2019/02/27 14:28
こんにちは、taroko(@小心者が爆発)です

あっという間に2月が過ぎていきました
毎月そんなこと言ってる気もしますが(笑)

そろそろ、サンキュ!4月号が発売されるので
その前に一言だけ

s-S__8167500.jpg

3月号の
入園・入学準備「これだけ」リストに
コメントを掲載していただきました


私も、長男が入園するときだけでなく
次男のときも(6歳離れてると、ちょっとしたことが変わってたりする)
入園に対する記事をたくさん読んで
自分を落ち着かせようとしてたなあと思い出します


私の言葉で、幼稚園へ入園することへのストレスが
少しでも緩和してくれた人がいたら嬉しいです


顔もちょっこし載っちゃっているのですが
自分で画像提出したのに、掲載されている自分を見て
おかめ顔だなあと凹みました
自撮りするのに慣れていないので、色々難しかったー

最初、あまり目立たないように
横顔を撮ろうと思っていたのですが
顎が小さい顎なしなので横顔には全く自信がないことに
数枚撮って気づき

では、顎を手で隠して撮ろうと思ったのですが
美人さんは、何をしていても様になるけれど
40歳の私がそれをして自意識過剰と思われないかと
小心者をひょっこりはん連発させ結局真正面から撮りました

目線を合わせることも微笑むことすら恥ずかしく、
真正面視線斜め、めっちゃおかめ顔が出来上がりましたが
これはこれでいい記念だなと思うことにしました(笑)

洋服を赤にしたのは、
服が派手なら顔に意識むかなくなるかなって・・

もし目にすることがあれば、そんなじたばたした痕跡が
あの小さな1枚に詰まっているんだなと感じてもらえたら(笑)


それにしてもおかしいなー、
高校生や大学生の時は友達と写ルンですやチェキ持って、
毎日自撮りやグループ撮りしてたはずなのに

(私が高校生のときは、写ルンですとポケベルとルーズソックス、
そしてプリクラ手帳みたいなのを皆持っていたよ。懐しきよき時代)

子供達ばかり撮っているうちに、自分を写真に収めるのは
苦手になってしまいました

いや、体重の増加が自信のなさに繋がっているのかもしれませんね
自信とスリムを取り戻せ!!私!!!


s-S__8413276.jpg
はんぺんフライ食ってる場合じゃない!!
(静岡きたら、ぜひ黒はんぺんフライを食べてほしい)


ではでは

tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/25 18:35
こんにちは、taroko(@いびきがひどい)です
SAS記事もついに最終回です

【SAS1】https://39.benesse.ne.jp/blog/3131/archive/66

今回は、CPAPを使用した結果と
最後に伝えたいことで
締めさせていただきます
最後までよろしくお願い致します

 ☆ ☆

CPAP使用後、1回目の受診が先月ありました
(保険適用の条件に一か月に一度の受診義務があります)

CPAPに記録されていたデータを見て
先生はおっしゃいました

s-S__8413273.jpg


すごく効果が出ています、と

AHI(1時間あたりの無呼吸・低呼吸回)は

44.8回→1.4回!!!

酸素濃度も、正常範囲に

s-S__8413274.jpg


いびきを認識すると
鼻から送り込む空気圧を自動で増やし気道を押し広げ
いびきが止まるという
現代医療すごいなっていうCPAPのおかげ


眠くて仕方がなかった症状も
確実に減っていると感じています

私のやる気スイッチも前より入りやすくなりました
それが何より嬉しいです


 ☆ ☆ ☆

CPAPはSASを根本から治すためではなく、

症状をおさえ身体への負担を減らすことにより
他の合併症を起こす危険性を下げるための治療です

私も息子達をこの世に生み出したからには
なるべく長く見守り続けたいし、その先の世代も見ていきたい
できることはやりたいと思います


 ☆ 余談 ☆

看護師さんが言っていました

「若い痩型の女性もたまにいらっしゃいますよ」

私は、歯医者で顎が小さいと昔から言われてきて
アレルギー性鼻炎もちで鼻もつまりやすく舌も大きめ
もともと持ち合わせていたものはあると思います

実際、若くて細いころから
今ほど酷くはなくても
いびきをかいていると言われていました

「根性で20kg以上ダイエットしてCPAP卒業する方も
いらっしゃいます」とも聞きました

もともとの要素を考えると
卒業することは難しいかもしれませんが
ダイエットにもきちんと向き合わなければと思います

 ☆ ☆ ☆


今回、SASのことを書こうと思ったのは
まだ世の中にきちんと知られていない病気だと感じるとともに

いびきを単に酷くて困っちゃうよねで放っておくのではなく

自身だけでなく、
身近に怪しい人がいたら受診を進めてみてほしいなと思ったからです

家族には特に、元気で長生きしてほしいですよね

もちろん、SAS以外の病気も世の中にはたくさんあるわけで
これがすべてではないのですが

いびきが酷くてというのは、割とよく聞く話題なので
潜在SASのかたは、まだまだいらっしゃると思うんです

この記事を読んで、
病院に行ってくれる人が1人でもいれば嬉しいです


約2か月にわたって長々と記事にしてきましたが
読んでくださった方、本当にありがとうございました


今回の記事は、私が体験したことを元に書かれています
病院によって治療方針や検査方法、
違う部分もあるかもしれません
ご了承いただければ幸いです

また、新たな発見や進展があったときには、
そのつどお伝えしたいと思いますが


ひとまず次回からは通常モードに戻ります

書き終えた開放感が半端ないです



ではでは
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/02/22 10:15
こんにちは、taroko(@いびきがひどい)です
CPAPを使い始めて二カ月ほど経ちました

【SAS1】https://39.benesse.ne.jp/blog/3131/archive/66


今日は、
毎月かかる費用のことと
CPAP治療を始めて感じたことやなどを書きたいと思います
(前回画像の使いまわしが多くてすみません。先に誤っておきます)



まずは費用のこと

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)という検査(入院検査のことです)で
AHI(1時間あたりの無呼吸・低呼吸回)が
20以上あると診断が出た場合(tarokoはAHIが44.8でしたふらふら
CPAPレンタルに保険が適用されます

【SAS9】https://39.benesse.ne.jp/blog/3131/archive/76
↑こちらに検査結果について詳しく書いてありますのでよろしければ


保険(3割負担)が適用されて、1カ月5千円弱
ちょっとした習い事くらいのお値段がかかります

CPAPは治すための治療ではなく
症状を抑えて体への負担を減らすための治療ですので
この先ずっと続くことを考えるとちょっと辛いです

ただし、この金額には
1カ月に一度の病院での診察料や
毎月取り替えるフィルター代なども含まれているので
そう考えるとそこまで高くはないのかな

これから先、更年期など体調が崩れることも考慮すると
一か月に一度病院に通わなければいけないというしばりも

SASの検診ついでに他の不調も一緒に見てもらうこともできるので
酷い症状になるまで放置しがちで、
ついつい病院から遠ざかってしまう私のような性格には
案外悪くはないと思うんです


ポジティブに考えましょう、うん、ポジティブ大事


s-S__8167509.jpg

こちらのCPAPでは(CPAPにもいくつかのメーカーと種類があります)、
希望すればユニット式の加湿器もレンタルしてセットすることができ、
それをつけても毎月の支払金額は変わりません

ただ、taroko家は喉が弱い人達の集まりなので、
日常的に加湿器を使用しているため使用していません

掃除の手間が増えるのも面倒で。。。(;^_^A



次は、使ってみて気づいたことです


まず気になったのが寝癖(笑)
ここ一年くらいは長めのショートヘアを
好んでいたのですが、

s-S__8167503.jpg

CPAPマスクを固定するヘアバンドの
後頭部部分に髪の毛が抑えられるので
毎朝、外ハネ気味に癖がついてしまうように( ;∀;)

私は、ちょっと寝癖を濡らしたくらいじゃ
ビクともしない髪質でして、、、

毎朝ヘアアイロンは面倒(ショートにヘアアイロンって難しくありませんか?)
なので現在はしばれるように伸ばしています

あと、眼鏡!!眼鏡の上に装着することはできるのですが
鼻筋のプラスチック部分が干渉して
CPAPの上に眼鏡をすることができないのが辛いです

s-S__8167505.jpg

CPAPを装着して、眠くなるまで本を読むってことができない
髪の毛と眼鏡、考慮したモデルが今後出てくれるといいなあ


次は、違和感について

生まれてから今まで、何もつけずに寝ていたのに
いきなり鼻にマスクつけてさらにそこからホースが伸びていて
気にならないわけはありません(笑)

慣れれば数日で気にならなくなるよーと言われていたとおり
私はすぐに慣れてしまい
気になって眠れないなんてことはありませんが

たまに鼻から耳に空気が流れてしまい耳抜きしないといけないときがあります
鼻と耳も繋がってますからね、当然なんですけれども


CPAP利用の手引きには、

使うことで耳が痛くなる人や、空気を自然に飲み込んでしまい
朝になると、毎回腹部の膨張感を感じてしまうタイプの人には
おススメできないようなことが書いてありました


あとは、この時期ね!

花粉の時期に鼻がつまってしまう人は
空気が通らなくなってしまうので、鼻炎の薬を併用したり
あまりにひどい方は、花粉の時期だけCPAPの利用を休止したりするそうです
(看護師さんから聞きました)

私もひどくはありませんが、アレルギー性鼻炎もちです
鼻がちょっと詰まっているのに強引に使ったときは
翌日、鼻をかむたびに血が混ざっていたりして
ちょっと負担がかかってしまったのかなと感じました

使うことで眠たくて仕方なかった症状もだいぶよくなりましたし
毎日使うほうがいいのでが、自分の鼻と体調と相談して
上手にお付き合いしていきたいなと思います


他にも書きたいことがあった気もしますが
グダグダになってしまいそうなので
ここで締めたいと思います(思い出したら追記するかもしれません)

次回は、CPAPを使ってみてどのような効果が出たのか
最終回です!!

更新遅れがちですみません
2月もあっと言う間に過ぎていく・・・あせる


ではでは


タグ(関連ワード):健康 SAS CPAP
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ