2018/09/06 15:44
真夜中の震度6強の地震、そのとき
とっさの判断ができるのか。。

自分だったらどうしようか
子供をちゃんと守れるのか
なおかつ自分も助かる方法は

東海地方でも、ずっと言われてきた東海大地震が
いつきてもおかしくない状況です

いろんなシュミレーションを頭の中でしておいて
来るときに少しでも冷静に動けるようにしなくてはと思います



子供がまだ自分で走るのもままならない頃は
どうやって移動するのか。おむつはどうする?母乳は、ミルクは?

幼稚園や小学校に行きだしたらお迎えに行かなくてはならないので
どう動くのか

周りの状況はどうなっていると予想されるのか

車で逃げたとして、周りがどういう状況になったら
車を降りることにしようかとか

シュミレーション大事です
たくさんしておけば、いざというときに慌てても
とりあえずは動けると思います

そして、お子さんの今の状況にあわせた避難バッグの中身の入れ替えも
忘れずに・・・(私は、今は退屈などでストレスを爆発させる息子たちの
姿が想像できるので、トランプや飴なども避難バッグに入れています)





広範囲にわたり山肌が崩れ土砂に巻き込まれている住宅の映像
道内全戸の停電。北海道のまだまだ全貌が見えてこない現状

朝起きて、ニュースを見て驚きました

大阪の台風被害もまだまだ大変なときだというのに・・・

少しでも早く助けを求めている人達が安心できますように
そして1日でも早い復旧を願っています

そのために私にできることは少ないですが、
まずは募金をしたいと思います


image2.jpeg


image1.jpeg


まだまだ暑い日は続きますが
エアコンをかけずに扇風機で過ごせる日も


コスモスを見つけて
秋がくるんだなあと嬉しくなりました



ではでは


tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)