2019/04/20 06:00
こんにちは、taroko(@トウモコロシって小さい子言いがちだよね)です
@の後の言葉、地味に何て書こうか毎回悩む。でも続ける(笑)


私事でなんですが、おととい4月18日に41歳の誕生日を無事迎え
そして4月17日は私たち夫婦の15回目の結婚記念日でした
(夫とは同級生、私のほうが誕生日が圧倒的に早く
同い年で籍を入れたかった結果、誕生日の1日前入籍。笑)

danngoさんご夫婦の結婚記念日が18日と拝見して、
私の誕生日で結婚記念日も近い〜とウキウキしたけれど、

コメントにそれを書いたら
自分アピールしているみたいで不快に思う人いるかなって
小心者発動させたので自分のところで書きます

danngoさん、おめでとうございます!!
結婚記念日が近くて勝手に親近感、そして嬉しいです


さて、ひとつ前の次男の発達検査につづき
今回は言葉の検査についてお届けします

 ☆ ☆ ☆

幼稚園には、「言葉の教室」という
(もしかしたら、地域によって言い方が違うかもしれません)
年中さんくらいから言葉の発育が心配な子が週に1度
マンツーマンで発達を促すために通う場所があります(無料)

私が住む地域では、個々の幼稚園ではなく他の場所にあり
決められた時間に子供を幼稚園から一度連れ出して通わせるというスタイルです


ちなみに次男のように、療育にお世話になっている子は
療育で見てもらえばいいという考えらしく
「言葉の教室」では対応してもらえません

なぜなら、言葉の教室を希望する人が
とても多く、供給を需要が上回っている状況だから


私は、次男が年中さんになったら絶対に希望しようと
思っていたので、希望しても枠がないと療育で言われたとき
心底がっかりしました _| ̄|○


ただ、次男のメイン担当の先生も言語聴覚士さんだったので
療育の教室に来てくださった際に、ちょこちょこ相談はしていました

ら行がうまく発音できないけど、この月齢では
心配するべきかどうか・・などです

そのときから、年長にあがるときに検査をしましょう
今の感じではそんなに心配することはないと思います

と言われていました


そしてその言葉の検査を、
この春休みにしていただいたのです


私、特定の文字の発音を発声できるかどうか
そういう検査をメインにするのかと思っていたのですが

どちらかといえば、言葉がどれだけ育っていて
どれだけコミュニケーションが取れるかといったことを

子供に様々な質問をぶつける形で検査するものでした


簡単なものでは、「今、何歳ですか?」

普段はちゃんと5歳っていえるのに、
次男め( ̄▽ ̄)ニヤリとしながら
わざと違う答え言ってました( ;∀;)6歳だってさ
そこ、ふざけるところ違う!!!お調子者め


複雑な質問は前回同様予習できてしまうと困るので
伏せておきますが、それ絶対わからないでしょう
みたいな質問を次男が答えていたときにはビックリしました
家でもう一回同じ質問したら、間違ってたけど(笑)


結果は、

「主語と述語がまだあいまい」

とのお言葉をいただきました

幼稚園では、それでも会話が成り立つかもしれないけれど
小学校になったら授業が始まり子供同士の会話も複雑になってくるので、
主語述語が曖昧だと苦労するかもしれないと言われました

半年くらい、家でさりげなく意識させるようにして
(うちの次男、指摘されてるってわかるとすぐふてくされるので
間違っているときには、さりげなく正しい言い方でオウム返し作戦
でいくつもりです)


また夏休みにもう一度チェック

そこでも曖昧だったら半年かけて指導してもらい小学校に備える
(具体的にどういう指導になるのかはまだ聞いていません)
という話にまとまり、今回の検査は終了


心配な部分はあるものの、この質問検査中
1年前に比べると色々自分なりに考えて答えられるようになったなあと
母はジーンと成長をかみしめていました。そう、5歳なのにわざと6歳だと
答えるあたりとかね(笑)←恨み節


そしてね、先生に主語述語言われたときに
脳内にもう一人の人物が浮かびあがりましたよ

主語述語がなかなか意識できずに困っている
うちの小6の長男!!!イエーイ(やけっぱち)

思ったことを思ったままに話し出してしまいがちな長男は

未だに主語をすっとばして
何言ってんの??みたいなことも多々あるので、
そういうときには「主語と述語!!!」素早くつっこみ

それをここ数年やっていますね
ううむ、小さいうちからもう少し意識して
鍛えておかなくてはならなかったか。。


2人まとめて主語述語、意識させるように気を付けて
毎日を大切に過ごしていきたいと思います


 ☆ ☆ ☆


s-S__9510928.jpg

春休み中は、紙を切って貼ったり
線にあわせておったりするワークをやらせるようにしました
対応年齢2歳〜でしたが、苦手な分野だったので

100均でも色々なワークがそろっていて
便利な世の中になったものだなあと思います

 ☆ ☆ ☆

そして最後に、@で触れたトウモコロシ話
長男が年少さんの頃トウモロコシって言えなかったのですが

担任の先生が、
「長男くん、今日ねトウモコロシって言ってたんですよ〜(*´艸`*)」と
すっごい嬉しそうに報告してくれたとき、

あ、先生「となりのトトロ」大好きなんだろうなって
思ったことを今でもたまに思い出します


そして次男もたまにちゃんといえるけど、未だに基本はトウモコロシです(笑)


ではでは

tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/16 10:15
こんにちは、taroko(@部屋を掃除しなくては)です

春休みについてまとめようと思っていますが
すごく長くなりそうで、逆に手をつけられない
っていう自分で自分を縛りつけている状態ですが

そんなに細かく書こうとしなくてもいいのかと
逆に読んでる人飽きるしねって
ちょっと開き直ってパソコンの前に座っている←現在


さて、どんどん記憶が抜け落ちていくアラフォー
物忘れのひどさは一流になりつつあるので
その前にどんどんアウトプット

まずは、次男の発達検査について
書きたいと思います

 ☆ ☆ ☆

この春休みに、次男は発達検査と言葉の検査を受けました
病院ではなく療育で担当の言語聴覚療法士さんに
受けたものなので結果は細かくは教えてもらっていません


前回に発達検査を受けたのは1年前

「長い、短い」「大きい、小さい」

がよくわかっていなくて焦ったのを覚えています

いや、たぶん概念はわかっているけれど
言葉でどちらが?と言われると何について聞かれているのか
よくわからないっていう状況だったのかなと思います

そのときに先生に言われたのは
できることとできないことの凸凹が結構あるのが心配
でした

特定の分野はずば抜けてできるのに(次男は数字系)、
ある分野はさっぱり(言語系)

発達に大きな凸凹がみられるのは、発達障害の特徴として
みられることが多いと本で読んだことがあります


今後検査を受けられるお子様もいらっしゃるでしょうし
内容を知ると予習できてしまう(正確な結果がわからなくなる)ので
詳しい内容は控えさせていただきますが

積み木を使ったり、カードを使ったり、絵を書いたり
年齢によっては、パズルやおはじきなども使って
総合的に判断していく検査をしました


。。
。。。今回の結果


今回も多少の凹凸はあるものの、
ベース(一番できない部分の月齢)が4歳0か月まであがってきたので
これなら、本人は簡単ではないかもしれないけれど
なんとか通常級でやっていけるのではないかと言われました

※年長さんなので、
小学校のクラスをどう選択していくか
それを踏まえての話になっています

そして、一番できない部分も
私がまだそこまで教える必要がないかなと思って
さぼっていた部分(右や左、体の仕組み的なものです)だったので
そこは気にして働きかけていけば追い付くかなとも感じました


言語の検査についてもしましたが
続けて書くと長くなりそうなので、
ここでいったん締めさせていただき

注※今回の検査内容や結果などは次男が受けたものであり
地域や検査の種類により変わってくると思います




せっかくなので春休みの次男の作品展を開催したいと
思います。なぜ?(笑)なんとなくです

お暇でしたら、お付き合いください

s-S__9510932.jpg

s-S__9510930.jpg

s-S__9510931.jpg

s-S__9510929.jpg

作品名は、すべて次男が言ったとおりに
書いてあります

ツッコミどころ満載ですが
それが幼稚園児の面白味ってやつですよね

それにしても

ホウチョウ兼はぶらし

危なすぎ、血を見るやつ〜Σ( ̄□ ̄|||)
ブフォッッ


次回は、言葉の検査についてお届けします

今日は次男の家庭訪問があるのでね、
今からお掃除を頑張りますYO!!


ではでは


PS(古い):ご訪問ついでにサンキュ!ボタンを押していただけると
最高にご機嫌になれますので、気が向いたらお願いします

tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/04/12 16:35
こんにちは、taroko(@次男がお昼前に帰ってくるので
まだ春休みが終わった気がしない)です

おかあさんといっしょを3月に卒業された
よしお兄さんのブログに、まゆお姉さんとの2ショットが!!
(≧∇≦)っはぁあああ、一人悶え喜びました、tarokoです(笑)


さて、
3月の目標の1つでもあった


s-S__9461798.jpg
「春休みを楽しみつくす」


燃え尽きた、母さん燃え尽きたよ・・・

お金も出て行ったけど(;'∀')
たくさん思い出作れました


〇映画
〇キッザニア東京
〇チームラボ豊洲
〇次男の療育での発達検査

これらは、
個別に記事にしようかなと思っています


その前に、その他の春休みの思い出について
ササ〜と忘備録的に

長男は、基本は友達と遊びに出ていましたので
今回は次男のみとおでかけした場所を紹介


〇公園

s-S__9510934.jpg

s-S__9510935.jpg

s-S__9510933.jpg

幼稚園のお友達と川が流れている公園で
パンくずをあげたりカルガモと戯れたり
春を探したりして遊びました

 ☆ 別の日 ☆

療育のお友達と3人で
初めて集まって大きな公園で遊びました

お教室では、決められたプログラムを
順番にこなしていくスタイル、自由時間はなく
お友達と仲良く交流っていう雰囲気ではなかったので
今回一緒に遊べるかな?って母たちは心配していましたが、

皆で仲良く絡みあったり遊具で遊んだり、
それぞれ思い思いに別の場所で遊んでいたり(笑)

思ったよりも皆、仲間だと思って心の繋がりが
出来ていたんだなあと、もっと早くから遊んでおけば
よかったねと親同士話しました(次男以外の2人は
4月から小学生なので療育は卒業です)

今度は夏休み、皆成長した姿を見せあおうと
固く誓って別れました

なかなか幼稚園では言いずらいことも
療育で吐き出して、わかるわかるーってお母さん同士も
支えあってきたようなそんな特別な仲間です

ご入学、心からおめでとうございます!!



〇幼稚園の先生の結婚式に行きました

s-S__9510925.jpg
式の前にジョナサンで食べたジャンバラヤプレート
美味しかった

s-S__9510924.jpg
結婚式の後、先生綺麗だったねーと
話しながら食べた
コメダ珈琲の期間限定シノロワール(次男とお友達)

s-S__9510926.jpg
大人は、珈琲ジェリー
結婚式に直接関係ない画像が続きました
先生はとてもキレイでした。私まで泣きそうでした


年少時代の次男の心が乱れたときの避難場所は
教室のすみっこの水飲みコーナーでしたが

年中時代の次男の心の避難場所は
今回結婚された、この先生の側でした
ヘタをすると、1時間以上足元にくっついていたり
したらしく(先生は私には言わなかったけれど、療育の担当の方が
ヒアリングしたときにそう言っていたそうです)
先生も大変だったと思います。感謝、感謝ですね

結婚して退職されてしまうのは
とても寂しいですが、お幸せに揺れるハート


長くなりそうなので、今日はこの辺で
次回は、春休みに次男が作ったものなどを紹介します


ではでは
tarokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ