2017/11/03 19:53




なぜそんな話になったのかは忘れてしまったけれど

祝日なのに慌ただしかった今朝

登校前の息子と

将来の話になりました


「将来は世界中のいろんなところに行って

美味しいもの食べたり

いろんなものを見たいな〜るんるん



「そうだね〜

そうできたらめっちゃ幸せだねぴかぴか(新しい)



「相当稼げるようにならなきゃダメだね〜」


「たっぷり稼げるようになったら

母さんも一緒に行こう〜

って誘ってくれたりするかな〜」



「海外は分かんないけど

国内なら気軽に誘うかもよ



「えexclamation ホントexclamation&question

何言ってんのさ〜って言われるかと思ったのに」



「へ?なんで?」



うっわ〜

私ってなんて幸せ者なのかしらかわいい




それなりに稼げるようになったらね

って前提だけど(笑)

拒否られなかった(意外!)


「ほら、沖縄いくよ〜とか

次は北海道だよ〜とか言うかな〜」


と言いながら大笑いしている


彼は道外に出る気満々だけど

私は北海道に定住だからかな?


世界でいちばんしあわせな母ちゃんだった朝でしたかわいい






そんな幸せ者が

9月から始めた

2017個手放すプロジェクト
(いつの間にかプロジェクトになった?!)

平日はほぼ手つかずだったりするのです

ぼちぼちだった「手放す」作業

このペースだと目標だった年内には終わりません


どのくらいのペースで進めていけばいいのか?

ちょっと計算しみました


目標残数を

作業できる週末の日数で割ると・・・



え?

一週間(一週末)毎に200個以上exclamation&question


わぁお〜

これは大変だ


ちょっとのんびりし過ぎちゃったみたい


ちょっとペースアップしようと決心いたしました






先々週の週末

モチベーション維持

というかむしろ

モチベーション回復のため

こんな本を読み直していました



老前整理.JPG

この本読むのは3度目です


今までは

「断捨離」とか「ときめき」系を読み直しては

ちょっとガンバロ!って気合い入れていたのですが


何だかしっくりこなくなってきてね


むしろ「老前整理」の方に目が行って・・・

もう年かな?

って思いながら・・・(笑)


著書にもあるのですが

「遺品整理」でもない

「老後整理」でもない

「老いる前にやり始めましょう」という提案


何故なら

年をとった時にものが多いと危険なんですよ

そして年とともに物はどんどん増えていくうえ

年をとってから手放すのって

とってもとっても難しいのです


というところから始まっていて

なんだかしてしまいます


親のものを整理しようとする時に

親がどう感じるか

なぜ親のものを減らすのが難しいのか

なんてことも詳しく描いてあります


半年後には私の元を巣立っているはずの息子に

心配や迷惑をかけちゃいけないな

切実にそう感じる時期だから

この本がしっくりきたのだなと思いました


30代のかたにはまだまだの感覚かもしれませんが

親のものを整理したい時には

いろいろ参考になりそうですよ

オススメです





実は

12月号を読む前までは

「オススメ」と書こうか悩んでいたのです


ピンとこない方が多いだろうな〜と

想像していましたので


でも

昨日発売された12月号の

老後も豊かに暮らすための「捨てる力」の磨き方

というページを読んで

「そうそう、そうなのよ!!」


と腑に落ちまくってしまって(笑)


年表のようになっていて

各年齢の

「片づけが難しくなっていく理由」に

実感ひしひし(笑)


私はまだ40代後半なので

実感(切実)としては「更年期MAX」あたりですが


「ときめき」のこんまりさんが提唱する

「片付け祭り」はもう無理です


パワーが明らかに落ちているのです


さらに問題なのは

しまう時は「ここにしまえば忘れない」と

結構自信があったはずなのに

すっかり忘れている

ということがしょっちゅう起こるようになっていて


ここ3年での変化が

急ピッチあせあせ(飛び散る汗)




「捨てる力」も急ピッチで磨いていかないと
ホントは「捨てる」ではなく「手放す」と使いたいのですが・・・

とちょっぴり切実に感じています







そんな私の前回から今日までの

手放したものは


大好きだったジャケット2着

しばらく着ていないし

もう着ないかな

今のわたしには似合わなくなったな

と思っていたので

さよならしました


ソーラーライト3つ

キャンドル代わりに使うこともあったけれど

やっぱりキャンドルの方が好き

たまに週末キャンドルを灯して

ゆっくりディナーを楽しみます

「本物志向」

ということで手放しました



電気機器数点

昔使っていたウォークマンが出てきて

懐かしい〜

と喜んだものの

電池を入れ替えても動きませんでした

カセットテープを入れるタイプです(笑)

知ってますか?

見たことないという方もいらっしゃることでしょう(笑)

迷わずさよならでした


記事にも書いた

アンティークの糸(詳しくはこちら↓)

https://39.benesse.ne.jp/blog/3038/archive/72

昭和の裁縫道具(詳しくはこちら↓)

https://39.benesse.ne.jp/blog/3038/archive/73

などがつまった祖母の裁縫道具を整理して

自分では使いそうもない細々したもの

祖母から譲り受けた時に一度整理しているので

思ったほどはなかったのですが

それでも

私、洋裁はしないので

ホックや目には見えない程度の錆びがあるマチ針
布に引っかかるとストレスになるので

などなど数十点


手放したものは

合計で131個になりました


2017個まであと

1223個ぴかぴか(新しい)


12月は他にもたくさんすることがあるでしょうから

できるだけ11月中に頑張りましょう



手つかずでいたところ

見たくないものもたくさん出てきそうで

触らずにきたものたちを

明日こそ何とかしようと

決心しました


かなりパワーが必要そうです(笑)

今夜はしっかり充電したいと思います







明日も

あなたとあなたの大切な人たちに


笑顔の輪が

たくさんたくさん

広がりますように













タグ(関連ワード):2017個
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
danngoさん

共感、ありがとうございます♡
そう、こんまりさんは若い人向けだと思います。

ときめく…。

danngoさんのコメントを読んで、思い出しました。
女性が男性にときめくのは20代か、せいぜい30代前半まで。だそうです(笑)
根拠もあって、男性にときめくのは、生殖活動と関係あるから。
ときめかない相手は選びたくないですものね(笑)
まぁ、お見合い時代はさておいて。
動物が、一番強いオスや一番マメなオスを選ぼうとするのと一緒ね。
子孫を残す相手を本能的に(かな?)選ぶために、「ときめき」があるそうですよ。

ですから、生殖能力の低下とともに、「ときめき」はなくなっていく。
「頭で考えて選ぶ」にモードチェンジしていくんですって。
「いいな」と思うとき、なぜいいかを理路整然と説明できるようになったら、「ときめき力」低下かも(笑) 
若い時は、「なにがいいかなんてわからないけどとにかく好きなの〜」ってかんじだった気がするから(≧▽≦*)

ものに対してのときめきも、きっと男性に「ときめく」時代がピークなんじゃないかな。
な〜んて勝手に考えました。「ときめき期」をとうに過ぎたので、想像ですけど。
こんまりさん、若いので、「ときめく」という基準がぴったりなのでしょうね。

ちなみに。
産む性の女性は、一生で産むチャンスは限られるので(お腹で育てる期間がありますから)、相手を厳選するから「大きなときめき」か「ときめかない」がはっきりしているけれど、産ませる性の男性は、相手が多いほど子孫を残せるチャンスがあるので、ちょっとでもいいなと思うと「ときめいちゃう」らしいですよ(笑)
そんなわけで、男性は「ときめき」を基準にしたら、あれもこれも好き、と選べなくなるんじゃないかなぁ。
好きなものがたくさんで、コレクターが多いのが男性。
「獲得願望の強さ」も関係しているらしいけれど(笑)

話がとんでもない方向へ行ってしまいました(笑)
失礼しました。
最近「ときめき力」超低下してしまった舞でした(*^-^)/
by 内海舞 2017/11/04
この話、すごく分かります。

私は出産前にこんまりさんの本を読んで夫婦で片付け祭りをし、その後もう本要らないからと実家の母にプレゼントしたのですが…。

読んではいるらしいのですが、部屋が片付く気配なし。

親の趣味により、ハワイ化する実家の様子をブログに書いたことがあるのですが、その時写真を撮っていて「この家本当に物が多いな」と実感しました。

余計なものが写りこまないようにするの、大変でしたからね…。

でもこの記事を読んで、「うちの親にはあの本のやり方が適していなかったんだ」と腑に落ちました!

今度はこの老前整理の本を買ってあげましょうかねえ。

できることなら私が手伝いたいのですが、喧嘩になりそうなのでw

やっぱり本人の意識改革が必要かと。

そして、私も勉強のために読んでおこうかと思います!

素敵な本の紹介、ありがとうございましたー。

お片付け頑張ってくださいね☆

私の家も、若干リバウンド気味なのでこれから頑張りますw
by danngo 2017/11/03