2019/04/16 10:15
こんにちは、taroko(@部屋を掃除しなくては)です

春休みについてまとめようと思っていますが
すごく長くなりそうで、逆に手をつけられない
っていう自分で自分を縛りつけている状態ですが

そんなに細かく書こうとしなくてもいいのかと
逆に読んでる人飽きるしねって
ちょっと開き直ってパソコンの前に座っている←現在


さて、どんどん記憶が抜け落ちていくアラフォー
物忘れのひどさは一流になりつつあるので
その前にどんどんアウトプット

まずは、次男の発達検査について
書きたいと思います

 ☆ ☆ ☆

この春休みに、次男は発達検査と言葉の検査を受けました
病院ではなく療育で担当の言語聴覚療法士さんに
受けたものなので結果は細かくは教えてもらっていません


前回に発達検査を受けたのは1年前

「長い、短い」「大きい、小さい」

がよくわかっていなくて焦ったのを覚えています

いや、たぶん概念はわかっているけれど
言葉でどちらが?と言われると何について聞かれているのか
よくわからないっていう状況だったのかなと思います

そのときに先生に言われたのは
できることとできないことの凸凹が結構あるのが心配
でした

特定の分野はずば抜けてできるのに(次男は数字系)、
ある分野はさっぱり(言語系)

発達に大きな凸凹がみられるのは、発達障害の特徴として
みられることが多いと本で読んだことがあります


今後検査を受けられるお子様もいらっしゃるでしょうし
内容を知ると予習できてしまう(正確な結果がわからなくなる)ので
詳しい内容は控えさせていただきますが

積み木を使ったり、カードを使ったり、絵を書いたり
年齢によっては、パズルやおはじきなども使って
総合的に判断していく検査をしました


。。
。。。今回の結果


今回も多少の凹凸はあるものの、
ベース(一番できない部分の月齢)が4歳0か月まであがってきたので
これなら、本人は簡単ではないかもしれないけれど
なんとか通常級でやっていけるのではないかと言われました

※年長さんなので、
小学校のクラスをどう選択していくか
それを踏まえての話になっています

そして、一番できない部分も
私がまだそこまで教える必要がないかなと思って
さぼっていた部分(右や左、体の仕組み的なものです)だったので
そこは気にして働きかけていけば追い付くかなとも感じました


言語の検査についてもしましたが
続けて書くと長くなりそうなので、
ここでいったん締めさせていただき

注※今回の検査内容や結果などは次男が受けたものであり
地域や検査の種類により変わってくると思います




せっかくなので春休みの次男の作品展を開催したいと
思います。なぜ?(笑)なんとなくです

お暇でしたら、お付き合いください

s-S__9510932.jpg

s-S__9510930.jpg

s-S__9510931.jpg

s-S__9510929.jpg

作品名は、すべて次男が言ったとおりに
書いてあります

ツッコミどころ満載ですが
それが幼稚園児の面白味ってやつですよね

それにしても

ホウチョウ兼はぶらし

危なすぎ、血を見るやつ〜Σ( ̄□ ̄|||)
ブフォッッ


次回は、言葉の検査についてお届けします

今日は次男の家庭訪問があるのでね、
今からお掃除を頑張りますYO!!


ではでは


PS(古い):ご訪問ついでにサンキュ!ボタンを押していただけると
最高にご機嫌になれますので、気が向いたらお願いします

tarokoさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
就学前の発達検査、そこはなんとかひとつどうにかって
思いますよね、それが母心

私も、療育ではなんとかいけそうと言われても
9月の就学前検診でひっかからないか心配です

遊びがメインの幼稚園と違って
小学校は勉強がメインになってくるので
そこを次男がちゃんと納得してできるのか・・・

大変でも、ひとまず一般級に飛び込んでもらい
(崖から子ライオンを突き落とす母ライオンの気持ちで)
そこで本人が辛そうだったら、2年生から
支援級に移動してもいいかなと思っています

アドバイス、大変参考になりました(*^^*)
いつもありがとうございます♪

作品にも触れてくださり感謝です♪
やっと作品に名前がついてきた、それが何より嬉しい
親ばか心です
tarokoさん、次男さんの発達検査お疲れ様でした。

落ち着いて結果を分析していらっしゃってさすがだと思います。

私なんか、就学前に行われる発達検査で何としても良い結果を出したくて、療育センターの先生に「どんな課題が出るか教えて下さい!猛練習させますから!」と泣きついた記憶がw(もちろん教えてもらえず)

何とかやっていけそうなら一般級がおすすめですよ。というのも、支援級だと同じ学年の子がほとんどいないので友達ができにくいみたいなんですよね。勉強の進め方もだいぶ違うと聞いています。

折り紙作品、独創性にあふれていますね☆何となく雰囲気は伝わりましたよ。ホウチョウ兼…は確かに怖いですね。