2019/03/18 20:00
詰めが甘い acoです。

卒園式の前日 夜21時過ぎ
卒園式の服装 で決めていたスーツの袖に
虫食いを発見しました。

しかも けっこう目立つところ。


1週間寝不足が続いている中で 
パートへも行き・・・
昼寝をしたい気持ちの中

ジャケットに合うように購入した
ユニクロの今どき型のパンツのすそが
くるぶしの一番太いところにあり
ゾウ足に見えることが気になり始め

足首の細いところがちらっと見える丈に
手縫いで裾上げした時間を思うと
泣きそうになりました。

寝とけばよかった・・・と後悔しながら
翌日の祝賀会の準備のために会場へ。


夜中の1時半までかかり 飾り付けをしました。

でも 作業をしながら
あ〜 スカートでいいじゃん明日。
セレモニースーツは 持ってるし。

リクルートスーツよりふさわしいじゃないの。

と スッキリとした気持ちになり

帰宅後にはネイルシールも貼って
準備万端。

20190317_071709.jpg
同じ幼稚園の人には 私が誰かバレますね。どうぞご内密に〜(笑)


手も足も震えましたがなんとか勤めあげました。



実は私 冒頭に時候の挨拶を入れず

「 年長組の皆さん、卒園 おめでとうございます。
卒園式では背中をピンと伸ばして
まっすぐに前を見て、
とても素晴らしかったです。

これから先生たちにお話をするので、
式のときのようにいてくれると嬉しいです。
 
と 園児に語りかけるようにしていました。
 
式で時候の挨拶はさんざん聞くだろうし、
親しみやすくしようと思ってのことでしたが
 
これが 功を奏しました。
 
というのも 今回の祝賀会
「なんで子供たちこんなに元気なの!?」
と ビックリするほど盛り上がりまして。
 
余興のダンスに飛び込みで参加し
みんな踊る踊る。
 
歓談中には
横断幕から下がっている輪飾りを
ジャンプして引きちぎる子がいたり
 
(一人が始めると続々現る)

走り回る子を止めようとして とっさに出した右手は
その衝撃で 腱鞘炎が悪化しました。 

感動ポイントのはずの スライドショーでは
プロジェクターの前で飛び跳ね
影で遊ぶ子が出るなど 終始賑やか。
 
良いんですよ 楽しんでいただけたのだから
頑張って準備した甲斐がありました。
 
 
ただ、そんなにぎやかな中で謝辞って。。。
ねえ?

 
 
でも 語り掛けたことで
徐々に静かになりました。
 
たぶん お母様方が
「しーっ」としてくれたのでしょう。
 
とっさに文章を変えられるような
気持ちのゆとりはなかったので
 
予測していたわけではなかったけれど
こうしておいて本当に 良かったです。
 

 
余談ですが
「ピッピちゃんママ 心の準備OK?」
と 司会の人が確認してくれた時

ピッピが
「ママ! トイレ行きたい!!」
と 言いだしたのも ハプニングでした(笑)



何はともあれ
みんなに楽しんでもらえて
先生にも喜んでもらえて

卒園準備委員を引き受けて良かったなぁ
と 心から思いました。




danngoさん
息子の説明能力について 
コメントをありがとうございました!
返信させていただきました。
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/28 19:00
つい能力以上のことを引き受けてしまう
緊張しいのくせに出たがりのacoです。

卒園式のあとの祝賀会での 
先生へのお礼のスピーチを引き受けちゃったけど
私にできるのかな〜

と だいぶ不安もありつつ

でも 「ピッピちゃんママならできそう」
と声をかけてくれたのだから 
ありがたく 引き受けようと決めました。

おだてればやるんじゃね?とか思われてたりして

引き受けたからには 頑張ります!



時期的に私と同じ緊張をしている方も
いるかもしれないので

謝辞のポイントを 整理しようと思います。


書き方は
  1. 季語を含む導入文
    「やわらかな春の日差しを感じ」
    「桜の花が咲き始めたこの春の日に」など
  2. 園・先生・職員へのお礼の言葉
    「今日この日を迎えられますのも〜」
  3. 来賓へのお礼
  4. 入園したころのほっこりエピソード
    (入園式のことや慣らし保育の頃の話)
  5. 思い出深い季節行事について
    (その園独特の行事のことなど)
  6. 子供たちの成長について
    (思い出話を少々)
  7. もう一度 お礼の言葉
  8. 今後について
    「○○園での経験は、小学生になっても〜」
  9. 〆の言葉
    「○○園のますますのご発展を〜」
    「〜お礼の言葉とさせていただきます」
  10. 年月日 名前



改まった手紙の書き方とほぼ同じです。


今はネットで例文を見られるのですから
便利で良い時代ですね〜♪
20190228_161212.jpg
コピペをしながら 下書きをしたら
言葉があふれかえってしまったので(笑)

これを 1000字以下に 減らします。



だらだら語ると 聞いていて退屈ですし
そんなに長くステージにいる勇気もないですし
3〜5分が良いというなら 3分で済むように
簡潔にまとめたいと思います。

子どもの作文の書かせ方と同じように進めています。



あとは
文頭を見るだけでスピーチできるように覚える。

これ 重要なんです。

高校生の頃 「高校生の主張」という弁論大会に
出たことがありまして、その時に感じたのですが

顔の向きで 声の通りも違いますし
紙ばかり見ていて表情が見えないと
気持ちが伝わりません。

緊張から どこを読んでいるのか
分からなくなることもありますから
「暗記」これ大切です。

そして 緊張で早口にならないよう 
自分で感じるよりも さらにゆっくりと。

先生や保護者、園児に時々笑顔を向けるなど
細かい心遣いも必要です。


自分で感極まって泣いてしまったら
聞いている人たちは興覚めですし
(緊張してて泣けないだろうけど)
泣かずにしっかりスピーチできるように
何度も練習して言葉に慣れることも大切です。


みんなを泣かせるようなスピーチをできるのか
それは分かりませんが
感謝の気持ちはしっかりと伝えたいです。



服装については
骨格診断+フォーマルウエア
紺・カーキ・ベージュの3択で悩んでいますが
やっぱり ベージュのこれかな。
20190228_153921.jpg
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/06/01 07:00
全力で転んだ記事への
サンキュ!とコメント
ありがとうございました(o^―^o)

落ち込んでいましたが
おかげさまで 浮上してきました。


派手に転んで
50mを8秒で走れた若さはもうない
という事を 文字通り 痛感いたしました。



さて その後ですが

親たちが 転んだ私を
どういう目で見ていたのか

つまり

「たかが幼稚園のイベントで
転ぶほど必死になるなんてね〜」
「負けは決まってんのにね〜」

と 白けた目で見ていたのか

(若干 被害妄想も入っていますか?)


「転んで痛そうだったね〜」
とか
「そのあとすぐ走ってすごかったね」
という風に見ていたのか

子どもを通して よ〜く分かりました。


なぜってね お迎えに行ったときに

「この前転んでたよね〜」
と ニヤニヤしながら話しかけてくる子と

「転んだところ大丈夫?まだ痛い?」
と 心配してくれる子がいるのです。


以前
「大人が思うより こどもは大人を見ています」
でも書きましたが
https://39.benesse.ne.jp/blog/3011/archive/147


学級崩壊の原因が

子供たちに聞こえる所で
ママたちが 先生を悪く言っていたせい

ってこともあるのだから

子供の前での言動は
真剣に 気をつけようと
改めて考えさせられました。



そして 大人げのない私は

優しい子たちには
「痛くないよ〜 ○ちゃんも頑張ってね!」
と 笑顔で答え

ニヤニヤしてくる子には
傷を見せてビビらせました( ´艸`)

嘘です。

傷を見せたうえで
「でも そのあとの駆け足早かったでしょ?」
と 自信満々の顔で言って、
「転ばなければ抜かせたのに 残念!」
とも 笑って付け足しておきました。


からかいに来たのに 堂々と自慢されたものだから
とても 複雑な表情をされました。



そういえば 仲良しのママから
「私だったら 絶対顔打ってた
ピッピちゃんママ すごいね!」
と 言われたときには 

どれだけ激しい転び方だったのだろう?
と 苦笑いしかできませんでした。


正直 転んだ瞬間を覚えていませんが、
服が汚れない程度の転び方でした。



でもね 私がそこまで必死に走るのには
負けん気とは別の理由があるのです。

1周遅れなら ほどほどで良かったのです。

でも 2周遅れていると 最後の子が 
1人で走らないといけないの。



1周遅れなら 大人とだけど
誰かと一緒に走れるから まだマシかなと。


アンカーの大人は仕方ないにしても
園児は 誰かと一緒に走らせてあげたかったの。


そういう考えが 私だけじゃ
どうにもならないのですけど・・・

だから 
周回遅れの園児を抜き去った大人には
唖然といたしました。


あくまでも 私の考え方ですけど、

旧・父の日参観のお遊びですよ?
それなのに周回遅れの子どもを追い抜くの?
と 少し悲しくなりました。

大人の世界の世知辛さを教えるには早くない?

20180601_062706.jpg

さて 傷の具合ですが
ひざに 大きなパンジーが咲いたようです(笑)

かさぶたが“しべ”で 中心部は黄色
外側へ向かって濃くなるグラデーションの紫。
なかなかに鮮やかです。

バカにしてくる人もいますが
私にとっては
子供たちに「諦めない」を教えた
名誉の負傷です。



さて 今週は運動会関連の話題ばかりでした。

お付き合いくださった皆様
どうもありがとうございました♪
タグ(関連ワード):運動会
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ