2019/01/31 06:00
忘れそうですが、調理師の資格を持つacoです。


「姿勢って大切」を掘り下げたいのですが
我が家のインフルエンザ対策を先に。


インフルエンザは飛沫感染なので
うがいは効果がない
と言われていますが


やはり風邪予防の観点からも
うがいは大切だと思うのです。



でも市販のうがい薬は子供たちが嫌がったので
(有名なカバのやつせっかく買ったのに)
我が家では お茶でうがいをさせています。


緑茶や紅茶でのうがいは 風邪予防だけでなく
インフルエンザの予防にも効くそうです。

もちろん 飲んでも効果があるので

帰宅時間に合わせて淹れて 冷ましておきます。

淹れたてでうがいをしたら火傷しちゃいますから(笑)



アツアツのお茶を飲みながら 子供の帰宅を待つ
最近の私の習慣になりました。


飲めば 喉だけでなく体内のウイルスにも
効果を発揮してくれるそうですよ♪


レモンを入れてお茶を酸性にするとさらに良い
と 聞きました。


寒い日には ほっこりとした
ミルクティーを飲みたいところですが
レモンティー、もしくは柚子抹茶にします。


柚子って ビタミンCがレモンの約4倍!
クエン酸・鉄分も含まれてるんですって。

20190127_073452.jpg

そうこうするうちに いよいよ 
インフルエンザで閉鎖する学級が出てきました。



軽い鶏卵アレルギーがあるために
予防接種を受けられない我が子の防御力を
少しでも高めたくて こちらを購入しました。

20190117_142217.jpg

エーザイのイータックが良いと聞き
買いに行ったのですが
こちらはアルコールを含むので
肌の弱い子供たち用は、
フマキラーのアレルシャットにしました。


若干消毒薬のような匂いがしますが
感染の確率が下がるのですから

「我慢なさい」

と 言い聞かせていますが
私は それほど嫌な匂いを感じません。

20190118_072153.jpg

ただ スプレーしてから乾くまで 

ちゃんと計ったわけではありませんが
10分ほどかかるような気がします。
はなかっぱ1話分では乾かず
コタマが着けるのを嫌がっておりました(笑)




ついでになりますが

重曹などのナチュラルなお掃除が流行ですし、
私も普段使いならナチュラルが好きです。

でも滅菌を考えたら やはりキッチンハイター。
【次亜塩素酸ナトリウム】が一番です。

20190119_090111.jpg

500mlのペットボトルに
ペットボトルのキャップ1杯分のハイターを入れ
※このボトルのピンクのふたではありません。
水で薄めて拭き掃除に使っています。
(キャップ1杯は 約5mlです)


子供って 口や鼻を触った手であちこち触るし
くしゃみを手で覆えても その手を洗わないし。

ドアノブとか 電気のスイッチとか
手が触れるところには ウイルスがつきますから

感染症が流行る季節は 毎日やりたい。


・・・ところですが(;^_^A
気が向いた時だけやっています。

使い方は正しくないと思いますが、
昨年 インフルエンザに罹ったときには これを
空気清浄機のフィルターにも吹きかけました。


それと 吐しゃ物を片付ける時には
トイレットペーパーを使います。

小児科で教えてもらった方法なのですが

よくやりがちな 拭いたものを洗う
拭いたものをゴミ箱に入れる
という行為は 処理が中途半端だと
ウイルスが浮遊する原因なります。

だから トイレットペーパーで拭き取って
流してしまうのが一番安全なのだそうです。

※流すときには ふたを閉めてください。
そうしないとウイルスが飛び散ります。


これを ロタやノロに罹ったときに知っていたら
あんな大変な思いしなかったのに(-_-;)


そして 拭き取った後は
薄めたキッチンハイターの出番です。


★この消毒液は時間とともに効果がなくなるので
 作り置きはせずに その都度作ってください。

余ったら そのままトイレの床掃除に使うか
ハイターを足して食器の漬け置きをしています。


★色落ちをする場合がありますので、
 目立たない所で試してからお使いください。

★パッケージにある 使用上の注意をよく読み
 正しく安全にお使いください。




では 初めに戻りまして・・・

お茶で100%防げるわけではありませんが

罹ってしまった方は 早く治りますように
まだの方は 健やかに冬を越せますように
お茶と紅茶をお勧めします♪
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/30 06:00
作文は たぶん 得意なacoです。

前回は算数の話でしたが
今日は国語の話。

1日20分の学習を習慣づけているので
宿題が早く終わったときには
日記を書くことがあります。

1年生の時には 金曜日の宿題が日記でした。


作文というと・・・

長期休業中は お子さんの読書感想文で
苦労する方もいるのではないでしょうか?

私は基本的に 宿題の手伝いはしませんが
作文だけは一緒にやっています。

書きたいことを聞き出し メモして 並べ替え、
順番を決めるところまで。

IMGP2593.jpg

これは私が小学生からやっている方法です。

書きたいことを メモして並べて
同じ内容を繰り返していないか
言葉がかぶっていないか
どの順番で書くのか 接続詞は正しいか
確認して組み立てたら いったん音読します。

ここで音読するのが 大事なんです。

頭で上手に組み立てたようでも
音になると ぞわっとするような
居心地の悪さを感じることがあります。

気持ち悪さが残ったら もう一度
言葉を組み直します。

そこまでしてから 原稿用紙に向かいます。

メンドーです。

正直手間ですが、
書き上げたあとに 間違えなどを見つけて
大量に消して書き直すことを考えたら

はたして 本当に手間でしょうか?


時々しか書かない日記ですが
文章力は伸びてきました。

1年生の頃は メモを取るのは私の役目でしたが

2年生の終わりになった今は、
「書く前に 下書きね」とメモ紙を渡せば
並べ替えまで1人で出来るようになりました。

私は 確認するだけでOK。


時々 句読点の位置が変
そんなふうに思いますが

先生が大きな花丸を付けてくれるから
きっと 2年生で書く文章としては
概ね合格点なのでしょう。



私自身が 考えていることを書き出すことで
気持ちをスッキリさせているので


日記を書くことで 自分の気持ちを
整理できる子になると良いな。

考えをきちんと言葉で説明できる人に
なってくれたら良いな。

そう願っています。
acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/29 06:00
算数が嫌いな acoです。
4月から子供会の会計係を任されることになり
私に管理できるのか ドキドキしています。


「姿勢は大切」の話を掘り下げたり
我が家の抗菌対策や身体が喜ぶ福箱の話など

書きたいことは たくさんあるのですが


今週のイチオシに乗っかって
子どもの学習について。


さて 数学の授業の前になると
胃痛や頭痛で保健室へ行ってしまうほど
数学(の先生)が嫌いで
高校時代には2点を記録した私。

その息子が 今 ナンプレに はまっています。
夏休みには100マス計算にはまっていました。

なぜ?と思うし
私はこれを見るもの嫌ですが
静かでよろしい。

20190128_120924.jpg

我が家では 
「授業についていけるなら問題なし」
と 学習塾には通わせていません。

英語も できた方が良いだろうな〜
とは思いつつ
Eテレの英語番組を見せるくらいです。
(ただのつけっぱなしとも言う)


そして 宿題を含め学習時間は20分だけ。
(これは学校で推奨されている時間で、高学年は長くなります)
これはしっかり習慣付けています。

宿題に20分かかってしまったら、そこまで。
5分で終わったのなら、残り15分は自主勉強。
ナンプレでも良し、日記でも、音読でも良し。




そして 自主学習用には
ダイソーで問題集を買ってきています。

20190128_124216.jpg

これは 下の子用に以前買ったものですが、
小学生用の問題集も 学年ごとにありました。
百ます計算も ナンプレも
ダイソ−で購入しました。


この問題集4冊は
下の子が お兄ちゃんの宿題を邪魔するので
一緒にお勉強するように と購入したのですが

それじゃダメなんですよね〜(笑)

「お兄ちゃんと同じものをやりたい!」
と プリントの取り合いになるので
結局 宿題をコピーして学習させました。


やる気があるのは良い。

「邪魔をしたいんじゃなくて
一緒にやりたいんだと思うんです」

「ピッピちゃんは とても向上心があるので
やりたい気持ちに寄り添ってあげてください」

って 幼稚園でも言われましたし。


おかげでピッピは
コタマが暗唱の宿題をしている横で
足し算引き算 さらには掛け算まで 
ずっと聞いていて 暗記してしまいました。

算数の宿題が出た日
ブツブツと口に出して問題を解くコタマの横で
先に答えを言ってしまうピッピ(笑)


中学生になってからの
先生との相性が悪くなければ
私のような数字アレルギーには
ならないことでしょう(笑)


学習塾に通わせるのも 2人分となると
なかなかに痛い出費ですしね・・・

学童費だけでも パート辞めるか?
と悩む 額になりますし・・・

学習塾に行かなくても なんとかなる。
なんとかしよう。
今のところ そんなふうに考えています。

acoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ