2018/01/04 17:55


1月1日の

#10万円チャレンジ *12月の記録と最終結果

にコメントくださったみい太さん

ありがとうございました


4か月のやりくりを共に頑張っていたみなさま

1月に入り

#10万円チャレンジから解放された〜と

反動がきていませんか〜exclamation&question


みなさんの「福袋ゲット」のお知らせは気になるものの

揺れ動く気持ちとお財布との会話を

繰り返している私です(笑)


もうそろそろ手遅れなので

揺れも収まって来ましたよ〜




それから

日付は昨日(ワタクシ的には寝る前なので一昨日)の

ショックだ〜Σ(゜□゜;)凹んだ〜(TT)

に優しいコメントをくださったdanngoさん、カオリフさん

ありがとうございました

慰められました


ご訪問、サンキュ!を下さったみなさまも

ありがとうございます


新年早々やらかしてしまったのを

大胆ご披露してしまいましたが

一晩寝ればたいていのことは流せる体質ゆえ

もう、元気に過ごしていま〜す
もう二晩寝ましたしね〜*^^*





ところで

今年も我が家では

息子くんと

相変わらずのおかしなやり取りに

かわいい花が咲いている??かわいい



元旦からさっそくでしたよ〜


「おかぁさんっ

ヘン顔してると 眉間の皺がとれなくなるよ〜


そう言ってキャハハ〜と笑う息子くん


「へ、ヘン顔〜?

ヘン顔なんてしているつもりないよ〜



「っていうかさ、それって

いつも顔がヘン

って言われているみたいなんですけど〜っ




はぁ〜







今日は

そんな息子くんのお話です


「前半」でしばらく止まってしまっていた

「反抗期の回想」


続きです








前回は「反抗期第3期」

時期にして中3〜高1

「寄るな触るなほっておけ」で

まるでゴルゴ13みたいになっちゃったことでした

↓ 詳しくはこちらをどうぞ ↓

息子くんの反抗期(回想)B (前半)



今回の「この時期のもう一つの特徴」を一言で言うなら


「オレ様こんなに大人になってきたんだぞ」

とでも言いましょうか・・・(笑)



「オレ様」と書きましたが

息子くんは

実際「オレ様」と言っていたわけではないですよ〜

言ったらそれはそれで面白かったけど〜(笑)

実際は
息子くんはずっと「僕」を通しています
イマドキ珍しい?

小学生の時もその後も
「学年で自分のコト僕って言うの、僕だけなんだよね〜」
なんて言っておりました
「オレって言わないね。どうして「僕」なの?」
「だって、似合わないでしょ〜」
だって
たしかに!!

息子のクラスメートのお母さんに自己紹介した時に
「あ、ボクって言う子のお母さんね〜」
と言われたことも
「え?家でどんな話しているの〜〜???」

最近は
幾つもある愛称に
「ボクくん」が加わっているようです(笑)








本題

「オレ様こんなに大人になってきたんだぞ」

って、どんなふうかと言いますと



思春期・反抗期って

子どもから大人への過渡期ですよね


反抗期後半は

実際だいぶ大人に近付いているわけです


本人はすっかり大人のように

「ちゃんと分かっているし〜、できるし〜」

と思っているのね


ほとんどの子が「そう思っているんじゃないかな〜」

っていう時期ありますよ〜
(これからの方、お楽しみに〜♪)



だから

ぴかぴか(新しい)とってもエラそうになるぴかぴか(新しい)んです(笑)


いろんな場面で自論(持論)を展開するの


私は ↑ これ がとっても好きでね〜(笑)


エラそうに語らせて

「ふんふん、そんなこと考えているのね〜

なるほどね〜、すごいね〜

おとなになってきたね〜」


って、ホクホクしながら聞いているの(笑)


我が子だけじゃなくってよその子でもね〜かわいい


突っ込みどころも満載だったりするので

「じゃあさじゃぁさ、こんなことはどうなの〜??」

って 突っ込んだりもしますよ(笑)


このテのやり取りが

ホントの大人に成長させてくれるのだと思って

面白がってお付き合いしています





息子くんの印象に残っている自論はね・・・


(たぶん高1の)冬休みが明けて最初の登校日

夜帰ってきてご飯を食べながら


ひらめき「どうして学校がなくなるといいか」

という即席プレゼンを

10分くらいかけて語ってくれました(笑)


私は笑い転げながら聞いていたんですね〜

「学校がなくなるといいから、爆破する爆弾」とか言い出したら

笑っていられなかったかもしれないけれど

そういう物騒な方向にはいかずに

「学校がなければどんな楽しく快適かぴかぴか(新しい)

というパラダイス論
に終始


ひたすら話したらスッキリしたのか

「さ、また明日も学校だ〜かわいい

ですって

この切り換えの早さに

最後は目をぱちくり目させた母でした






この時期はたいてい

大人にも厳しい視線を持っています


自分がどんな大人になりたいのか

真剣に考えている子ほど

大人に対して厳しい視線を持っている気がします


「いい大人」ってどんな大人なのか・・・

いい大人になりたいからこそ厳しく大人を見るのですね


今まで「大人っていうだけでみんなすごい」と

思いこんできたけれど

「大人っていってもいろいろじゃん」


って気がついたり


「大人のクセにそいつはないぜ〜」


なんて批判的に大人を見るものだから


特に身近でモノを言いやすい親に対して

めっちゃ生意気になるのね


「それじゃダメじゃん」

痛いところを突いてくるから


心の準備が足りないと



「今までちゃんと私の言うことよく聞く

素直でいい子だったのに〜



とショックを受けてしまう


または

「子どものクセに何生意気言ってるのよっむかっ(怒り)

とかね

生意気は、早い子は小学生からだから

その時期から生意気が始まると

ならなおさら

「なんなのよ〜むかっ(怒り)」とか思うかもしれませんね







ここからは私の懸念(持論)なのですが・・・

ですから、こんなふうに考える人もいるのね〜

くらいに流してください





最近「中間反抗期」なる言葉があるようですが

これは「発達心理学」などに出てくる言葉じゃないです

心の成長を伴う「第2反抗期」
(中学生頃をピークとする10歳以降の反抗期)

とは全然ベツモノみたいです


生意気な口のきき方を覚えてきて

「嫌だから嫌」と

自分に都合の悪いことを拒否しているだけじゃないかな〜

私には「ただのワガママ」にしか見えないのですよねあせあせ(飛び散る汗)


それに「中間反抗期」なんてネーミングしてしまうと

「だから仕方ないのか」と

してはいけない許容をしてしまいそうで


その後の 本当に心が発達していく時期に

「ワガママの延長」でしかない態度が続かないか

心配なんです


実際、大人なら当然の

「理論的な考え」

が通じないティーンエイジャーが

激増しているように感じているんです


「オレ様こんなに大人になってきたんだぞ〜」

ってエラそうに自論をぶちまける子には

頼もしさも感じるんですけどね〜
(だから面白い*^^*)


あと10年くらいすると

「自論は持てずにただ嫌なものは嫌と拒否するタイプ」

の子がどんなふうに成長するか

ある程度見えてくるのかな〜?





話を戻しますね〜


???なんでしたっけ???


ひらめきそうそう、思春期ちゃんは生意気な口をきく


ってところで「中間反抗期」に脱線しちゃったのでしたね



親には心や耳に痛いことを結構言うこの時期

我が家の息子くんは

親(私)よりも

よその(どこかの知らない)おじさんに

鋭い視線を向けていたように思います


たぶん私にも向けていたのでしょうけど

「あ〜たしかにそうだね〜。ごめんね〜あせあせ(飛び散る汗)

と受け入れちゃうから

痛くも痒くもなかったような気もします(笑)


おばさんではなくおじさんに厳しいな〜と感じられたのは

たぶん上に書いたように

「自分はどんな大人(男)になりたいか」

考えていて

同性の大人は「モデル」だからなのでしょう


最近は「モデルにしたい男性像」を持った人を

何人かに絞ったみたいで

さほど厳しいことを言いませんが

「大人のクセに」とよく言っていた時期もありました



演劇 一番インパクトがあったエピソードのご紹介 演劇


学校からの帰りのこと

電車の中で

ボックス席を一人占めしている「おじさん」がいたようで・・・

1両編成.JPG
※イナカなのでこんな1両編成で、ボックス席もあるのです
これは1カ月近く前に海の写真を撮りに行った時の写真スポットでもある某無人駅

やっぱり帰宅後、夕食を食べながら

「今日さ〜 

一人で4人分の席を独占しているおじさんがいたんだよ

デ〜ン と 足広げて座って

向かいの席のまん中に荷物置いてさ

腕組んでふんぞり返っていたんだよむかっ(怒り)


「ふんふん、そりゃ〜いかんね

マナー違反だね

ちょっとどちらかによれば他の人も座れるしね」



「でしょ??

そばにちょっとおばあさんっぽい人もいたんだよ」


「おばぁさんっぽいって・・・(笑)

まぁいいや。それで?」



「そんなおじさんがいるから

世界から戦争がなくならないんだよぉ〜〜〜むかっ(怒り)




「はいぃぃ〜〜〜?

ちょっと待ったぁ〜〜!

マナー違反のおじさんがいたのはわかった

それでキミが

「それってダメじゃん」って思っているのも分かった


でも!

世界から戦争がなくならないってとこまでは

飛びすぎだよ〜!」
あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)



「あ、たしかに」

と言って、説明してくれました

何段階もあって、全部は忘れちゃったんですけどね

ザックリ言うと

「そのおじさんは自分のことしか考えていないでしょ?

電車の中は結構込んでいたのに

年配の人もいたのに

そのおじさんは

周りの人が困っていようとお構いなしで

自分さえよければいいって考えを持っているとしか思えない


(中略)←正確には忘れたの〜あせあせ(飛び散る汗)


戦争も

自分のところがいい思いをすればいいって考えがあるから

起こるわけでしょ?


だから自分のことしか考えないワガママな人は

戦争が起こることの根っこにある欲望と

同質なんじゃないか

って考えたわけ」


ということでした


なるほど〜、今度はわかった






高校生は

結構まともなことをピュアに考えている子

多いな〜と思います


息子くんだけじゃなくて

いろんな高校生と話していて

そう思います


もうほとんど大人だね

そして

大人よりも

まっすぐ世界を見ていて

ステキだな〜ぴかぴか(新しい)


たくさんの中学生や高校生と

深い話もできる立場にいる私は

とてもラッキーるんるんるんるん


ここまでくれば

ゴール(大人)も間近位置情報


あとは

経験値を積んでいけばいいわけで



気持ちも徐々に安定してきてくれると

親も心をかき乱されることが減ってくるから

対等にいろんな話ができてくる


最近楽しいですもんかわいい


手厳しいことも結構言われますけど

笑える程度だし
(冒頭の、眉間の皺消えなくなるよ発言みたいな、ね)

大人な会話も楽しめるから


楽しいです






お子さんがまだ小さい方は

「反抗期」はまだまだ先で

イメージわきにくいでしょうけど

いつか来るんだな〜

うちの子のはどんな反抗期かな〜

と、心の準備をしながらちょっぴり楽しみにできると

慌てふためいてドツボにはまるのは

避けられのではないかと思います






反抗期は過ぎた息子くん

プレゼン力と

相手をその気にさせる力はかなりつきました(笑)


さっき私が生協宅配のチラシの中に

息子くんが「お正月に食べたい」と言っていたのに

手に入れ損ねちゃったものを見つけて

「今からでも食べたい?」

と聞くと

「もちろん」と言いながら覗き込み


「いいね〜トロ、美味しいよね〜

ボクさ

牛のたたき丼も食べたいし

チャーシュー丼もいいな〜

松前漬、ホントは好きなんだよ、知ってた?

それからさ〜・・・」


※マグロ以外はチラシの見えるところにはない

どこから出てきたんだろう?その美味しいものたちは(笑)


「高いものばっかだね〜



確かに美味しいものばかりだ〜

ホントに食いしんぼなんだよね〜キミは」


「何をごちそうしても

同じ感想しか言わない人よりずっといいでしょ〜

「そりゃそうだ〜

無反応なのもお料理する張り合いないし〜」



「でしょでしょ〜?

だからボクに

美味しいもの食べさせてね〜



え??何故そこに行きつく???


相変わらずの

凸凹親子



今日もここまでお付き合いくださいまして


ありがとうございました





以前の反抗期記事をリンクさせてみました

息子くんの反抗期@

息子くんの反抗期A


思い当たる?


新鮮?


もし興味がございましたら

覗いてくださると嬉しいですかわいい









あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように


























タグ(関連ワード):育児 反抗期 育自
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(4)
カオリフさん

私史上最長の記事を最後まで読んでくださり、さらにコメントも、ありがとうございました。(このコメントも長くなっちゃったけど*笑)

「冷静に対応」というより、「真剣に対応していない」の方が近いような…(笑)
なんとかしようとしないが私流です*^^*
本人の問題ですからね〜。イライラするのも。
自分で何とかしてごらん。どんなに時間がかかってもいいから。
そんな感じでしょうか。
でもその結果が今の凸凹関係、悪くない気がしておりまして(笑)

息子さん、とっても優しくて素敵だなと、和ちゃんとの絡みで登場するたびに思っておりました。お母さんの愛情をたっぷりもらって育っているのだなと。
受験を切り抜けたこと、最近も「机」の思い出として書いてらっしゃいましたよね。とんでもない量の勉強をこなして…って。
私も遥か昔、中学受験を経験しておりまして、「御三家」「女子御三家」と言われる学校を目指している仲間と机を並べてお勉強に勤しんでいた時期もあるのでわかります(息子さんがどこに通われているかは分からないけれど)

お母さんに甘えられるのは、いい関係の証。
行ったり来たり、振り子みたいな行動。
ちゃんと優しく見守っていらっしゃるカオリフさん、やっぱりステキだな♡

旦那さまの「僕と俺」ありがちですよね〜(笑)
私、男性の一人称にとても興味があります。
女性と違ってたくさんありますからね〜。
公式な場では「私」←これ言えないと恥ずかしい(笑)
相手と対等、もしくは自分が下と思った時に「僕」なのかな。
意図しているかいないかに関わらず、自分が上と感じている時に「俺」なのかな。
対等な相手にも「俺」かもしれませんね。
ほとんどの小・中・高校生が「俺」のところを見ると。
我が家の息子くんは「俺」は上から目線みたいでイヤ、って彼らしい(笑)
年下(小学生)相手でも「僕」なんです。

旦那さまの「俺」は「自分が守ってあげる人」という感覚なのかもしれませんね。
お嫁さんに素敵な人(だった?過去形?)と言ってもらえるお姑さん、羨ましい。
私はお姑さんになるのかわからないけれど(笑)憧れます*^^*
優しい旦那さまと、優しくてカッコイイ&可愛いお子さんたちと、暖かい家庭。…私も憧れます♡ (←手遅れだな〜f(^^;))
舞さん、こんばんは(^^♪
うちには中2男子がおりますので、
舞さんのこのシリーズとても勉強になります。

うちの子は、生意気なことを言ったかと思えば
『ミャミャ〜♡』とすり寄ってきり…
まだまだ甘えん坊で中途半端な反抗期。
もっと本格的なのがやってくるのでしょうか…
もしその時が来ても、舞さんのように冷静に対応できる
自信がないです( ;∀;)

そうそう
うちの主人も母親の前では『僕』って言ってました。
はじめて聞いたときは、笑ってしまいました。
だって私の前では『俺』ですから。
でも主人は心が温かい人で、
お付き合いしてる頃から
いいお母さんに育てられたんだろうな〜って感じてて、
ホントに姑は優しい素敵な人だったんです。

舞さんと息子さんの素敵な親子関係
憧れます(*'ω'*)




mihoさん

お帰りなさい♡ (無事帰ってこれたのかな〜。お疲れ様でした♡)

そして、中間反抗期対応お疲れ様です^^
一昔前までは「潜伏期」と言われていた時期。何故にこうなったんでしょ?
古今東西、一番扱いやすいお年頃だったはずなのですけどね〜。
この頃には「社会のルール」と「我慢すること」を覚えるから、でも「自己主張できる」ほどは成長していないから、「しのごの言わずにやるべきことやれ。人が困ることはするな」で済んでいたわけですね。
今は昔。なのですね・・・

そんなわけで、「社会のルールを受け入れること」と「我慢できる力」を育てましょう〜^^
頑張れ、母ちゃんたち!!

屁理屈はアウトだけれど、理屈はOKでしょ。小学生なら生意気だけれど(笑)
屁理屈じゃない理屈をちゃんと伝えられるのは、きっと社会で生きていくのに大きな武器になりますよ。(生意気少年は結構好きな舞さん♪)
屁理屈こねて「これが理屈だ」は、私なら「はい、さようなら」ですけど^^
それと、親以外にも、ちゃんと理屈攻めできること。親だから言えるけど、それ以外の人には委縮して言えない場合、たいてい屁理屈ですからね〜(笑)
親は受け入れちゃって筋が通っている気になっちゃってたりするけど。
わ、舞さんにしては珍しく(?)毒吐いちゃった〜(笑)

生涯反抗期!*^^*
どなただったっけか、不良老人ウェルカム的な本、かいてらっしゃいませんでしたっけ?思い出しました。読んでいないけど。
私はこっちの方(不良老人)をとろうかな(笑)
舞さん

こんばんは。

な中間反抗期。わたしは、息子もふくめ、ひしひし感じます。今は、そういう時期、と思うことで少し静観しようではないか、という大人都合ネーミングなのかな?生意気なことを言うのはもちろん、手が出るコ、口撃的なコ、いろいろだけど。ご家庭によって対処法は違うのもひしひしと。受け入れられ過ぎるのもどうかと思いますが、結局はまだ甘えの部分も大きいのに、言い出した以上本人も引けない感じなんかしらと思います。「しのごの言わずに最短距離で素直に甘えてくれ」って言っちゃうんですけどね。

数回の「いやだ」はいなしてハイハイ大変ね、で終わりますが、あまり屁理屈な過ぎると、
「主張が母を納得させるに至らないので、論理的に説明してください」
となります。
そのせいか、着々と理屈くさい子に、なってるようです。

なんか、ブログの趣旨と違ってしまい、すみません。

わたしは生涯反抗期を貫こうと思います。
ぼくはいやだ!

mihoyamana