2018/12/06 10:58


「経験から学ぶ」とは言いますが

親にとっては苦行とも言える

子供の試行錯誤を見守る作業( ̄▽ ̄;)


何度溜息をついてきたことか・・・(´;ω;`)


昨日、勉強嫌いな息子

と書きましたが

本当に勉強嫌い


「できない」とはちょっと違うのだ(たぶん)






KIMG0430.JPG
思いっきり斜めでスミマセン
余計なところが写らないようにしたら
こうなっちゃいました

大学から届いた

前期の成績表がく〜(落胆した顔)

マジか〜〜〜〜〜Σ(・ω・ノ)ノ!

「不可」だらけやんか〜Σ(・ω・ノ)ノ!
見た瞬間めまいで倒れるかと思った〜(;´д`)


写っていないところは専門教科

こちらはパスできたものもあって(´▽`) ホッ 

でも、半分以上「不可」の成績表って

初めて見たゾ(;゚Д゚)


「ちょっと大学ナメてました

ごめんなさい

これから頑張ります」

って、試験が終わりきらないうちに

暴露&反省してきたけど
こういうところは彼のいいところなのよね( *´艸`)

これほどとは

思っていなかったよぉ〜
Σ(゚д゚lll)

私は息子をナメてました

もうちょっと大丈夫な子だと思っていた(;´д`)


特に

「一般教養」と「語学」

かろうじて第二外国語だけ「可」で滑り込んだけど

・・・大丈夫なのか?


一般教養は4年間で取ればいいけど

語学は1年生で1年生分を取らないと

まずいんじゃない?


来年再履修できるのか?

まぁ、もしも留年決定なら

彼ならそう言ってくるだろうから

再履修できるんだろうと思いつつ

こんだけ単位落としてたら

同じ枠に2つ重なって

取りたいものも取れずってことが

おこるんだろうな〜


けど、ありがたいですね( *´艸`)


私の時代は

1年間通しての授業がほとんど

「やばい」と気づくときには

丸1年が過ぎていたよね


半年で気づかせてもらって

ここから何かを学んで

軌道修正できるといいな(*´ω`*)






息子は昔から

経験して

「これじゃだめなのね」

実感して

初めて腑に落ちるタイプ


これは知っているけど

そろそろ

想像力働かせて

「きっとヤバいだろうな〜」って

勘付くことがあっても

いいんじゃないかと

ひそかにヤキモキしている母


ヤキモキしかできない母・・・(´;ω;`)






息子がまだ3歳だったころ

危ないから絶対しないでねと

念押ししていたことを

「本当に危ないかやってみた」(;゚Д゚)
と後から息子が言っていた

結果

ノドチンコを落としかけ

救急車で運ばれたΣ(・ω・ノ)ノ!


連休中で病院がなかなか見つからない!

あっても麻酔医がいない!

手術できる医者がいない!

と転々としたのでした(´;ω;`)


幸いその時札幌(都会)にいたので

病院のレパートリーがあったから

何とかなりましたが

ホント、肝を冷やした〜(;´д`)
1件目の病院で
半分ほどつながっていると言われたけど
手術した病院では
皮1枚になっていたと・・・


「お母さんが危ないっていうことは

ホントに危ないんだね」って

退院するするときに

洞察していた息子

「だからそうなんだってばぁ〜〜〜(´;ω;`)」

それからしばらくは

比較的言うこと聞いてくれてたかな( *´艸`)


実はこの後

この手術してくれた病院で

ベッドの上で飛び跳ねちゃって

口の中を切るけがをしたの( ̄▽ ̄;)
元気になってくると、ねぇf(^^;)


で、医者に

「こういう子は目を離しちゃいけないんだよ!むかっ(怒り)

と、叱られた私


「こういう子」でスミマセンね〜ヽ(`Д´)ノ

って言いたい衝動も

1日1回の荷物整理とトイレ以外

常に息子と手をつないだり膝にのせたりで

接触していたんですけど〜
※泊まり込みで付き添っていたので
24時間厳戒態勢でね


トイレくらい

行かせてほしいんですけど〜(´;ω;`)

という言い訳も

グッとこらえていたら


「明日退院しなさい!むかっ(怒り)って

退院が3日も早まった〜Σ(・ω・ノ)ノ!

・・・(∩´∀`)∩ ←心の中あせあせ(飛び散る汗)


まぁ、病院で怪我されちゃたまらんっ

ってことなんでしょうね〜

わからんでもない

ウキウキしながら息子と2人

病院を後にしたのでした(*´ω`*)笑






勉強に関しては

小2のとき

あまりに宿題をやらないので

「宿題はやらないとだめなのよ」

と注意したら

「宿題はやりたい人がやればいいんだよ」

と宣うたΣ(・ω・ノ)ノ!

マジか!うちの息子、大丈夫か!


しばらくして

宿題踏み倒し常習犯(息子ともう一人)に

たまっている宿題が終わるまで

休み時間なし宣言を言い渡した先生


溜めまくった宿題を全部片づけた息子が

ヒトコト

「宿題はやっぱりやらないとだめなんだね」

だからそう言ったじゃん〜

とは言わずに

「これからはしようね♡」

と諭す母

優しい〜♡((´∀`*))オイオイ


こんな息子ですから

体で覚えるエピソードはわんさか〜((´∀`*))


ちゃんと何かしら学んでもいるようなので

ヨシとしてきましたが

いつまで続くのかな〜


学びは続くよ どこまでも〜♪


いういや、適当なところで

悟ってくれ〜ぃ(ノ∀`)





お金に関しても

それなりに学びを繰り返してきたけど

失敗は比較的少ない彼


ではなぜ

ちゃんと学べているのか?
昨日書いたように
お金使いはなかなかのものなの♪(*´ω`*)

それはね〜

とんでもなくわかりやすい

反面教師のおかげ(* ̄▽ ̄)♪


そのエピソードは次回ね〜( *´艸`)



最後までお読みくださり

ありがとうございました(*´ω`*)






あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように























タグ(関連ワード):育児
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
かのさん、こんにちは。
コメントありがとうございます♡

こののんびり具合、
よその子ならめっちゃ面白いですよね〜( ̄▽ ̄*)笑
ブログにはとっても書けないエピソードもありますが
ハラハラドキドキ、刺激的な息子でしたf(^^;)
お陰で母は翻弄されまくり〜

そんな彼はある意味タフです
将来大物になる予感・・・

ん? ホントか?!笑
宿題はやりたい人がやればいいんだよ
いいなぁ。その考え。初めて聞きました。
我が子が言ったら怖いけど…

息子さん、きっとこれから頑張れそうですね。