2019/08/04 06:00
一日中金魚を愛でていたいacoです。

みなさまは夏まつりに行きましたか??


我が家の子供たちは
夏まつりに行くと 金魚すくいに燃えます。

むしろ 金魚すくいにしか用がありません(笑)
金魚すくいをするために 祭りに行きます。

20190803_205558.jpg

昨年も 8月にすくった金魚を
冬までお世話しました。

こちらが 昨年の記事。
保護した金魚が一番長生きしまして
3カ月過ぎて警察署に行ったときには
驚かれました(笑)


お巡りさんが驚くのも当然ですよね。
一週間もたないことが多いですもの。

縁日の金魚を 長生きさせるコツは 

1 塩水浴

水1Lにつき 塩2g

我が家は あら塩を使っていますので
きっと ミネラルも豊富なはず。


でも 計るのが めんどくさい私は
2Lの金魚鉢に小さじ1杯入れております。

それくらいの誤差は大丈夫。
具合が悪い金魚は0.5%の塩水浴させるのだから
0.2%が0.25%になろうと問題ないのです。



2 水作り

カルキ抜きをし
前日から日に当てて
温めておきました。


そして今年は 金魚鉢ではなく古い水槽や
大きな虫かごも引っ張り出しました。


水が多い方が 水換えの頻度が減りますしね。
金魚のストレスも私の負担も減ります。


今回は 水槽が6Lくらいかな?
と 目分量で(!?)
大さじ1杯の塩を溶かしてあります。


まずは 袋のまま水に浮かべて
30分〜1時間慣らしたら
袋の口を開いて 自然に出てくるのを待ちます。

(袋が沈んで 水槽の水と混ざり合うと
金魚が自力で袋から出てきます)

いきなり袋を逆さまにして
水槽に落とし込んだりしないでくださいね。
20190803_205848.jpg
※このように下にいるのは疲れているから。
そっとしておいてあげてください。

「じっとしてるけど大丈夫!?」
なんて 水槽を叩いたりしないように。


3 エサやりは 3〜4日後から

金魚って意外と 胃腸が弱いのです。
そして 満腹感が分からないのだそうです。

ポイで追いかけ回されて
ぐったり疲れているところに
大量に食べてしまうと
お腹を壊して死んでしまいます。

ウンチを確認したら 1粒か2粒あげてください。



4 見つめすぎない

夏休みのお母さんと一緒!
ずっとロックオンされてたら
金魚だってストレスたまるんです(笑)


一週間もてばぐっと育てやすくなります。
上手くいけば 8年も生きるそうですよ!
我が家では今のところ最長で2年半なので

目指せ3年!!

今年も合わせて10匹。
何匹が秋を迎えられるかな〜?

20190803_191132.jpg

これからカブトムシも譲ってもらう予定。
スーパーで購入したサワガニも元気だし
住宅展示場でいただいたメダカも元気だし


ママは生き物係
今夏も頑張ります♪
タグ(関連ワード):飼育 金魚
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/08/09 08:00
今週は金魚に癒されているacoです。

インスタでは10匹と書いたのに
前回のブログで紹介したのは8匹。

数が合わないことに
気づいた方 いらっしゃったかしら?

死んだんじゃないんです。

実は 残りの2匹は
題名の通りでして…


焼きそばを食べるために
植込みの縁に座ったところ

木の根元に
袋に入った金魚が落ちていました。

きっと 私たちと同じように休憩して
うっかり忘れていかれたのでしょう。。。


3匹中1匹はもうお亡くなりになっていて
残りも弱っていました。


近くに吊るしておけば 
忘れた人が取りに来るかもしれない。


でも 誰も取りに来ないまま
死んでしまうかもしれない。


目の前の広場には お巡りさんと
金魚すくい屋さんがいます。



さぁ どうする??


と 子供たちと相談して


落とし物としてお巡りさんに届けました。


結果 普通の拾得物と同じ手続きを踏みまして
お財布などを拾った時と同じで3カ月経てば
うちの子になるそうです。

でも生き物なので できるなら連れ帰って
お世話をして欲しい とのこと。

(生き物は 署では預かれないそうです)

もともと 金魚を飼う準備はしてきたので
連れ帰ることは問題ないのですが

「落とした方から連絡が来た時に もし
死んでしまっていたら 責任問題とか…」

と ちょっと尻込みする私に

「でも 縁日の金魚ですしね〜」

と 苦笑いのお巡りさん。

その言葉の意味が
きっと取りに来ないと思いますよ〜 なのか
すぐ死んじゃうのが普通ですよ〜 なのか
そんな重大ではないと思います なのか
ちょっと 分かりかねます


「死んじゃった時か 3カ月たった時に
こちらに電話をください」

と 丁寧に後々の手続き方法を
教えてくれました。


というわけで 迷子の金魚は
我が家で3カ月お世話することに。


どうしようもなく弱っていたので
子供たちがゲットしたものとは別にして
塩水浴をさせています。

弱っていたので1日目は2%で
翌日にもう1%の塩を足しました。

20180807_092813.jpg

丸2日 ほとんど動かず
底の方でじっとしていましたが

3日目 ちょっと浮上。

20180808_133646.jpg

4日目 水草をついばんだり
水面近くを泳ぐようになりました。

ウンチも出ていたので
そろそろエサやりしても大丈夫。

一安心です。

20180808_133712.jpg

植え込みに忘れた人 早めに連絡くれ
と 願いつつ

もうすでに情が移ってきました。
このままうちで長生きしてくれてもいいよ
大歓迎だよ♡

と 元気が出てきた金魚を眺めています。



サンキュをクリックして
金魚たちにエールをいただけると嬉しいです。
タグ(関連ワード):金魚
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/08/06 12:00
サンキュ!公式ブロガーになって 
もうすぐ1年になるacoです。


見返してみると 3つめのブログが
金魚と甲虫の話題でした。


そして今年も来ました
夏まつりの季節。


祭りとなると金魚すくいに燃える
わが家の子供たち。

昨年は1,500円ずつ渡してみたら
前半で使い果たし、2人合わせてポイ1枚しか買えない
という残念な結果でした。



今年は その反省も踏まえて
「なんとなく気になる」ものは見事にスルー


今年のお小遣いは 1,200円でしたが
お目当ての金魚すくいまで きちんと残し

4匹ずつ計8匹ゲットしてきました。

20180805_183556.jpg

去年も 金魚の塩水浴について
書いていたのですが


少ししか書いていなかったので
改めて。


淡水魚なのに塩水!?

と ビックリする方もいるかもしれませんが
体内の塩分濃度と近づけることで、
疲れを癒してあげる
 ということらしいです。

傷ついたウロコを消毒する効果もあるとか。

傷に塩 って 痛そうな響きだけど(^_^;)


以前は 正しい濃度を知らずに
一つまみ程度入れていたのですが・・・

昨年 金魚やさんのホームページで 調べたら、

0.2%が最適で、病気の時には0.5%
と書いてありました。

つまり1Lにつき2g

うちの金魚鉢は2Lだから、4g

3Lなら、秤いらずのこさじ1杯 (雑)

想像よりずっと多くてびっくりしました!

一つまみじゃぜんぜん足りない。


今回は 去年から飼っている金魚もいるので

新しい水道水ではなく 先輩のいる水槽から 
バランスの整った水を分けてもらい

塩を入れて 新入生を迎えました。

大きい水槽も水の入れ替えができて一石二鳥



初めから その水槽に入れないのは

一日中追いかけ回されて疲れているだろうし
傷や病気があるかもしれないので

万が一の 感染を防ぐためです。

先輩と一緒にするのは
2週間ほど様子を見てからです。

20180806_072218.jpg

あ、人間と同じで 疲れている時には
お腹を壊しやすいので
エサやりは 2〜3日後からです。

ついね! 
可愛くてやりたくなっちゃうんだけど
「疲れたでしょ〜 いっぱい食べて元気だしな〜」
なんて 思っちゃんだけど

かえって 調子が悪くなってしまうので
そこはグッとこらえてください。


底の方で じっとしている子も
ヘトヘトに疲れ切っているからなので
「動かないよ?大丈夫?」
なんて 金魚鉢を揺らしたりしないで
そっとしておいてください。

じろじろ見続けるのも ストレスになるそうです、

夏休みのお母さんと同じ〜(笑)
子供たちにロックオンされ続けてヘトヘト。
金魚もそんな気分になるそうです。


目安としては 人間を見ても逃げなくなったら
良い頃合いかな と 私は考えています。

前を通ったときに 
底の方へササっと泳いでいくのは
まだまだ 場所に慣れていないからだし

ポイから逃げ回っていた
恐怖体験の名残なので

とにかく

まず休ませることが第一
というのが 私が調べてみた結果です。


縁日の金魚は 長生きしにくいですし

どうしようもなく弱っている子は
1週間もつかどうかですが

塩水浴と 程よく放置
これで もしかしたら冬を越せるかも?

昨年すくってきたうちの金魚は
10匹中4匹が 冬を越しました。


縁日の金魚が弱ってるな〜と感じたら
塩水浴 お試しください(o^―^o)
タグ(関連ワード):金魚
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ