2018/03/22 20:00


昨日の夜

お向いさんがピンポンして

来て下さいました


母のような方で

クリスマスクリスマスディナーを一緒にるんるん

とお誘いしたり

旅行のお土産をいただいたり

息子も修学旅行などのお土産をお届けしたり

そんな間柄の方です


息子が小学生の時に

鍵を忘れて家に入れなかったことがあったのですが

一人ぽつねんと

玄関前に座り込んでいるのを見つけ

お腹すいたでしょうと

ハンバーガーのセットを買って

息子に食べさせてくださったこともある

とっても優しい方なのです



私は仕事が終わって帰宅して

びっくりたまげましたよ〜( ̄▽ ̄;)








そのお向いさん

息子に進学祝いを届けてくださったのでした


万年筆1.JPG

万年筆2.JPG

PARKERの万年筆ぴかぴか(新しい)

カッコイイ〜かわいい


2年くらい前かな

息子が「万年筆欲しい!」

と言っていたことがありました





万年筆って

高校生からすると大人っぽくて

憧れる筆記具じゃないですか?

息子は「胸ポケットに万年筆ぴかぴか(新しい)

とっても憧れて

文具の専門店に行ったこともあるのです


でも

書きやすいものは

なかなかのお値段なのです


手が届く値段のものも

ないわけではなかったのですが

やっぱり書き味も大切


「どうせ持つなら、お気に入りがいいな〜」


そんなふうに考えて

その時は諦めていたのです・・・





そんな経緯があったので

お祝いの万年筆は

彼のハートを鷲掴み


ちょっぴり大人な気分になれる

憧れ筆記具


「大人になったね」って

認められた気分になったかな



万年筆3.JPG



お迎さんは

とっても優しい方なので

私のこともねぎらって下さいました


「お母さんもとっても頑張ったわね」って


初めて言ってもらったかも・・・


彼が頑張らなかったら

どうにもならないことなわけで

私は応援だけしかできないし

なんて思っていましたけど


そして

母が頑張れるのは

学費面ね

なんて思っていましたけど



こんなふうに言っていただけると

やっぱり嬉しい



私もほっこりしました


ありがとうございました



私とお迎さんのお付き合いは

まだまだ続きます


優しいご近所さんで

とってもとっても

幸せです









あなたと


あなたの大切な人にも



優しさの輪が


広がりますように



























タグ(関連ワード):幸せの素
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
たなみーさん

ペン先!そうみたいね!私も昔言われました。
その人の書く癖が、万年筆をオンリーワンにしていくらしい。
だから、息子の万年筆、書き味を知りたかったけど、触らずにいます*^^*

ドラマは知らなかったけど(たぶん息子も)、
万年筆は彼にもダンディなイメージなんでしょうね。
胸ポケットから万年筆を出して、サラサラとサインするのがカッコイイ
みたいなことも言っていました(笑)
最近は、日本人にはよくわからないないような内容の大統領令に
トランプさんがサラサラとサインするとこくらいしか
みていない気がしますけど〜f(^^;)

高校卒業まで携帯なしで過ごせちゃったり、万年筆に憧れる、
ちょっと昭和な香りがする息子でした*^^*
「モンブラン」の万年筆が似合うダンディな男性に成長してくれたら、
母はめっちゃうれしいなぁ(p*^-^)p
こんばんは。
万年筆、わかるナ〜。
私が小学生当時、母がスッゴイ愛用してて、「使わせて!」、「ダメ」って何度やりとりがあったか。
個人の書き癖でペン先の形がなんとか〜でダメって言われてましたケド。
大きくなってから、誰かにいただいたかなんかで、その時は舞サンの息子サン同様とても嬉しかったです。
何年も前、滝藤けんいちサン主演の「俺のダンディズム」っていうダンディになるために衣類からいろんな小物まで1つずつ揃えていくという、深夜ドラマがありましたが、それにも万年筆の回があり、今回のblogはそれを思い出しました。
息子クンには大人になった暁には、ご自分の頑張った大切なお金でゼヒ「モンブラン」の万年筆を手に入れていただきたいモノです。