入れるつもりはありません。

・・・・・・でした。

というのも

体育でやることならどれも平均以上で、
小学生の頃には 陸上の記録会にも
水泳の記録会にも出場経験がありますし。

一輪車も得意だったし
竹馬で大縄跳びをしていたくらいだし。

両親が山好きなので
春から秋はハイキング冬はスキー・・・

遠出できない日は 隣町の大きな公園で
森の中のアスレチック。

父とスポーツイベントにも参加していたし。

20190127_210618.jpg

ちびっ子の運動くらい教えられる
と自信をもっていました。


でもそれは 私の父が 褒め上手で
教え上手だったからこそ できたこと。


いざ教えようとしたら
とてもじゃないけど
私には できませんでした。。。

自分の体力の問題 以前でした。。。


そこで 幼稚園に来てくれている
幼児スポーツの先生に丸投げ(笑)

先生に懐いていたからこそ 自然に
「先生がやってるサッカー教室に入りたい」
となりまして、

身体を動かすことを好きになって欲しいと
願っていた私は 喜んで入会させました。

園庭で習えるので お迎えだけで良くて
ラクチンです。

(小学生と幼稚園生は 時間が違うので
この2年間はちょっと大変でしたけど)

それから 3年。
メキメキ上達 とはいきませんが
毎週楽しく教室に通っています。
だったコタマにも
「試合で勝ちたい」という闘争心が芽生え
暑い日も寒い日も 元気に走り回っています。

20190127_125455.jpg

基本が身について
「勝ちたい」 という気持ちが芽生えれば
私が練習に付き合うことも可能になり(笑)

誘っても 嫌がられた日々がうそのようです



コタマにつられて入会したピッピは
年少さんの頃は 1時間は集中力が持たず
5,400円の月謝がもったいないくらいでしたが
今では きっちり レッスンを受けています。

大きな公園に行っても
砂場でしか遊ばなかった娘が
元気に走り回っている姿を見ると

先生どんな魔法を使ったの?
と 思います(笑)


普段は週1回のサッカー教室ですが
夏休みには キャンプ(約15,000円)
冬休みには スキー(約20,000円)
春休みには 遠足(約5,000円)
そういったイベントも企画されています。

2人分となれば 痛い出費ではありますが
自分が教えられないんだから
喜んでお支払います。

子供のいない時間をゆっくりと過ごせますし♪


今のところ 辞めたいと言い出すこともなく
楽しく続けてくれているので

・習いたいと言い出すのを待ってよかった。
・良い先生に出会えてよかった。
・当番のない習い事で良かった!
・ぜひ6年生まで続けて欲しい。

と 思っています。
子どもたちと遊ぶためにも
自身の筋力アップに努めなくては( ̄▽ ̄)ゞ
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/27 08:00
負けん気の強いacoです。
弱気な息子の気持ちが分かりません。


子供たちがサッカーを習っているのですが
通っているクラブは 強くなることよりも、
楽しく体を動かして 運動を好きになろう
という雰囲気なので楽しく続けています。


でも年に数回 交流戦がありまして、

それを息子が嫌がるのです。
しかも 半泣きで。

どうしたものかと思いまして
私1人だとカッとなってしまうので

オットのいる時に
静かに 問いただしてみましたら

「だって どうせ負けるし( ´-ω-)」

とのこと。

・・・うん。弱小チームだもんね。

20180221_101737.jpg
いや〜 私が そういう思考を
持っていないから驚きました。

参加することに意義があると思っているし

「どうせ負ける」
という気持ちになったことがないし。

相手が強いと分かっていても
「せめて1点!」と挑むタイプなので

息子の気持ちが分からない。

練習ばかりだと飽きるし



「負けても得るものがある」
とはいっても
たまに勝つからこそ 
得るものがあるのでしょうし

負け続けたら モチベーション 
上がらないかぁ・・・


私の負けん気が強いのは
生まれつきなのだろうか?

それとも 父の励まし方が
上手だったのだろうか?



ふむ。



どうしていいのか分からないので
先生に報告して 私はだんまり。

だって 私が口挟んだら
「そんな弱気ならやめてしまえ!」
と 言ってしまうから(-_-;)


負ける悔しさが分かったのだから
成長のチャンスだと思うのだけど
さて どうしたものでしょう?



そういえば ワールドカップも
歴史的な勝利!!
と ニュースになっていましたね。

格上のチームに勝つ
勝利にばかり目がいってしまうけど

選手たちの日々の努力
それを支える人たちの日々の努力
そういうチームワークが
大切なんだろうな〜
と 感じました。

弱気な息子を 前向きに
しっかりとサポートしてあげられる
母親になりたいな〜
と 思います。
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ