2017/09/04 21:40

手放し下手な自分を

それなりに受け入れてきたけれど


自分なりのペースで

ゆっくり手放すことにして

少しずつ前に進んできたけれど


今日

二つの理由で

手放し方を考え直すことになりました



一つ目の理由は

junkaさんのブログに出会ったこと


もうご存知の方もたくさんいらっしゃるのでしょうけど

junkaさんは

「2017個手放す」ことを

手放すたびにレポートしてらして

(同時に書いていらっしゃる

ふとした気付きや

心境も

なんだかほっこりするような

ゆったりした時間をまとっていらっしゃる

そんな方だな〜と

感じながら読んだのですが)


昨年2016年にちなんで

2016個のものを手放し終えた

そのおうちで


つまり

手つかずで

たくさん無駄のものがあるおうちで

暮らしているわけではないわけで

そんな中

一つ一つのものと向き合いながら

手放すということを

真剣にしていらっしゃるのですね



そのjunkaさんの言葉の

後ろにある思いを想像しているうちに

自分の中にある甘さと

向き合わざるを得なかったのです




そしてもう一つの理由

こちらはとても現実的


今日、お仕事で

どうしても「今」必要な、過去に自分で作った資料を取りに

いったん 家に戻ってきたのですが

見つからない!

「今日! 今!」必要なものが

見つからなくて困りました



書斎.JPG

*迷子の資料が見つからなかった 私の書斎
ここ2年で 400冊くらいの本を手放したけれど
少なく見積もっても まだ700冊くらいはあるでしょう



周りには

もう必要ないとわかっているモノ

処理するのを

後回しにしてきたモノ


そんな うんざりするものはあるのに

今!必要なものが見るからない!!


そんな自分に

うんざりしてしまったこと


junkaさんの記事を読んだ後だっただけに

より真剣に猛省してしまいました



今まで

心がこれ以上傷つかないように

守っていたことに気づいていたけれど


今なら

こんな自分から

もう一歩成長した自分になれるような気がして


junkaさんの真似っこだけれど

私も「2017個手放す」を目指して

物と向き合っていきます!



そして

junkaさんの記事の中で知った

森田法子さんの言葉


物を捨てなくてもいい暮らし


いつか私も

そうなりたいな


持つ物をしっかり選んで

私が持っているものは

「本当に自分が必要なもの」と

「自分を磨いてくれるもの」と

「自分の生活を豊かにしてくれる

いくつかの大好きなもの」


そう言える日を目指して

丁寧に

でも先延ばしせずに

まずは2017個を目標に

手放してみます


そして

それができたら

きっと

「手放し下手」を手放せるんじゃないかな


そんな予感がしています



そうはいっても

ちょっと心が弱いところもあるので(自覚済み!)

たまに途中経過を報告します!


今日帰宅後

「3つ」

手放してみた内海舞でした

内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
junkaさん

とっても嬉しいコメント、ありがとうございます!
記事を紹介していただけるなんて、とても嬉しいです。
反省文みたいで、ちょっと恥ずかしいですけど(//▽\\)

あの書斎を撮ったのは実は1年前、今は本の数は減ったものの、写真を撮った時以上にカオス状態(整理中なので)
私は、本好きをを通り越して、本キチかも(笑)
いつも2〜3冊の本がカバンに…
ジャンルは狭いんですけどね。

junkaさんのブログに、刺激をもらいに、ちょこちょこお邪魔しますね!
これからもよろしくお願いします。
こんにちは*
ブログに返事を頂いたり、早々と名前を出して頂いたりとありがとうございます。

また内海さんがサンキュを押して下さった記事を読み返し当時のことを振り返ることもできました。

自分が記録のように書いていた記事を
細かく読んでくださったこと、また内海さんが書いて下さった内容はすごくすごく嬉しいことでブログを続けたて良かったなと思えました。

内海さんの記事をいくつか読ませて頂き
すっと入ってくる感覚や読みやすい文章…
お写真見て分かりました*
たくさんたくさん本を読まれてるんですね*
そんな内海さんのブログ更新がすごく楽しみになってる私です*

それと、内海さんのお名前とこの記事を私のブログで紹介させてもらってもいいですか?