2018/12/09 15:36


息子には

経済観念をしっかりもたせてあげたい(`・ω・´)b

なにしろ

息子の父ちゃんが

なかなか飛んでも8分な人だったからね〜( ̄▽ ̄*)
知らんでしょ、↑このフレーズ(笑)



そのために

楽しい仕掛けを考えましたよ〜


その一つが「旅」

私たち、旅行好きというほどは

出かけていませんけどね( ̄▽ ̄*)
若い頃はスキューバやスキーが好きだったくせに
実際はインドア派なものでf(^^;)

ドライブがてらのお出かけ(道内)のほかは

泊りがけの旅行(主に道外)

1〜2年に1回程度です



しょっちゅう企画はできないのですけど

たまのお出かけや旅行の時は

企画段階から息子を巻き込む!

ことをよくしていました(*´ω`*)


ただね〜(;´д`)

以前は

せっかく息子が「こうしたい」と言っても

興味がわかない時は

自分の行きたいところに

いつのまにか消えて行ってしまう人が

いましてね・・・( ̄▽ ̄;)

3人だったはずなのに

息子と2人になることもよくありました


夫が提案したことは

「うん、いいね」って付き合うし、楽しむ

から

息子が提案したことは
バックに私がいたりするけど

「お、それもいいね」って

楽しんでくれればいいのに〜

っていう希望は

贅沢でしょうかね・・・( ̄▽ ̄;)


私は、一緒に楽しんでほしかったな〜

サンキュのブロガーさんたちの記事には

家族で楽しんでいる記事、多いですよね

そういうの、憧れです♡(n*´ω`*n)
特にみい太さんちは私の理想の3倍くらいだわ♡
行先のチョイスとか目的とか・・・


まぁ、こんなわけで

我が家の旅行事情は

なんだか中途半端なんですけど

それでも「旅」は息子を育てるのに

とっても有益だったと思うので

どなたかのご参考になればいいなぁ〜

と思いながら

半分は私の回想を楽しむ目的もあって( *´艸`)

本日は息子と楽しんだ(&育ててくれた)

旅についてです







KIMG0440.JPG

小さい頃はSLと新幹線が大好きだった彼

「喜ぶことをしてあげたい」という

フツーの親心で

親が計画を立てていました

「行きたい?」「どっちがいい?」て聞いて

息子の希望を取り入れる程度ね






「旅」ではないのですが

年生になるころから

私がかなり忙しくなったこともあり

当時通っていた空手のお稽古場に

送ってあげられない日も出てきました


自然な流れで

JRで通う日が出てきました

最初の2回は私もいっしょに行って練習

その後は一人で通えるようになりました


学校から帰って

時間になっても私が帰らない日は

駅まで歩いて行き

乗り換えもしながら通う


私自身が子供の時は

小学校の入学と同時に

電車でお稽古に通うようになったので
当時バレエを習っていました

婿の電車通いには

何の抵抗もなかったのですが

ママ友からはビックリされました

「勇気あるね〜」と言われたり( ̄▽ ̄;)笑



今私が住んでいる地域は

完全な車社会なので

公共の乗り物に

一度も乗ったことがない小中学生が

結構いるのです
親ともないんだよ〜

初めての公共の乗り物体験が

修学旅行だったり

自分で行先見ながら切符買うのが

高校受験の時だったり
ワタシにはこっちのほうが驚きだったけど


そんな地域だからこそ

自分で動ける力を親が作ってあげなくちゃ

って思ったのです
我が家も普段お移動は車ですしね






彼が5年生の時に

私に「札幌に出張」というお仕事が入り

帰りは夜の9時は過ぎるな〜って予定

その日は夫も帰らない

しかもその日は金曜日
札幌に泊まれる♪

ということで

「学校が終わったら札幌までおいで〜」

ってことにしました

最寄り駅ではなく

一人で行ったことのない特急が止まる駅まで行き
一度、ちゃんと予行演習をしたの( *´艸`)
「思ったより遠かった〜」だって
予行演習していなかったらちょっと不安だったかもね

買っておいた特急券と指定券で改札

そのまま乗っていればちゃんと着く

というだけのものですけど


これもママ友には

「なんてことさせるの〜」と言われた件( *´艸`)


すごくドキドキしていて

「新札幌〜」のアナウンスを聞いて

やっとホッとしたんだって


「初めて」って こういうことね、って

私もお勉強


私、全然心配していなくて

あなたなら大丈夫でしょ♡(*´ω`*)

くらいに思っていてf(^^;)

本人や周りの反応にびっくりしちゃった


困ったときに「どうしよう」って考える力って

困ってみないと育たないと思うから

困ったら困ったでいいなって

思っていたんです


いざの時に間違った判断をしないために

「困ったときは、駅員さんに相談するのよ

駅員さんに怪しい人はいないから」

と伝えてあったし

私の携帯番号は知っているから

駅員さんに相談できれば

変なところに行っちゃっても

それも経験の一つ

会えなくなることはない

って思っていたから( ̄▽ ̄*)
結構ノンキね






この年はもっと楽しい企画もしました
ここから本題・・・( ̄▽ ̄;)笑

夏休みの自由研究のテーマを

「札幌探検」にしない?

って提案してみたのです


息子、飛びつきましたよ〜♪


予算は二人で1万円

この予算内で納められれば

どこで何してもいいよ*^^*って伝えて

ガイドブック選びから自分でさせました


行ってみたいところが出てきたら

いくらかかる?

どうやって行くの?

バスや電車の時刻は大丈夫?
これはネットで調べる

で、お昼はどこで何を?

などなど

修学旅行の自主研修みたいなイメージですかね


おやつもちゃんと盛り込んでましたよ〜( *´艸`)


行きたいところ、したいこと、食べたいもの

全部詰め込むと

予算内に全然おさまらないこともわかり

優先順位をつけて

取捨選択


それまでの旅行なら

彼は

行きたいところ、したいこと、食べたいものなど

希望を言えば叶ったけど

予算を意識するとそうはいかないんだ

って初めて気づき


「楽しむってお金かかるんだね〜」って

いい気付きをしていました


絶対外したい(行きたい)ことを軸に

予算と乗り物の時間を考えながら

パズルのように組み立てていく作業は

大変だけど楽しい悩み(* ̄▽ ̄)♪
これ、彼じゃなくてもはまるよね、きっと


そうそう、真っ先に彼が削ったのは

「ランチ代」
お手軽なものになりました

さらに

お母さん、たくさん食べないでね

大人料金は高いから

お母さんのほうがお金かかるんだよ!

とか言われるし( ̄▽ ̄;)笑






当日は彼の従姉弟も加わってくれて

楽しい1日旅行でした

一つ年上(小6)の彼女は

とってもしっかり者で賢い子

東京近郊に住んでいるので

乗り物にも慣れているしね


息子が困っているときは

「ほら、あっちに看板があるよ」

「このあとどうするの?」

「ここを見るとわかると思うよ」

など、大人以上の素晴らしいリードをしてくれて

これにはただただ感嘆!


ちゃんと「息子の自由研究のためのお勉強」と理解し

出しゃばったり

「こっちがいい」とかわがまま言わないし

息子が行きたかったところを

一緒に目いっぱい楽しんでくれて

ずっと笑いっぱなしの1日でした



これで味を占めた?

私が?彼が?

( *´艸`)どっちも!!


どこかに行くときは

予算も立ててその中で楽しむよ♡って

一緒に計画立てられるようになりました






中学生の時は

東京のど真ん中に

一人ほっぽり出したり


二人とも大好きな

劇団四季の公演に間に合うように

待ち合わせて

それまで自由行動〜って(*´ω`*)

もちろんあらかじめ

行きたいところに目星をつけたうえでね


最後の予定地から

ちょっと歩くけど

あとは山手線1本で待ち合わせ場所につくのに

3回くらい乗り換えて

とんでもなく大きく回り道してきたり( *´艸`)
「今○○駅って(車内アナウンスが)言ってる〜、ここどこ?」って
携帯で聞いてきて・・・( ̄▽ ̄;)笑
今となっては笑い話だけど






そんな経験もしてきたから

一人でどのくらいやっていける子か

困ったときにどのくらい対処能力を発揮できるか

わかっているからこそ

安心して

「一人でやっていけるね」って

送り出せたなって思います



まだお子さんが小さい方

少しずつ

「選ぶ」「決める」楽しみを


お子さんが思春期の方は

「自分で決めたことを実行してみる」楽しみを


ぜひ経験させてあげてね♡


お母さんも

「頼もしくなったな」「この子大丈夫だな」って

嬉しくなっちゃうと思います(*´ω`*)


失敗しないように色々教える方が簡単

でも、失敗をどう挽回するかって

失敗しないよりも大切!

っていいますよね


いきなり親が関与できないことを

「やってごらん」といって

ほっぽりだすよりも

親がチェックしたりアドバイスできる余地があることに

チャレンジさせる方が

お互い気楽です


小学校の高学年から中学生は

こういった経験をするのに

もってこいの時期(`・ω・´)


ちょうど思春期・反抗期の時期ですから

親はハラハラするけど

本人は

「自分は立派にできるもん!」って

思っている時期ですからね( *´艸`)


「あなたならできると思うよ」って

任せてもらうことが

とっても嬉しい時期ですね


「旅計画」を立ててもらうことのいいところは

「見通しを持つ練習」

「調べる練習」

に加えて

「楽しいプランをありがとう♡」

「美味しいかったね

いいお店を見つけてくれてありがとう♡」

「じょうずに予算内に収めたね♡」

って

たっぷり褒めてあげられること(*´ω`*)


ついでに

希望をわんさか言われると

あっという間に予算オーバーしちゃいますから

「予算内に収めてくれる」ってことは

節約主婦には

最高にありがたいのよ〜(* ̄▽ ̄)フフフッ♪



ちなみにうちの息子君

5年生の札幌探検の時に

「1万円も使えるの?」って喜んでいたのに

いざ計画を立てると

1万円ってあっという間になくなっちゃうんだって

衝撃を受けていました


子供にとって1万円って

想像が難しい額ですけど

この時に

「大切にしないとすぐになくなっちゃう

けど

考えて使えば

お金ってすごく楽しめる!」って

実感してくれたみたいです


この時を境に

少しずつお金の話ができるようになり

今、それが活きてきているなって

思います


タイトルの

「可愛い子には旅をさせよ」

本来の意味とは

違うんですけどねf(^^;)

私が意図的に行った「お金育」のなかで

一番良かったと思うことのご紹介でした



最後までお読みくださり

ありがとうございました(*´ω`*)


三田とりのさん

共感コメントありがとうございました♡






あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように






















タグ(関連ワード):節約 育児
内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
さださあやさん
コメントありがとうございました♡

ぜひいつか、お試しください♡
きっと、ハラハラドキドキ、楽しめますよ〜(≧▽≦*)
初めての時は、手も口もしっかり縛り付けなきゃ〜
かもしれませんけど( ̄▽ ̄;)笑

「お金持ちになりたい」、息子も言っていましたよ。
大丈夫!そのうち現実も己のこともわかってくるから〜(≧▽≦*)

母ちゃんはお金ないけど、僕は稼げるようになるんだ!ですと。
でも、努力なしに金持ちにはなれん!ってこともちゃんとわかって
それなりに努力するから、努力に見合う程度には金持ちになるって。
で、「稼げるようになったら旅行に連れて行ってね♡」
って言ってみたら
「うん、考えとく(*´ω`*)」ってニコニコ。
受け入れられたのか、やんわり断られたのかも謎な
不思議なお返事がきましたf(^^;)

子供の成長って面白いから、
これからこの子、どんな風に変身していくかな〜って
楽しんでくださいな。
さあやさんが旦那さんと、ちゃんと大切なこと教えているから、
お金の感覚はしっかり育つんじゃないかな〜。

おやつ選び、いいですね♪ 楽しそう〜(*´ω`*)

そういえば、息子が小学生の頃
我が家には月1で「ねぎらいデー」というのをしていました。
家族の好きなものを詰め込んだディナーを用意する程度ですけど、
そのうち息子も加わりたいと言ってきて、
予算内にできることを一緒に考えたりしました。
息子が加わったら、景品(おやつなど)付きのゲームをしてくれたり、
子供の発想って大人の私には思いもよらないこともあって
とっても楽しいイベントになりましたよ♪

さあやさんちでも楽しいことになるといいナ(*´ω`*)
夏休みの自由研究が探検だなんて素敵!
数年後にマネさせてください( *´艸`)

1月号のサンキュ!で舞さんのお金育について読んで、我が家も子どもを堅実に育てたい〜と改めて思うようになりました。
やっぱりただ言って聞かすんじゃなくて、自分でやらせてみるって大事なんですよね。

我が家の5才の息子、お金は有限だと思い始めているし、私がいつも「考えて使うんだよ」と言っているからか、割とお金に対しては慎重なのですが

普段から「お金持ちになりたい」と言うようになってきて…(;´∀`)(七夕の短冊に2年連続で書きました…)

違う、違う、そうじゃ…そうじゃないッ…!
お金さえあれば…みたいな考えになっているので軌道修正しなければなんです(;´∀`)

もちろん今の息子にプランを立ててもらうのはまだできないだろうけど、これから少しずついろんな経験をさせて、お金の感覚を養っていければ…☆

これから大きくなるにつれて、できることも増えていくだろうし、その都度レベルアップした経験をさせられるのが楽しみです(*^-^*)

まずは、家族のおやつを予算内で選んでもらうことからさせてみようかな♪
わ〜い♡ atsumiさんだ♡(*´▽`*)
コメントありがとうございました♡
私は、インスタに触れない!と自分を縛っているので、
自ら機会を作れず
「おめでとうございます♡」って言えるその機会を
お待ちしておりました〜*^^*笑

ご出産、おめでとうございます&お疲れ様でした♡
その後体調は崩れずお過ごしでしょうか?
更ににぎやかで楽しい家庭になりますね♪
私も、3人か4人、子供ほしかったので、憧れます*^^*

旅は、準備(プラン立て)から楽しいですよね♪
そこにかかわれると、お子さんの満足度はマックスになること
間違いなし!だと思います。
ぜひ、お子さんが大きくなったら、
プランニングを順番にお願いしてみてくださいな。
「(`・∀・´)エッヘン!!」って考えてくれて(それがまたかわいくて)
とびっきりの思い出にもなると思います*^^*

息子、親バカな私にとっては世界一ですけどf(^^;)
同級生女子やら先輩やらに「残念なイケメン」とか言われて(ほかにも、ね。言いたい放題な感じで(>_<;)笑)
憤慨して帰ってくること幾度となく・・・( ̄▽ ̄;)笑
まぁ、「学年一」の称号をいくつか持っていればねぇ〜笑

私からすると、素敵な奥様をお持ちのatsumiさんの旦那様が、
「幸せだな〜」って、いつも思っています♡
tarokoさん、コメントありがとうございました♡

息子がコーディネートしてくれた旅、楽しかったですよ〜♪
私が考えもしなかった、彼らしい行き先が入って♪
満足さ100%の彼と、とっても楽しそうな従姉弟を見守っていて
私も最高に幸せでした(^-^*)

おばあちゃんの家へ。いいですね*^^*
段階を経て自信をつけるので、電車の中で食べるお菓子付きで、
駅まで一緒に行って、
あちらの駅までお迎えに来ている確証付きだったら
いかがでしょう?

息子は、一人で電車で過ごす時間は
ちょっぴり不安だったけど、ちょっと大人な気分になれて
嬉しかったようです。
普段から、「あなたは上手に解決するね」って言っていたので
(もちろん、ちょっと誇張だけど)
「ちゃんとできるの?」「無理なんじゃないの?」と言って育てると
自信のない子に育つけど、
「きっとできるよ」「じょうずだね」「いい判断力ね」って
(おべっかではなく、無理のない範囲で)褒めて育てると
自立心が育つと思って、
小学校に上がったころから「いいね」をたくさん伝えていたのも
効果的だったかなって思っています。

興味を持ってくれるところから
ぜひ、楽しんでみてください♪

息子、実際はめっちゃ食いしん坊なんですよ〜(≧▽≦*)
でも、それ以上にしたいことがあったのね。
「美味しいものは別の機会に食べられるだろうけど、
今日を逃したら、ここには連れてきてもらえないと思って。」
って、図星の理由でしたね〜*^^*
どっちも取れず、苦渋の選択をするときに
何かを得るのかな、って思います。
彼、「美味しいものを食べ歩くプラン」経験もありますよ(≧▽≦*)
まさに理想です(*≧∀≦*)
わたしは、小学校高学年になったあたりから、家族が楽しめる旅行を計画してほしいなぁと考えていたのですが、
こうやって、子ども1人を楽しませる方法があるのかーと目から鱗です。
舞さんの記事は、いつも隅から隅まで、
学ぶことばかりで大好きです♬
また、息子さんのイケメン度合いにびっくりして、
わたし二度見しました!笑
息子さん、幸せだなぁ〜。
予算を決めて息子さんにガイドプランを決めてもらうって
すごく楽しそうですね(*^^*)そして性格が思いきりでそう

こちらは、どこへ行くにも車なので
一人で電車に乗っておばあちゃんちに行ってみたらと提案しても
すごい勢いで拒否されますが(小5なのにビビりなんです)

プランを決めてもらうのは喜んでやってくれそう
今度やらせてみたいと思います
わが家の長男だったら食事代だけは削らなそうですけどね(笑)