2019/02/05 06:00


大学受験に向けて

頑張り始めた

 当時の息子の様子を

もう少し書かせてくださいね

 

 

受験勉強

まず 何からするか〜

まずは手元にある

教科書や副教材をチェック

 

そうしたら・・・

今はいいものたくさんあるんですね〜(*´*)

分かりやすくて使いやすそうなものばかり

おかげで、買ったのは

前出の漫画の日本の歴史と

国語の薄い問題集を2冊のみです


 

新しいものを自分で選ぶと

スイッチが入るタイプの子なら

一緒に書店に行くのがいいのでしょうけど

 

息子は

あれこれ増えると

プレッシャーで嫌になっちゃうタイプです


彼が通信講座をしたくなかったのは

たぶん、次々に教材が来るのが

不安だったから

 

彼の性格に合わせた結果ですけど 

一番お金がかからないパターンですね(´艸`*)

 

 

 

 

2年間の英語の勉強に使ったのはこちら

 

CIMG5705.JPG



付箋がいっぱい(´艸`*)

 

 

「視覚・聴覚・身体感覚」

得意な感覚をうまく使うと

お勉強が進みやすいお話を書きました

https://39.benesse.ne.jp/blog/3038/archive/405

 

 

息子は「視覚優位」だし

書くことが苦手なので

「書く」は避け

繰り返し読む(見る)だけ!

を薦めたんです

※日本史だけノートを1冊作りました

 


付箋作戦は

覚えるところのチェックだけでなく 

進捗状況も一目でわかります

 

始めはうんざりするけれど 

覚えたものをはがしていく段階に入ると

少しずつ楽になり

はがした付箋が

達成感になるから (*´ω`*)


 

視覚優位の息子なので

このようなやり方を薦めてみましたが


もし、聴覚(も)優位だったら

CDを有効活用したと思います



今の教材は

CD付きが多いですね

 

うちには封さえ切られなかったCDが

多くありますけど 

英語は音も大事なので

ホント言うとCDも使ってほしかったな〜

 

 

身体感覚優位のお子さんは

ぶつぶつつぶやいたり

書きながら覚えるのが得意ですね

 


 

 

ところで・・・ 

夏休みの直前 

三者懇談がありまして

なんとうちはトップバッター!

 

担任曰く

「一番にしなくちゃと思って」

 

ありがたい〜

先生、わかってる〜艸`*)

と思いました

ホントは喜んじゃダメなとこね(;´д`) 

 

三者懇談では

前半はセオリー通りに

息子の志望校など意思の確認

母親である私の意思確認

現状確認

 

そして後半

これが素晴らしかった!!

 

 

センター試験の赤本(過去問)を持ってきて

すべての年度の何番と何番を

やるといいよって具体的

理由もわかりやすく教えてくれて

 

学校にある志望校の赤本を

家に持って帰っていいよとか

 

そして

(かなりの量だけど)

これだけこなせれば

かなりいいセン行くよと

あたたかい励ましの言葉

 

やっぱり勉強については

受験をよく知っている先生はスゴイ!

 


本当に心強かったし

私のサポーターにもなってくれていると

親子でありがたかったです(*´ω*)



夏休みは

担任からのアドバイスも得て


予定表を作って取り組み

今までとはだいぶ違う頑張り!



そのおかげで

秋風が吹き始めたころにようやく


それまで片っ端から詰め込み

「点」として頭の中に点在していたものが

少しずつつながっていきました



点と点がつながり

線が増えていくにしたがって


やっと「点数」に

結びつき始めたのです

 ここまで来るのに1年半・・・




 

これってきっと

大学受験に限りませんね

 

始めは全体像が見えず

片っ端から覚えていくけど

 

頑張ってるわりに

なかなか

目に見える成果にならない

 

そんな時期を経て

あるときふと

「あ、そういうことか」

とわかってくる

 

 

滑り台のように

右肩上がりに

理解が進み

成果が出るのではなく

 

階段のように

停滞期と

一気に理解が進む時期が

交互にやってくる

 

 

だから

停滞期は

次のステップアップのための

大事な準備の時

 

この停滞の時期を

どう乗り越えるかが

難しいけど大切

ダイエットみたいね(´艸`*)

 

 

停滞期は

本人の焦りや不安が大きいもの

だからこそ

親の言葉が支えになる

 

とはいえ

見ているお母さんだって

不安ですよね

 

心強い味方を得ることは

お母さんが安定して

お子さんを支えるために

大切ね(*´ω*)実感

 


 

本日もここまでお付き合いくださいまして

ありがとうございました

 

 

 

コメントくださいました

mihoyamanaさん

大切なアドバイスを

ありがとうございました(*´ω*)

 

 

 

 

 

 

あなたと

 

 

あなたの大切な人に

 

 

笑顔の輪が

 

 

広がりますように

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内海舞さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)