2018/09/15 11:00


北海道胆振東部地震の被災地

厚真へ

行きました


木曜日(一昨日)から

ボランティアを受け付ける

というので


一昨日はお仕事がありましたが

昨日はたまたまお休みだったので

平日にお休みなんて

一か月に一回程度のチャンス!



早速足を運んできました



行って何ができる?

なんて思いも頭をよぎりますけどね

行ってみないとわからないですから

取り敢えず

行っちゃえ〜って( ̄▽ ̄*)笑
じっとしているのが苦手な舞ですf(^^;)


かつて息子を震災後の熊本に誘ったとき

息子が言いました


「僕なんかが行って 

 何か役に立てるの?」


これ、多くの人が思うかもね〜

その時の私の答え

「役になんて立つわけないでしょ(´艸`*)」

普通言わないよね
こういうシッチュエーションで( ̄▽ ̄;)笑

たぶん
「ちょっとは役に立つかもしれないから」
とか言うかな?


じゃぁ、なんで行くの?」


当然の疑問ね( ̄▽ ̄*)笑


「一人ができることなんて

1俵の俵から

米粒1粒取り出すようなもの

1俵から1粒取り出しても

誰も気づかないでしょうね

何かが変わったという気もしないね


でも、それを

1万人がやったらどうなる?」



息子、素直だったと思います

これ聞いて

「あっそうか、行くわ」

と即答で言ってくれました


山ほどの米粒から

1粒取り除けばいいのなら

できるかもって

ちゃんと理解してくれたみたい

当時の現地は
俵1俵なんてもんじゃなかったですけどね



役に立とうと思うと

強大な自然の力に圧倒され

一人の人間の微力さに

無力感が増しますけど


私は

何かできると思っていないから

あまり気にせずに行けるのだろうと

自己分析


重機を持って

現地に入られる方

行政の力を

活用できる方などは

本当に役に立つ力ですけど


一市民が

一人一人は何かできる気がしなくても

それでも

何かできないかな?

と思う人が集まれば

ちょっとは形になるもの、かな







現地のリポートは

いたしません

というか

とてもできません


「ブログに書いていいですか?」

なんて野暮なこと

とても聞けませんから


心痛めている場面を

写真に撮るなんて

恥ずかしくてできないですし
記者さんならともかくね

黙々と

自分が割り振られたお仕事を

いたしました


事前に申し込みをしたときに

「資格」を尋ねられましたから

お伝えしましたら

当初は一番向いているかな?

というお仕事になる予定でした

たぶん避難所の
子ども相手のお仕事でした


その後

長期で通えるという方が見つかったそうで

その方にお願いしました、と


その方がいいですよね

「いつも見る顔」

の方がいい


毎回相手が変わるのは

大人でもストレスですものね

子どもならなおのこと



ボランティアセンターに依頼されるお仕事は


家の片付けや

壊れてしまったものの搬出の

お手伝い


避難所のお掃除


運営している方々のサポート


ボランティアのニーズ調査


などが多い印象でした







ボランティアの携帯品.JPG
写真の加工アプリを使わないので
超アナログな加工で失礼します( ̄▽ ̄;)笑
実際は、もちろん本名を、カタカナで書きます

ボランティアは

この札を服に貼り付けます


これ、熊本でも使ったシールです


何かあってから作る、では

間に合わないですもんね


全国ネットの社会福祉協議会(社協)が

不幸にも必要になってしまったときに

すぐにそこで使えるように

あらかじめ準備してあるようです


そして

ボランティアの運営も

ノウハウが蓄積されているようで


当然混乱している場所なんですけど

混乱が混乱を生まないように

離れた地域の社協の方も駆けつけ


無駄のない運営に

目を見張ってしまいました



現地で動いている方の多くが

ご自身も被災されています

休む暇なく働き詰め


ライフラインやインフラの復旧

罹災にかかわるお仕事

避難所にかかわるお仕事

などなど


ストップしてしまっている生活を

少しでも取り戻すために

ご尽力されていて

ご心労も

たまってきている頃でしょうに・・・

頭が下がります







しばらくは

ボランティアの確保が

できそうですが

次第に減っていくと

よく耳にします


少しでも長く

足を運びたいと思います


長く続けるために

ちょっと工夫しました


行きは高速を使い

最速で到着



「遠い」という印象は

無意識に壁を作りそうだったから


土砂による通行止め区間もあるため

うっかりそこまで行ってしまうと

ぐるっと迂回するか戻るかに

なってしまいます

行くのに苦労すると

「行くのが大変なところ」

という印象を持ってしまいそうなので

「確実に早く着く」を重視しました



帰りは

費用を抑えるため

一般道のみを利用



道を確認し

ところどころ

地点登録をして来ました

KIMG0223.JPG
震源だった安平も通りました

家から目的地まで

ナビで検索しても

通行止めの区間を含む道を

案内されてしまうのです


登録した場所を目的地にの一つにすれば

次からは正確な道を

ナビ君に教えてもらえるから(´ω`*)


私の頭じゃ

道を1度で覚えられませんけど

ナビ君という

賢い味方がいるので

これでもう心配なし!(´艸`*)


ついでに所要時間も

チェックできたし


朝と帰ってきたときに

ガソリンを満タンにしたおかげで

ガソリン代も確認済み


片道の高速代よりも

ペットボトル飲料1本分くらい

往復のガソリン代のほうが安い♪


毎回高速で往復したら

一般道3往復分の費用がかかることに!

高速使わないと
時間は1.5倍くらいかかりますけど



週1で行くとしたら

高速利用で4回(1か月)行くところを

一般道なら12回(約3か月)行けます!
時間と体力の問題もあるので
毎週は行けそうもありませんが



ボランティアの募集が続く限り

時間を作って

通おうと思っています

米粒10〜15粒くらいかな?(*´艸`*)

おちょぼ口でも

一口で終わっちゃうね( ̄▽ ̄*)笑







昨日現地でお話していた方との

会話の中で

改めて思ったことがありました


私が現地に足を運ぶわけ


何かできないかな?

だけじゃないなって

思うのです


私が住んでいるのは

東部ではありませんが

胆振(いぶり)です


ヒトゴトじゃないから・・・?


それもありますけど

それだけでもないです


住んでいる地域は

「火山」という

いつかはわからないけれど

必ず被災する災害と

隣り合わせです


ここが被災し

お世話になるときが

間違いなく

来るのです
たぶん近々


実際に

前回の噴火の際には

たくさんの方が駆けつけてくださいました


その時は

息子がつかまり立ちの時期

目を離せません

親含め親戚が近くにおらず

ワンオペ育児だった私は

他に見てくれる人もいないので

息子そっちのけで

動くわけにはいきませんでした


心理士の会で

動ける人を募っておりましたが

申し訳ないと思いながら

本当に何もせずに

終わってしまったことが

悔しかったことと

当時の皆様への感謝の気持ちが

現在の原動力になっているなと

感じています


そして

もう2年もすれば

「いつ噴火してもおかしくない」

という時期に突入するそうです


また

駆けつけてくださる方々の

お世話になるわけですね


だから

出来るときは私も

何かしたい



かつて若かったときは

ただただ

何かしよう

だったのですけどね

当時は北海道とご縁ができると
思ってもいませんでしたし



「その時」への心の備えも

進みますから

被災地で何かを経験させていただくことは

自分のためでもあるのです


ありがたいことです







帰りにコンビニに寄り

ちょっとお買い物を・・・


現地でお金を使うことも

復興支援になると

以前教わっていたから


現地の方にも必要なものは避け・・・

厚真より.JPG

北海道らしい飲み物を(´艸`*)

よく冷えていて

すぐにでも飲みたくなる気持ちを

抑えるのに必死( ̄▽ ̄*)笑


ねぎらいサワー.JPG

ゆっくり1日のことを振り返りながら

プチねぎらいタイム(*´艸`*)



当たり前の日常を

当たり前に過ごせることに感謝して








祈り (3).JPG








お読みくださり


ありがとうございました





厚真にも



ありがとうございました





※道端の写真(2枚)は

渋滞中に

あるいは

車を止めて

安全な状態で

撮ったものです









タグ(関連ワード):防災
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)