2018/05/05 18:44


ゴールデンウィークに入って

家事負債の解消に取り掛かりました

と書きました


思いがけず

たくさんの方に読んでいただいたようです

お目汚しの写真がたっぷりであせあせ(飛び散る汗)

ホントはひっそりでよかったんですけどね


焦げ付いた負債は

そう簡単に解消されるものではないと

腹をくくって

なのか

開き直って

なのか

微妙ではありますが

ボチボチ進めております


そちらは数日後に改めて書くとして・・・





あのカオスな書斎の

私の仕事スペースに貼ってあった写真

特にお気に入りの写真は

いつも目にするところに

お引越しさせようと思っています


どこにどんな風に飾るのかは

まだ決めていないのですが

息子がまだ赤ちゃんだったころの

2枚の写真

赤ちゃんの写真.JPG


大好きな写真です


かわいい写真はほかにもあるのだけれど

とびきり好きなんですよね







息子は

生まれるときと

生まれて数日後に

命の危機がありました


今のように医学が発達していなければ

生まれてこれなかったかもしれない息子


なんとか生まれたとしても

持ちこたえられなかったであろう息子

なのです


2度目の危機の時

発熱が心配で病院に連れて行くと

「即入院です!

すぐに準備します!」


と緊迫した様子で言われました

そして

「とても危険な状態です

危険な状態の原因として

考えられる病気は4つあります

その原因を特定しようとしたら

きっと助かりません


だから

原因の特定をしないで

とにかく回復に全力を尽くします

無事に回復できたとして

実際何が原因かはわからないと思いますが

それでいいですか?」



ということを聞かれました



急ぎ治療を済ませてから

原因として考えられる4つの病名を聞きました

そのうち2つは

とても重い病気で

脳に後遺症が残るでしょうとのこと

残る2つは

後遺症が軽いかほぼないと思われます

とのことでした


その時のわたしは

とにかく無事に

命が助かって欲しい

ということだけで

いっぱいいっぱい






生後間もなくの小さな体で

必死に病気と闘っていた息子

身体にいっぱい管を付けられました

今思い出しても

かわいそうになるような処置も受けました


私はただただ

代わってあげたいと

毎日泣いていました



数日後無事に回復し

命の危機はもうないと言われ

3週間の入院の後

退院できましたが

その時に言われました

「あと30分病院に来るのが遅かったら

助かっていなかったと思うよ」



私が取り乱さないように

退院まで待って伝えてくれたそうです






私、赤ちゃんって

生まれてきたらすくすく育つもの

という勘違いをしていたな

と気づかされました


生まれるときも

生まれてからも

命の心配をして


「息子が無事生きているぴかぴか(新しい)

ということが

とても幸せなことだと

身に染みて感じていました



子育てしていると

思うようにならないことだらけ


子どもですから当然


ハラハラするようなことがありますし

もどかしいこともあります

肝を冷やしたり

泣きたくなったり


平穏無事で、気持ちが平坦な時は

あまりなかったんじゃないかと思います


でも

命の危機を思い出すと

自然に穏やかな気持ちを取り戻せました


「生きているんだもの」


「いろいろあって当たり前

大丈夫

また別の波がくる」



そんな風に

のんびり構えて息子と向き合っていたら

イライラしたり

落ち込むこともあまりなくなり

「まぁ、そのうち何とかなるでしょう」

と思うようになり


もちろんダメなものはダメと

言うときもありますが

「お母さんって全然怒らないね

普通のお母さんは

こんな時、怒るんじゃない?」


なんて

ヒトゴトのように息子が言うくらい

たいていのことは

受け入れてあげられるようになったのは


やはり

「生きてさえいてくれれば」

という気持ちのせい


赤ちゃんだった息子は

私をタフで穏やかにしてくれたと

感謝しています







何より大切な息子

そして

私が守らなきゃ

という気持ちが

ちょっと甘やかしモードに

傾きすぎたこともありましたけど

これは年齢とともに修正( ̄▽ ̄*)


幸せな笑み.JPG

いっつも一緒

抱っこしていないとぐずり続ける

抱っこしていれば満面の笑み

の息子

幸せをかみしめている自分


だから好きなのかな

この写真



苦手なうつ伏せ.JPG

実は苦手だったうつ伏せ

これ、実は「助けて〜」の前触れ( ̄▽ ̄*)



大切なことを忘れないために

そばに置いていたこの2枚


どうしようかな

どんな風に飾ろういかな

幸せな悩み


書斎の片づけをし始めたから出てきた

幸せな悩み






そうそう

昨日買ってきたCDラジカセで

ラジカセ購入.JPG

好きな曲を聴きながら

片付けしています♡








話は飛んで

一昨日息子が

久しぶりにラインしてきました


「Wii 送って」

って( ̄▽ ̄;)


それから

「たこ焼ききぷりーず」

って

一瞬「たこやき・きぷりーず」ってなんだ?

って脳みそ凍り付いた( ̄▽ ̄;)


「たこ焼き器・プリーズ」でした(≧▽≦*)


タコ焼き器.JPG

ちびっちゃいたこ焼き器

何年かずっと使っていなかったけど

息子はちゃんと存在を覚えていた


友達とタコ焼きパーティーかな?

楽しく過ごしているに違いない


そんなことを感じながら

「あいよ」

って請け負って

息子に荷物送るのは1か月ぶり♡

って、荷造りして発送してきましたけど

息子が完全に見えないところに行ってしまうと

「とりあえず生きてるよね?」

ってことが一番心配だったりする


息子があっちでどう生活しているか

誰とどんなふうに時間を過ごしているのか

ちっともわからないけど

自分で自分の進む方向を模索する

大切な時期


見守るというか

信じるしかない

だって見えないもん( ̄▽ ̄*)



赤ちゃんの時以来で

息子がちゃんと自分で考えて

日々を生きていることが

母である私の幸せだなと

再び強く思うのです


息子が自分の道を歩き始めて1か月余り

そんな思いをかみしめています






きっとどのお母さんも

子どもが生きている

ということが

何よりの宝物なんじゃないかな


もしもお子さんが

あなたのそばにいるのなら

幸せな時間を

たくさん楽しんでくださいね








あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように


























内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)