2019/03/11 00:43
こんばんは、taroko(@長男としょっちゅう口喧嘩)です

タイトルからして明るい話題ではないとお察しいただけると思いますが
先月にあった出来事を聞いていただけたらなと思いまして
こうしてキーボードをたたいています


s-S__8626198.jpg


 ☆ ☆ ☆

それは、週2回往復する長男の習い事の帰り道
時間は19:00くらいで外は真っ暗

場所は、車がまあまあ通る(この時間帯で1分に5,6台くらいかな)道路脇

幼稚園くらいの小さな男の子が
道路を渡ろうとしているのか様子をうかがっているのか
歩行者用の白線を踏みながら
いつ飛び出してきてもおかしくない不安定な動きをしていまして

しかも、その道路は信号がある十字路交差点の10mほど手前
電灯は一台あるけれど、ライトも持っていない小さな男の子1人
信号に気をとられあわてて車を走らせていれば
見過ごして大惨事にもなりかねない

なんで?なんで?

訳もわからぬまま一度通り過ぎたものの
信号待ちで停まっているとき、心臓がバクバクしました
次男はわかっていませんでしたが長男もその危ない状況を理解したのか

「ママ、あの子放っておけないよ」
「次男は俺が見てるから早く行ってきて!!」

後悔先に立たず、小さな子供を持つ親として
やはりここは見過ごしてはおけないと思い

ひとまず信号が青になってから交差点でUターン
ちょうど車が置けそうな空き地があったのでそこに止めて
こっそり男の子に近づきまずは話しかけずにガッと手を掴みました

 ☆ ☆

うちの次男がいわゆる発達障害「グレーゾーン」ちゃん
月2で療育センターの教室に親子で通っていて
様々なタイプの発達障害の子と接する機会があるので、
もしそうだったらと思ったんですね

幼稚園くらいの男の子が、夜に泣かずに一人でフラフラしている状況
→家族が目を離したすきに一人でそっと家を出てきてしまったのかも

うちの次男も幼稚園入る前にやらかしたことあります
自分で玄関の鍵を開けて、静かに出ていくんです
気がついたら隣の家の奥さんと裸足で楽しそうに花殻摘んでた(苦笑)

そして私も3歳のとき、おばあちゃんちからこっそり抜け出し
警察巻き込んでの大騒ぎになったことがあるそうで、
その時は中学生の女の子に保護されていたらしい(遺伝?)

 ☆ ☆


話を戻します

今、まさに道路に出そうな乗り出しては戻るみたいな動きをしている彼に
声をかけたら一瞬にしてパニックになり反射的に飛び出してしまうかもしれない

なので最初に腕をつかみました


そして、「どうしたの?お母さんはいないの?」と声を掛けました

暗くてはっきりは見えませんでしたが、街灯の灯りの下で
靴を履いているか、顔に傷や腫れがないかをまずは確認
虐待されている感じは見受けられずちょっと安心

男の子は、驚いて

「あ・・・ママ、ママー!!」とだけ言って
道路とは反対方向の集合住宅へ動き出したので
手を放してついていきました

すぐ近くの家のドアを無言でガシャガシャし始めた男の子


え・・・ちょっと待って( ゚Д゚)

玄関の鍵は開いているのですが、家の中からチェーンがかかっていて
(実際はチェーンではないのですが、ストッパー?なんて言うのかわからない)
入れないようになっているではありませんか

30秒くらいドアをガチャガチャさせ続ける男の子
(そりゃあ、怖いですよね。知らないおばさんに話しかけられて)

しばらくして家の奥からゆっくり近づいてくる人影、現れたのはおじいさん
口にタバコを加えて一言

「こりゃー!!〇〇××・・さおtくらおじゃmsdkf」

何言ってるのか聞き取れませんでしたが、
明らかに怒っていることだけはわかりました

男の子は泣くわけでもなくそっとドアから手を放し
更に奥の家のほうへ歩き出しました


おじいさん、怒っているので正直ちょっとビビりましたが
ドアを閉めようとしているおじいさんとちょうど目があったので
声をかけました

「あの・・道路わきにいて危ないので連れてきたのですが・・・」と

おじいさんは、私に何を言うでもなく会釈するでもなく
やれやれといった感じでチェーンを解除し

男の子の後をゆっくりとした足取りで追いかけていくのを確認

私も子供たちを車に残したままで心配なのもあり、
それ以上深追いはせず戻ってきてしまいました


ひとまず、事故にあうという状況は回避できたのですが
この場合どこまで関与するのが正解なのかは未だにモヤモヤしています

例えば、おじいさんが怒って男の子を締め出したとしてですよ
普通ならば心配でドアのすぐ向こうで
こっそり様子をうかがっていて当然だと思うんです


すぐそこに車が普通に通る道路があって、しかも夜なのに心配ではないのか
これって下手すれば命を落とすかもって予測はできると思うんですよね

ママらしき人も見かけなかったし、おじいさんの家が
男の子の家なのかどうかも通りすがりの私には見当もつかないのですが

おじいさんについて行って最後まで見届けたほうがよかったのか
こういうときには、警察や児童相談所へ連絡すべきだったのか

ご近所さんで、普段から怪しいとなればまた違った行動もとれたのでしょうが
情報がなさすぎて・・・

とりあえず、その後私がしていることと言えば
その家の横を通る前に窓を開けてスピードを落とし気味にして
泣いたり怒ったりした声が聞こえてこないか聞き耳をたてるくらいです


あの場で、どう動くのが正解だったのでしょうね
ちなみに3年くらい週2で通っている道ですが、男の子を見かけたのは初めてです

どうかあの子が悲しい目にあっていませんように
あのときたまたま怒られてちょっと外に出されてただけで
普段は可愛がられていますように

同じくらいの子供を持つ親として
そう願わずにはいられません


最近、虐待のニュースが特に多い気がします
SOSを出していたのに助けられない命があったこと、
本当に痛ましかった


私もついつい長男にきつい口調で責めたててしまうことが
多々あるのですが

s-S__8626215.jpg

最近読んだ「自分を好きになりたい」

子供の尊厳を踏みにじらないように
肉体だけでなく精神的な虐待をしないように
気を付けないといけないなあと深く反省しました

自分の怒り方が子供の心を傷つけてないかなあ、
そもそも自分が自分を認めてあげられているのかなあと
悩んでいるお母さんにもおススメです


ではでは
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/08/27 23:12
今日はもう寝ようかと思っていたのですが、
友達からのLINEを見たら目が覚めてしまいました


「さくらももこさん死去」


驚きました、そして悲しいです


私、清水生まれでして

高校卒業まで
ちゃきちゃきの清水っ子


りぼんとなかよしなら
断然りぼん派で

フライングゲットできる書店なんかもチェック済で
なによりかにより発売日が待ち遠しく


書店に並ぶであろう日には小学校が終わるとすぐに
自転車でむかう、そんな子供でした


その中でも自分が住む町(当時)がメインとなっている
ちびまる子ちゃんは
大好きを飛び越え、私たち清水っ子の誇りとも言えました

清水の名を全国に広めてくれたのはさくらももこさんと
清水エスパルスだと勝手に思っています


小学5年生(記憶の中では小4だったけど違ったみたい)
ちびまる子ちゃん、TV放送開始決定の文字を
雑誌に見つけたときには

ちびまる子好きの友人と
階段の踊り場で、大声出して
キャーキャー喜びあったこともはっきり覚えています



コジコジも好きでした
メルヘン、ファンタジー
だけど辛口で、でもとぼけていて面白くて


他には、
さくらももこ先生の書く絵の色使いが
とてもとてもキレイで好き


小学生の時に使っていたと思われるちびまる子筆箱は
蓋がザラザラとした特殊な加工になっていて、
28年経ったであろう、いま現在も綺麗な状態
もちろん捨てずに取ってあります


image1.jpeg


今は、アロンアルファとその剥がし液入れになって
文具の引き出しにいますが

引越ししても結婚しても子供が生まれても

捨てられなくてというより、捨てる気もなく
思い出として、押し入れの中で埋もれさせる気もなく
まあ、中に入れるものはその都度変わっていたけれど

ずっと一緒に生活してきている筆箱です

ほかにそういうものがあるのかと聞かれても、思い当たるものがない
なんていうか特別。宝物の一つ。たまに見てにやつく一品

image2.jpeg

裏は普通の缶なので、さすがの使用感ですがあせあせ(飛び散る汗)
なんと、当時はお値段400円。消費税が3%の時代だったので
細かいことを言えば412円(税込)


話がそれてきたので戻しますね


さくらももこさんには、同じ元清水っ子ということもあり
特に思い入れも深かったので

53歳という若さで、しかも乳がんで逝かれてしまったということが
残念でなりません


まだまだ、まだまだこれからの人だったはず
悔しいです、悔しくて悔しい

でも、まずは

心からのご冥福をお祈りいたします

色々な感情、喜び、いっぱいいっぱいありがとうございました
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ