2018/08/27 23:12
今日はもう寝ようかと思っていたのですが、
友達からのLINEを見たら目が覚めてしまいました


「さくらももこさん死去」


驚きました、そして悲しいです


私、清水生まれでして

高校卒業まで
ちゃきちゃきの清水っ子


りぼんとなかよしなら
断然りぼん派で

フライングゲットできる書店なんかもチェック済で
なによりかにより発売日が待ち遠しく


書店に並ぶであろう日には小学校が終わるとすぐに
自転車でむかう、そんな子供でした


その中でも自分が住む町(当時)がメインとなっている
ちびまる子ちゃんは
大好きを飛び越え、私たち清水っ子の誇りとも言えました

清水の名を全国に広めてくれたのはさくらももこさんと
清水エスパルスだと勝手に思っています


小学5年生(記憶の中では小4だったけど違ったみたい)
ちびまる子ちゃん、TV放送開始決定の文字を
雑誌に見つけたときには

ちびまる子好きの友人と
階段の踊り場で、大声出して
キャーキャー喜びあったこともはっきり覚えています



コジコジも好きでした
メルヘン、ファンタジー
だけど辛口で、でもとぼけていて面白くて


他には、
さくらももこ先生の書く絵の色使いが
とてもとてもキレイで好き


小学生の時に使っていたと思われるちびまる子筆箱は
蓋がザラザラとした特殊な加工になっていて、
28年経ったであろう、いま現在も綺麗な状態
もちろん捨てずに取ってあります


image1.jpeg


今は、アロンアルファとその剥がし液入れになって
文具の引き出しにいますが

引越ししても結婚しても子供が生まれても

捨てられなくてというより、捨てる気もなく
思い出として、押し入れの中で埋もれさせる気もなく
まあ、中に入れるものはその都度変わっていたけれど

ずっと一緒に生活してきている筆箱です

ほかにそういうものがあるのかと聞かれても、思い当たるものがない
なんていうか特別。宝物の一つ。たまに見てにやつく一品

image2.jpeg

裏は普通の缶なので、さすがの使用感ですがあせあせ(飛び散る汗)
なんと、当時はお値段400円。消費税が3%の時代だったので
細かいことを言えば412円(税込)


話がそれてきたので戻しますね


さくらももこさんには、同じ元清水っ子ということもあり
特に思い入れも深かったので

53歳という若さで、しかも乳がんで逝かれてしまったということが
残念でなりません


まだまだ、まだまだこれからの人だったはず
悔しいです、悔しくて悔しい

でも、まずは

心からのご冥福をお祈りいたします

色々な感情、喜び、いっぱいいっぱいありがとうございました
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)