2018/12/09 15:36


息子には

経済観念をしっかりもたせてあげたい(`・ω・´)b

なにしろ

息子の父ちゃんが

なかなか飛んでも8分な人だったからね〜( ̄▽ ̄*)
知らんでしょ、↑このフレーズ(笑)



そのために

楽しい仕掛けを考えましたよ〜


その一つが「旅」

私たち、旅行好きというほどは

出かけていませんけどね( ̄▽ ̄*)
若い頃はスキューバやスキーが好きだったくせに
実際はインドア派なものでf(^^;)

ドライブがてらのお出かけ(道内)のほかは

泊りがけの旅行(主に道外)

1〜2年に1回程度です



しょっちゅう企画はできないのですけど

たまのお出かけや旅行の時は

企画段階から息子を巻き込む!

ことをよくしていました(*´ω`*)


ただね〜(;´д`)

以前は

せっかく息子が「こうしたい」と言っても

興味がわかない時は

自分の行きたいところに

いつのまにか消えて行ってしまう人が

いましてね・・・( ̄▽ ̄;)

3人だったはずなのに

息子と2人になることもよくありました


夫が提案したことは

「うん、いいね」って付き合うし、楽しむ

から

息子が提案したことは
バックに私がいたりするけど

「お、それもいいね」って

楽しんでくれればいいのに〜

っていう希望は

贅沢でしょうかね・・・( ̄▽ ̄;)


私は、一緒に楽しんでほしかったな〜

サンキュのブロガーさんたちの記事には

家族で楽しんでいる記事、多いですよね

そういうの、憧れです♡(n*´ω`*n)
特にみい太さんちは私の理想の3倍くらいだわ♡
行先のチョイスとか目的とか・・・


まぁ、こんなわけで

我が家の旅行事情は

なんだか中途半端なんですけど

それでも「旅」は息子を育てるのに

とっても有益だったと思うので

どなたかのご参考になればいいなぁ〜

と思いながら

半分は私の回想を楽しむ目的もあって( *´艸`)

本日は息子と楽しんだ(&育ててくれた)

旅についてです







KIMG0440.JPG

小さい頃はSLと新幹線が大好きだった彼

「喜ぶことをしてあげたい」という

フツーの親心で

親が計画を立てていました

「行きたい?」「どっちがいい?」て聞いて

息子の希望を取り入れる程度ね






「旅」ではないのですが

年生になるころから

私がかなり忙しくなったこともあり

当時通っていた空手のお稽古場に

送ってあげられない日も出てきました


自然な流れで

JRで通う日が出てきました

最初の2回は私もいっしょに行って練習

その後は一人で通えるようになりました


学校から帰って

時間になっても私が帰らない日は

駅まで歩いて行き

乗り換えもしながら通う


私自身が子供の時は

小学校の入学と同時に

電車でお稽古に通うようになったので
当時バレエを習っていました

婿の電車通いには

何の抵抗もなかったのですが

ママ友からはビックリされました

「勇気あるね〜」と言われたり( ̄▽ ̄;)笑



今私が住んでいる地域は

完全な車社会なので

公共の乗り物に

一度も乗ったことがない小中学生が

結構いるのです
親ともないんだよ〜

初めての公共の乗り物体験が

修学旅行だったり

自分で行先見ながら切符買うのが

高校受験の時だったり
ワタシにはこっちのほうが驚きだったけど


そんな地域だからこそ

自分で動ける力を親が作ってあげなくちゃ

って思ったのです
我が家も普段お移動は車ですしね






彼が5年生の時に

私に「札幌に出張」というお仕事が入り

帰りは夜の9時は過ぎるな〜って予定

その日は夫も帰らない

しかもその日は金曜日
札幌に泊まれる♪

ということで

「学校が終わったら札幌までおいで〜」

ってことにしました

最寄り駅ではなく

一人で行ったことのない特急が止まる駅まで行き
一度、ちゃんと予行演習をしたの( *´艸`)
「思ったより遠かった〜」だって
予行演習していなかったらちょっと不安だったかもね

買っておいた特急券と指定券で改札

そのまま乗っていればちゃんと着く

というだけのものですけど


これもママ友には

「なんてことさせるの〜」と言われた件( *´艸`)


すごくドキドキしていて

「新札幌〜」のアナウンスを聞いて

やっとホッとしたんだって


「初めて」って こういうことね、って

私もお勉強


私、全然心配していなくて

あなたなら大丈夫でしょ♡(*´ω`*)

くらいに思っていてf(^^;)

本人や周りの反応にびっくりしちゃった


困ったときに「どうしよう」って考える力って

困ってみないと育たないと思うから

困ったら困ったでいいなって

思っていたんです


いざの時に間違った判断をしないために

「困ったときは、駅員さんに相談するのよ

駅員さんに怪しい人はいないから」

と伝えてあったし

私の携帯番号は知っているから

駅員さんに相談できれば

変なところに行っちゃっても

それも経験の一つ

会えなくなることはない

って思っていたから( ̄▽ ̄*)
結構ノンキね






この年はもっと楽しい企画もしました
ここから本題・・・( ̄▽ ̄;)笑

夏休みの自由研究のテーマを

「札幌探検」にしない?

って提案してみたのです


息子、飛びつきましたよ〜♪


予算は二人で1万円

この予算内で納められれば

どこで何してもいいよ*^^*って伝えて

ガイドブック選びから自分でさせました


行ってみたいところが出てきたら

いくらかかる?

どうやって行くの?

バスや電車の時刻は大丈夫?
これはネットで調べる

で、お昼はどこで何を?

などなど

修学旅行の自主研修みたいなイメージですかね


おやつもちゃんと盛り込んでましたよ〜( *´艸`)


行きたいところ、したいこと、食べたいもの

全部詰め込むと

予算内に全然おさまらないこともわかり

優先順位をつけて

取捨選択


それまでの旅行なら

彼は

行きたいところ、したいこと、食べたいものなど

希望を言えば叶ったけど

予算を意識するとそうはいかないんだ

って初めて気づき


「楽しむってお金かかるんだね〜」って

いい気付きをしていました


絶対外したい(行きたい)ことを軸に

予算と乗り物の時間を考えながら

パズルのように組み立てていく作業は

大変だけど楽しい悩み(* ̄▽ ̄)♪
これ、彼じゃなくてもはまるよね、きっと


そうそう、真っ先に彼が削ったのは

「ランチ代」
お手軽なものになりました

さらに

お母さん、たくさん食べないでね

大人料金は高いから

お母さんのほうがお金かかるんだよ!

とか言われるし( ̄▽ ̄;)笑






当日は彼の従姉弟も加わってくれて

楽しい1日旅行でした

一つ年上(小6)の彼女は

とってもしっかり者で賢い子

東京近郊に住んでいるので

乗り物にも慣れているしね


息子が困っているときは

「ほら、あっちに看板があるよ」

「このあとどうするの?」

「ここを見るとわかると思うよ」

など、大人以上の素晴らしいリードをしてくれて

これにはただただ感嘆!


ちゃんと「息子の自由研究のためのお勉強」と理解し

出しゃばったり

「こっちがいい」とかわがまま言わないし

息子が行きたかったところを

一緒に目いっぱい楽しんでくれて

ずっと笑いっぱなしの1日でした



これで味を占めた?

私が?彼が?

( *´艸`)どっちも!!


どこかに行くときは

予算も立ててその中で楽しむよ♡って

一緒に計画立てられるようになりました






中学生の時は

東京のど真ん中に

一人ほっぽり出したり


二人とも大好きな

劇団四季の公演に間に合うように

待ち合わせて

それまで自由行動〜って(*´ω`*)

もちろんあらかじめ

行きたいところに目星をつけたうえでね


最後の予定地から

ちょっと歩くけど

あとは山手線1本で待ち合わせ場所につくのに

3回くらい乗り換えて

とんでもなく大きく回り道してきたり( *´艸`)
「今○○駅って(車内アナウンスが)言ってる〜、ここどこ?」って
携帯で聞いてきて・・・( ̄▽ ̄;)笑
今となっては笑い話だけど






そんな経験もしてきたから

一人でどのくらいやっていける子か

困ったときにどのくらい対処能力を発揮できるか

わかっているからこそ

安心して

「一人でやっていけるね」って

送り出せたなって思います



まだお子さんが小さい方

少しずつ

「選ぶ」「決める」楽しみを


お子さんが思春期の方は

「自分で決めたことを実行してみる」楽しみを


ぜひ経験させてあげてね♡


お母さんも

「頼もしくなったな」「この子大丈夫だな」って

嬉しくなっちゃうと思います(*´ω`*)


失敗しないように色々教える方が簡単

でも、失敗をどう挽回するかって

失敗しないよりも大切!

っていいますよね


いきなり親が関与できないことを

「やってごらん」といって

ほっぽりだすよりも

親がチェックしたりアドバイスできる余地があることに

チャレンジさせる方が

お互い気楽です


小学校の高学年から中学生は

こういった経験をするのに

もってこいの時期(`・ω・´)


ちょうど思春期・反抗期の時期ですから

親はハラハラするけど

本人は

「自分は立派にできるもん!」って

思っている時期ですからね( *´艸`)


「あなたならできると思うよ」って

任せてもらうことが

とっても嬉しい時期ですね


「旅計画」を立ててもらうことのいいところは

「見通しを持つ練習」

「調べる練習」

に加えて

「楽しいプランをありがとう♡」

「美味しいかったね

いいお店を見つけてくれてありがとう♡」

「じょうずに予算内に収めたね♡」

って

たっぷり褒めてあげられること(*´ω`*)


ついでに

希望をわんさか言われると

あっという間に予算オーバーしちゃいますから

「予算内に収めてくれる」ってことは

節約主婦には

最高にありがたいのよ〜(* ̄▽ ̄)フフフッ♪



ちなみにうちの息子君

5年生の札幌探検の時に

「1万円も使えるの?」って喜んでいたのに

いざ計画を立てると

1万円ってあっという間になくなっちゃうんだって

衝撃を受けていました


子供にとって1万円って

想像が難しい額ですけど

この時に

「大切にしないとすぐになくなっちゃう

けど

考えて使えば

お金ってすごく楽しめる!」って

実感してくれたみたいです


この時を境に

少しずつお金の話ができるようになり

今、それが活きてきているなって

思います


タイトルの

「可愛い子には旅をさせよ」

本来の意味とは

違うんですけどねf(^^;)

私が意図的に行った「お金育」のなかで

一番良かったと思うことのご紹介でした



最後までお読みくださり

ありがとうございました(*´ω`*)


三田とりのさん

共感コメントありがとうございました♡






あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように






















タグ(関連ワード):節約 育児
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/12/07 21:00


今日は元旦那の話

え〜こんな人もいるのΣ(・ω・ノ)ノ!

うちの旦那が輝いて見えるわ〜( *´艸`)

と思いながら読んでいただければ

ありがたいです


愚痴のつもりはありません

過去のことなのでね〜( ̄▽ ̄;)






昨日・一昨日と

息子のことを書いています


息子は私にとっては

何よりも大切な存在♡

かなり親バカですけどf(^^;)


「○○君のママ、大変だね〜」と

何度も周りの人に言われてきましたけど

思春期を抜けたら

(私にとっては)頼もしく見える♪


もともと反抗期ちゃんは好きなので

反抗期真っただ中だった彼とのやり取りも

私にとっては

レクみたいで楽しかったけど(* ̄▽ ̄)フフフッ♪
↑私もちょっと変わり者なので f(^^;)
それに旦那に比べたら
もぅもぅちゃんと 話、通じましたから〜


そうは言っても

子育てに悩みはつきもの

私も悩むこと、不安になること

ありました


不安の素になった存在でもあるけど

結果的に

息子が大きく育つ要因になったこと

それは

彼の父親(私の元夫)の存在ひらめき


私にとって

イロイロ学びになりましたけど

私だけじゃなく

息子にとっても大きな学びになったのです


と言っても

「反面教師」として・・・(´;ω;`)


う〜〜ん

「反面教師」という言葉は

出来れば使いたくありませんけど・・・

そうとしか言えないのです






一緒に住んでいたのは

息子が6年生までです

その後1年間の別居を経て

離婚しました


その時あったことは書ききれないので

書きませんけど
ヒトゴトで聞いたら「えぇ〜〜〜⁈マジぃ〜⁈」って
結構面白いと思うけど( ̄▽ ̄;)笑


とことん痛い経験して

腑に落ちないと

なかなか学びにならない息子が

お金に関してだけは

さほど痛い経験をしていないのに

しっかり経済観念を身につけられたり

将来のことを真剣に考えられたのは


たぶん

私がうまく教えられたからではなく

父親をしっかり見ていたからだろうと

思うのです



さて、どんな人だったのでしょうね?






もともと

お金を

「あればあるだけ使っちゃう人」

エエカッコシイなので

人におごることが好きだったらしいです


私と結婚してからは

私がいい顔しないので

無いのにおごることはしなくなりましたが

かつては

人にお金を借りて奢ることもあったんですって
まぁ、この程度は可愛いもんですが・・・


エエカッコシイなところは

他にも様々な問題を生みましたけど

書ききれない〜(^^ゞ


「あの人は俺のことを評価してくれる」

「あの人は俺を評価していない」

という言い方をよくするのが

私には違和感でしかなかったけど

今ならちょっとわかるようになりました


彼は

努力が嫌いなくせに

「凄いね〜」って言われたい


ちやほやされたい

自分は特別なんだ

という意識が強い人

ちょっと面倒くさいナ( ̄▽ ̄;)笑


息子が小さいころ

なんで息子ばっかり褒めるんだ〜むかっ(怒り)

って怒られたり

俺に文句があること自体が許せないパンチ

とテーブルをバンバン叩かれたり

そんな人でした

幸い直接殴られたことはないけど
バカでかい(160センチの)サンドバックを使っていた人だから
結構怖いよ(´;ω;`)


そんな人が働かなくなると

かなり大変なことになります


息子が小学生の時に

1年間のニート生活をしていました

家にいるなら

家事をやってくれるならいいのですけどね

初めの3日間は

ほんの少ししましたけど

「俺は料理うまい」と

言っていたのに

3日でレパートリー切れして

その現実を受け入れられなかったらしく

私に対して逆切れ

ちっ(怒った顔) むかっ(怒り) ちっ(怒った顔) パンチ ちっ(怒った顔) バッド(下向き矢印) ちっ(怒った顔) むかっ(怒り) ちっ(怒った顔)


・・・(´;ω;`)

なんで私が怒られる〜?Σ( ̄ロ ̄lll)

結果何もしないで

ただただ好きなこと三昧

・・・で、1年


この頃は

息子にはその意味が

あまりわからなかったんだけど

覚えてはいるんですよね


15歳を過ぎたころ

「あの頃お父さん

いったい何していたの?」

とか

その他諸々

聞いてくるようになって


働かない親父像に

当然思うことも出てくるわけです



その後一度は働いたんですけど

息子が小学校を卒業するタイミングで

仕事を辞めまして

カッコ悪いなど

いくつかの理由があって

ここから離れたところに行き

そこで再就職をする

と言って

家を離れましたが

離れたとたん

怠け心がムクムクと湧いたのか


1年間働かない宣言

Σ(・ω・ノ)ノ!


それも

一人で悠々自適生活ができるあっちで!


そりゃ〜私、怒りましたよ〜

普段めったに怒らない私ですけど

泣いて怒りました


息子や私のことを

いったいどう思っているの?


何考えているのか

理解できない


元気なんだから

社会の中で自分の居場所を作るって

大事でしょう


人の役に立とうとしない人に

私はコメ粒ほども

魅力を感じないわっ


って

泣きながら怒っていた

仕事がないならボランティアだってあるし

とにかく何もやらないなんて

ありえない、とも言ったのよね


さすがにヤバいと思ったらしく

すぐにアルバイトを見つけてきましたが


なーんと!!(;゚Д゚)

約半年で

アルバイト代(自分の収入)のほかに

当時の私の年収分を
※当時の私の収入は手取りで200万円

使い込んでいたのです(;゚Д゚)


しかも!

ガンガン下ろしていたのは

息子の大学進学用の

積立貯金から(;゚Д゚)


ありえんでしょ?

息子の将来のためのお金を

湯水のごとく使い込んだのよ〜
母親として
これ以上許せないことはない!
と思ったわ
浮気よりも100倍罪が重いぞ!って
大袈裟ですかね~?


更に別れた後

息子の受験費用だと言っておいたお金を

口座を解約してゲット

そのお金も使っちゃった(;゚Д゚)

いやこれは、息子のお金だとちゃんと話したから・・・
息子のためにとっておいてと約束したから・・・
通帳とカードはこっちにあったから・・・
安心してそのままにしておいた私も
大馬鹿なんだけど



別居中の散財は

一人で寂しいから

安い仕事しかないのがストレスだったから

その気持ちを穴埋めするために

飲み食いに使ったんだって

どんだけ〜〜〜Σ(・ω・ノ)ノ!


それに

アルバイトだから収入は少なく

11万/月くらいだったらしいけど

「ここ(その当時住んでいたアパート)は

低所得者層ばっかり住んでいるから嫌だ」

といってすぐに引っ越したし

あなたは十分低所得だから・・・

とは言わなかったけどね



怠けもので

努力ができないくせに

エエカッコシイだから

こんなことになったんだろうなぁ・・・
珍しく口が悪い私・・・( ̄▽ ̄;)笑






こういったこと

私から息子に話すことは

全くしていなかったことだけど


息子の成長とともに

お金の話は避けられない話になり

息子も気にして聞いてくるようになったし


で、実は父ちゃんが

こんなに使いこんじゃったんだよね

って話になり


息子、激昂!!!


「家族を何だと思っているんだ〜むかっ(怒り)って


ハハ、当然そう思うよね〜( ̄▽ ̄*)笑



他にもいろいろあるんだけど

そんな父親を見ているから

お金の大切さと

ちゃんと働く、という意識は

バッチリ育った息子です♡
これはめっちゃありがたい(*´ω`*)


ちょっと大変な人ではありましたが

教えるのが簡単ではないことを

本人(息子)の失敗経験なく

息子にバッチリ教えてくれたわけなので

彼(夫)の存在は

けっこう貴重だったとも言えます


「大切だった」とは言えないし

こんな反面教師になる人じゃなかったら

もっと良かったけど

それでも

貴重なです存在


「若いころの母さん

男を見る目なかったねぇ((´∀`*))」

「ホントだよ〜((´∀`*))」

「でも、後悔はしていないさ」

「えぇ〜〜Σ(・ω・ノ)ノ!

なんでぇ??(;゚Д゚)」

「だってさ、

だからあなたがいるんじゃない♡」

「うひょひょ(*´ω`*)」


なんて会話を息子とできちゃったのも

反面教師さんがいたからだもんね



人生悪いことばっかりじゃないものです(*´ω`*)






こんな父親を見てきた息子だからこそ

お金(仕送り)を大切にしてくれています(*´ω`*)


食費(3食)とお小遣い合わせて

月5万円で過ごしている彼


初めて親元離れて

しようと思えばいくらでも

羽根伸ばせる環境なのに

えらいなぁ〜(*´ω`*)

息子、やっぱいいわぁ〜( *´艸`)
そうとうな親バカだけど( ̄▽ ̄*)笑






そんな息子

たまにご飯の写真を送ってくれます


高くつく外食を避け

自炊を頑張っているのがわかって

とっても嬉しい♡


ある日の深夜のライン

1544175010139.jpg

「これを」

1544175019286-e929d.jpg

「こうやって」

1544175027377.jpg

「こうだぁ」


朝起きたら

こんなのが来ていました

たったこれだけだけどね〜(*´ω`*)


深夜1時半なんですよ〜

寮なので

キッチンが遠いし

夜遅いから

お部屋でできるメニューにしたのね
マイ冷蔵庫をお部屋に持っているの( *´艸`)


家ではほとんど料理しなかった

「自炊1年生」の

あっという間の晩ご飯(夜中ごはん)


シンプルだけど

栄養バランスもそれなりに考えている彼の

節約ご飯
この日のバランスはちょっと心配だけど


頑張れ息子!(←再び(*´ω`*))



最後までお読みいただき

ありがとうございました(*´ω`*)







あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように






















内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/12/06 10:58


「経験から学ぶ」とは言いますが

親にとっては苦行とも言える

子供の試行錯誤を見守る作業( ̄▽ ̄;)


何度溜息をついてきたことか・・・(´;ω;`)


昨日、勉強嫌いな息子

と書きましたが

本当に勉強嫌い


「できない」とはちょっと違うのだ(たぶん)






KIMG0430.JPG
思いっきり斜めでスミマセン
余計なところが写らないようにしたら
こうなっちゃいました

大学から届いた

前期の成績表がく〜(落胆した顔)

マジか〜〜〜〜〜Σ(・ω・ノ)ノ!

「不可」だらけやんか〜Σ(・ω・ノ)ノ!
見た瞬間めまいで倒れるかと思った〜(;´д`)


写っていないところは専門教科

こちらはパスできたものもあって(´▽`) ホッ 

でも、半分以上「不可」の成績表って

初めて見たゾ(;゚Д゚)


「ちょっと大学ナメてました

ごめんなさい

これから頑張ります」

って、試験が終わりきらないうちに

暴露&反省してきたけど
こういうところは彼のいいところなのよね( *´艸`)

これほどとは

思っていなかったよぉ〜
Σ(゚д゚lll)

私は息子をナメてました

もうちょっと大丈夫な子だと思っていた(;´д`)


特に

「一般教養」と「語学」

かろうじて第二外国語だけ「可」で滑り込んだけど

・・・大丈夫なのか?


一般教養は4年間で取ればいいけど

語学は1年生で1年生分を取らないと

まずいんじゃない?


来年再履修できるのか?

まぁ、もしも留年決定なら

彼ならそう言ってくるだろうから

再履修できるんだろうと思いつつ

こんだけ単位落としてたら

同じ枠に2つ重なって

取りたいものも取れずってことが

おこるんだろうな〜


けど、ありがたいですね( *´艸`)


私の時代は

1年間通しての授業がほとんど

「やばい」と気づくときには

丸1年が過ぎていたよね


半年で気づかせてもらって

ここから何かを学んで

軌道修正できるといいな(*´ω`*)






息子は昔から

経験して

「これじゃだめなのね」

実感して

初めて腑に落ちるタイプ


これは知っているけど

そろそろ

想像力働かせて

「きっとヤバいだろうな〜」って

勘付くことがあっても

いいんじゃないかと

ひそかにヤキモキしている母


ヤキモキしかできない母・・・(´;ω;`)






息子がまだ3歳だったころ

危ないから絶対しないでねと

念押ししていたことを

「本当に危ないかやってみた」(;゚Д゚)
と後から息子が言っていた

結果

ノドチンコを落としかけ

救急車で運ばれたΣ(・ω・ノ)ノ!


連休中で病院がなかなか見つからない!

あっても麻酔医がいない!

手術できる医者がいない!

と転々としたのでした(´;ω;`)


幸いその時札幌(都会)にいたので

病院のレパートリーがあったから

何とかなりましたが

ホント、肝を冷やした〜(;´д`)
1件目の病院で
半分ほどつながっていると言われたけど
手術した病院では
皮1枚になっていたと・・・


「お母さんが危ないっていうことは

ホントに危ないんだね」って

退院するするときに

洞察していた息子

「だからそうなんだってばぁ〜〜〜(´;ω;`)」

それからしばらくは

比較的言うこと聞いてくれてたかな( *´艸`)


実はこの後

この手術してくれた病院で

ベッドの上で飛び跳ねちゃって

口の中を切るけがをしたの( ̄▽ ̄;)
元気になってくると、ねぇf(^^;)


で、医者に

「こういう子は目を離しちゃいけないんだよ!むかっ(怒り)

と、叱られた私


「こういう子」でスミマセンね〜ヽ(`Д´)ノ

って言いたい衝動も

1日1回の荷物整理とトイレ以外

常に息子と手をつないだり膝にのせたりで

接触していたんですけど〜
※泊まり込みで付き添っていたので
24時間厳戒態勢でね


トイレくらい

行かせてほしいんですけど〜(´;ω;`)

という言い訳も

グッとこらえていたら


「明日退院しなさい!むかっ(怒り)って

退院が3日も早まった〜Σ(・ω・ノ)ノ!

・・・(∩´∀`)∩ ←心の中あせあせ(飛び散る汗)


まぁ、病院で怪我されちゃたまらんっ

ってことなんでしょうね〜

わからんでもない

ウキウキしながら息子と2人

病院を後にしたのでした(*´ω`*)笑






勉強に関しては

小2のとき

あまりに宿題をやらないので

「宿題はやらないとだめなのよ」

と注意したら

「宿題はやりたい人がやればいいんだよ」

と宣うたΣ(・ω・ノ)ノ!

マジか!うちの息子、大丈夫か!


しばらくして

宿題踏み倒し常習犯(息子ともう一人)に

たまっている宿題が終わるまで

休み時間なし宣言を言い渡した先生


溜めまくった宿題を全部片づけた息子が

ヒトコト

「宿題はやっぱりやらないとだめなんだね」

だからそう言ったじゃん〜

とは言わずに

「これからはしようね♡」

と諭す母

優しい〜♡((´∀`*))オイオイ


こんな息子ですから

体で覚えるエピソードはわんさか〜((´∀`*))


ちゃんと何かしら学んでもいるようなので

ヨシとしてきましたが

いつまで続くのかな〜


学びは続くよ どこまでも〜♪


いういや、適当なところで

悟ってくれ〜ぃ(ノ∀`)





お金に関しても

それなりに学びを繰り返してきたけど

失敗は比較的少ない彼


ではなぜ

ちゃんと学べているのか?
昨日書いたように
お金使いはなかなかのものなの♪(*´ω`*)

それはね〜

とんでもなくわかりやすい

反面教師のおかげ(* ̄▽ ̄)♪


そのエピソードは次回ね〜( *´艸`)



最後までお読みくださり

ありがとうございました(*´ω`*)






あなたと


あなたの大切な人に


笑顔の輪が


広がりますように























タグ(関連ワード):育児
内海舞さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ